ジョイプラザ (ショッピングセンター)

ジョイプラザ兵庫県神戸市長田区に存在するショッピングセンター

ジョイプラザ
Joyplaza
Daimaru Shin-Nagata.JPG
ジョイプラザ(閉店前)
店舗概要
所在地 653-0038
兵庫県神戸市長田区若松町5-5-1
開業日 1977年4月21日[1]
閉業日 2013年1月31日
正式名称 ジョイプラザ
施設所有者 一般財団法人神戸すまいまちづくり公社
延床面積 59,918 m²
中核店舗 大丸新長田店
営業時間 10:00 - 19:30
(大丸は20:00まで)[1]
後身 東急プラザ新長田
最寄駅 JR神戸線新長田駅
外部リンク http://www.joyplaza.jp/
テンプレートを表示

概要編集

所在地:神戸市長田区若松町5-5-1 (JR西日本 JR神戸線 新長田駅前)

住宅都市整備公団(現・UR都市機構)が「一般市街地住宅方式」により新長田駅前ビルを建設。 うち商業施設部分を財団法人神戸市都市整備公社(現・神戸すまいまちづくり公社)が「ジョイプラザ」として、物販店、飲食店などのテナントを誘致し、運営[2]。 1977年4月21日に開店した[1]

地下1階~地上2階部分には、核テナントとして「大丸新長田店」が入居。9,091m²と小型ながら「生活密着型店舗」として食品や衣料品、雑貨の売り場を設けた。 また2階部分には、専門店街を構成し「ジョイプラザ名店会」と称し、神戸市商店街連合会に所属した[3]

1995年1月17日の阪神・淡路大震災に際して、長田区は最も被害の大きかった地域にも関わらず、大丸が震災発生2日後には いち早く食料品などの必需品をワゴン販売する対応を行い、地元住民に貢献し、非常に愛されてきた。

施設の老朽化に対応し、1992年4月と2010年3月にリニューアルを実施。2010年のリニューアルでは、新長田駅前若松歩道橋と2階専門店街の直結も行った[1]

しかしながら、核テナントの大丸は、震災後の人口減と競合店出店が相次ぎ売上が減少。赤字が続いていたため[4]、2013年1月31日に大丸が撤退したのに併せジョイプラザも閉店した。

後継事業者には東急不動産が選定され[5]、大規模リニューアルを経て2013年9月20日に「東急プラザ 新長田」として再オープンした[6][7]。核テナントは大丸に代わり、EDLPスタイルのスーパー西友が入居し[8]、こちらは2013年7月27日に先行開業している。

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c d 新長田ジョイプラザ2階専門店リフレッシュオープン!”. 記者発表資料. 神戸市 (2010年3月9日). 2014年1月16日閲覧。
  2. ^ 神戸すまいまちづくり公社 事業のご案内
  3. ^ 神戸市商店街連合会 会員名簿
  4. ^ 大丸新長田店が閉店 震災乗り越え、地域密着”. 神戸新聞NEXT (2013年1月31日). 2013年7月4日閲覧。
  5. ^ 新長田駅前商業施設「ジョイプラザ」の「大丸新長田店」後継事業者として東急不動産が正式決定 ~核テナントは「SEIYU」に決定~”. 東急不動産 (2012年10月17日). 2013年7月4日閲覧。
  6. ^ 新長田に東急プラザ開業 書店やカフェなど53店舗”. 神戸新聞NEXT (2013年9月20日). 2013年10月4日閲覧。
  7. ^ 新長田駅前商業施設リニューアルプロジェクト「東急プラザ 新長田」に名称決定 ~グランドオープンに先駆け、「SEIYU」が7月27日(土)先行オープン~”. 東急不動産 (2013年7月2日). 2013年7月4日閲覧。
  8. ^ 2013年の新規出店計画” (2012年11月13日). 2013年7月4日閲覧。

外部リンク編集