メインメニューを開く
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はコエーリョ・マリーニョ第二姓(父方の)はデ・ソウザです。

ジョアン・ペドロ・コエーリョ・マリーニョ・デ・ソウザJoão Pedro Coelho Marinho de Sousa, 1989年3月30日 - )は、ポルトガルギマランイス出身の男子プロテニス選手。これまでにATPツアーでシングルス3勝を挙げている。自己最高ランキングはシングルス28位、ダブルス76位。身長185cm。右利き、バックハンド・ストロークは両手打ち。

ジョアン・ソウザ
João Sousa
Tennis pictogram.svg
Sousa RG15 (1) (19280479916).jpg
2015年のジョアン・ソウザ
基本情報
国籍 ポルトガルの旗 ポルトガル
出身地 ギマランイス
居住地 スペインの旗 スペイン
カタルーニャ州バルセロナ
生年月日 (1989-03-30) 1989年3月30日(30歳)
身長 185cm
体重 73kg
利き手
バックハンド 両手打ち
ツアー経歴
デビュー年 2005年
ツアー通算 3勝
シングルス 3勝
ダブルス 0勝
生涯獲得賞金 6,576,063 アメリカ合衆国ドル
4大大会最高成績・シングルス
全豪 3回戦(2015・16・19)
全仏 2回戦(2013・15-17)
全英 4回戦(2019)
全米 4回戦(2018)
4大大会最高成績・ダブルス
全豪 2回戦(2015)
全仏 3回戦(2014)
全英 1回戦(2014-17)
全米 ベスト8(2015)
キャリア自己最高ランキング
シングルス 28位(2016年5月16日)
ダブルス 76位(2015年3月23日)
2018年9月3日現在

彼の名前はブラジルのテニス選手ジョアン・ソウザ英語版と混同しやすい。ポルトガルのソウザはJoão SousaだがブラジルのソウザはJoão Souzaである。

来歴編集

7歳からテニスを始め、2005年にプロに転向。4大大会では2012年全仏オープンで初出場した。シングルスでは3回戦進出が最高である。

2013年のマレーシア・オープン・クアラルンプールでは準々決勝で世界ランク4位のダビド・フェレールを6–2, 7–6(6)破りトップ10プレイヤーから初めての勝利を挙げた。決勝でジュリアン・ベネトーを2–6, 7–5, 6–4で破りツアー初優勝を果たした[1]。これはポルトガル選手として初めてのATPツアーシングルス優勝である。

2015年は4度の決勝進出を果たした。ジュネーヴ・オープンではトマス・ベルッチに、クロアチア・オープンではドミニク・ティームに、サンクトペテルブルク・オープンではミロシュ・ラオニッチに敗れた。バレンシア・オープンではロベルト・バウティスタ・アグートを3-6, 6-3, 6-4で破り、ツアー2勝目を挙げた。また11月9日付のランキングで自己最高の33位に浮上した。

ダブルスでは2015年全米オープンレオナルド・マイエルと組みベスト8に進出している。

2016年のマドリード・オープンではマスターズ1000で初めてベスト8進出を果たした。準々決勝でラファエル・ナダルに0-6, 6-4, 3-6で敗れた。5月16日付の世界ランキングで自己最高の28位となる。

2018年は地元ポルトガルのエストリル・オープンで、決勝でアメリカのフランシス・ティアフォーを6-4, 6-4のストレートで下し、2015年以来となるツアー3勝目を挙げた。

2019年のウィンブルドン選手権では、2回戦で第13シードのマリン・チリッチを6-4,6-4,6-4で破ると、続く3回戦では地元イギリスのダニエル・エバンスを4-6,6-4,7-5,4-6,6-4で破り、ベスト16進出を果たした。ポルトガルの選手が達成するのはこれが初めて。

ATPツアー決勝進出結果編集

シングルス: 10回 (3勝7敗)編集

大会グレード
グランドスラム (0-0)
ATPワールドツアー・ファイナル (0-0)
ATPワールドツアー・マスターズ1000 (0-0)
ATPワールドツアー・500シリーズ (0-0)
ATPワールドツアー・250シリーズ (3-7)
サーフェス別タイトル
ハード (2–3)
クレー (1-4)
芝 (0-0)
カーペット (0-0)
結果 No. 決勝日 大会 サーフェス 対戦相手 スコア
優勝 1. 2013年9月29日   クアラルンプール ハード (室内)   ジュリアン・ベネトー 2–6, 7–5, 6–4
準優勝 1. 2014年7月14日   ボースタード クレー   パブロ・クエバス 2–6, 1–6
準優勝 2. 2014年9月21日   メス ハード (室内)   ダビド・ゴファン 4–6, 3–6
準優勝 3. 2015年5月23日   ジュネーヴ クレー   トマス・ベルッチ 6–7(4–7), 4–6
準優勝 4. 2015年7月26日   ウマグ クレー   ドミニク・ティーム 4–6, 1–6
準優勝 5. 2015年9月27日   サンクトペテルブルク ハード (室内)   ミロシュ・ラオニッチ 3–6, 6-3, 3-6
優勝 2. 2015年11月1日   バレンシア ハード (室内)   ロベルト・バウティスタ・アグート 3–6, 6–3, 6–4
準優勝 6. 2017年1月14日   オークランド ハード   ジャック・ソック 3–6, 7–5, 3–6
準優勝 7. 2017年8月5日   キッツビュール クレー   フィリップ・コールシュライバー 3–6, 4–6
優勝 3. 2018年5月6日   エストリル クレー   フランシス・ティアフォー 6–4, 6–4

ダブルス: 1回 (0勝1敗)編集

結果 No. 決勝日 大会 サーフェス パートナー 対戦相手 スコア
準優勝 1. 2018年5月20日   ローマ クレー   パブロ・カレーニョ・ブスタ   フアン・セバスティアン・カバル
  ロベルト・ファラ
6–3, 4–6, [4–10]

4大大会シングルス成績編集

略語の説明
W  F  SF QF #R RR Q# LQ A WG Z# PO SF-B S G NMS NH

W=優勝, F=準優勝, SF=ベスト4, QF=ベスト8, #R=#回戦敗退, RR=ラウンドロビン敗退, Q#=予選#回戦敗退, LQ=予選敗退, A=大会不参加
WG=デビスカップワールドグループ, Z#=デビスカップ地域ゾーン, PO=デビスカッププレーオフ, SF-B=オリンピック銅メダル, S=オリンピック銀メダル, G=オリンピック金メダル, NMS=マスターズシリーズから降格, NH=開催なし.

大会 2011 2012 2013 2014 2015 2016 2017 2018 2019 通算成績
全豪オープン LQ LQ 2R 1R 3R 3R 1R 2R 3R 8–7
全仏オープン A 1R 2R 1R 2R 2R 2R 1R 1R 4–8
ウィンブルドン LQ LQ LQ 1R 1R 3R 1R 1R 4R 5–6
全米オープン LQ LQ 3R 2R 1R 3R 1R 4R 1R 8–7

脚注編集

外部リンク編集