ジョインビル島(ジョインビルとう)はジョインヴィル諸島のなかで最大の島であり、東西の長さ約64キロメートル、幅は20キロメートルであり、南極半島北端から南極海峡を隔てた場所にある。

アルゼンチンイギリスおよびチリが領有権を主張している範囲内に存在する。

ジョインビル島は、ジュール・デュモン・デュルヴィルが率いるフランス探検隊によって1838年に発見され大まかに地図が作られた。デュルヴィルは、ルイ・フィリップの三男ジョアンヴィル公フランソワ・ドルレアンの名からジョインビル島と命名した。