ジュール=エリー・ドローネー

ジュール=エリー・ドローネー(Jules-Élie Delaunay、1828年6月13日 - 1891年9月5日)は、フランスの画家である。

ジュール=エリー・ドローネー
Jules-Élie Delaunay
Jules-elie delaunay autoprtrait.jpg
1860年頃の自画像
生誕 1828年6月13日
フランスの旗 フランス, ナント
死没 1891年9月5日
フランスの旗 フランス, パリ
国籍 フランスの旗 フランス
教育 イポリット・フランドラン
著名な実績 画家

略歴編集

ナントで生まれた。1848年にエコール・デ・ボザールに入学しイポリット・フランドランやルイ・ラモット(Louis Lamothe)に学んだ。1856年にローマ賞に応募し、アンリ=ピエール・ピクー(Henri-Pierre Picou)についで2位となった。ローマ賞の奨学制度により、4年間、在ローマ・フランス・アカデミーで学んだ。パリに戻った後、装飾画家として評価され、教会の壁画などの注文を受けた。ガルニエ宮(オペラ座)やパリ市庁舎や、パリのパンテオンなどの装飾画を描いた。パンテオンの壁画はドロネーが亡くなったことによって未完となった[1]

1878年のサロン・ド・パリで一等を得た。この年、レジオンドヌール勲章(オフィシエ)を受勲した。1879年に芸術アカデミーの会員に選ばれた。1889年にサロンで名誉メダルを受賞した。

1891年にパリで没した。

作品編集

脚注編集

  1. ^ Béatrice Fontanel, , Daniel Wolfromm, Quand les artistes peignaient l’histoire de France, De Vercingétorix à 1918, Seuil, Paris, 2002.

参考文献編集