ジョエル・エンビード

カメルーンのバスケットボール選手 (1994 - )

ジョエル・ハンス・エンビードJoel Hans Embiid, [ˈɛl ɛmˈbd] joh-EL em-BEED;[4][5] , 1994年3月16日 - )は、カメルーン中央州ヤウンデ出身のプロバスケットボール選手。NBAフィラデルフィア・76ersに所属している。ポジションはセンター。愛称「The Process」。エンビード入団時の76ersは成績が低迷しており、そこからの立て直しを図る各種の補強方針に対して「Trust The Process」とファンの間で呼ばれることが多かったところ、その補強で入団した選手の中でエンビードが最高の選手になったこともありエンビード自身も「The Process」と呼ばれることを受け入れた[6][7][8][9]

ジョエル・エンビード
Joel Embiid
フィラデルフィア・76ersでのエンビード
(2019年)
フィラデルフィア・76ers  No.21
ポジション C
所属リーグ NBA
基本情報
愛称 The Process
フランス語 Joel Embiid
国籍 カメルーンの旗 カメルーン
フランスの旗 フランス
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
生年月日 (1994-03-16) 1994年3月16日(30歳)
出身地 中央州ヤウンデ
身長 213cm (7 ft 0 in)[注釈 1]
体重 127kg (280 lb)
ウィングスパン 226cm  (7 ft 5 in)[2]
シューズ アンダーアーマー[3]
キャリア情報
高校 モントバード・アカデミー英語版
ザ・ロック高等学校
大学 カンザス大学
NBAドラフト 2014年 / 1巡目 / 全体3位[1]
プロ選手期間 2014年–現在
経歴
2014フィラデルフィア・76ers
受賞歴
Stats ウィキデータを編集 Basketball-Reference.com
Stats ウィキデータを編集 NBA.com 選手情報 NBA.Rakuten
代表歴
キャップ カメルーンの旗 カメルーン

経歴 編集

1994年にバレーボール選手だった両親の元で首都ヤウンデで生まれる[10]。エンビード自身も幼い頃からバレーボールをしていたものの、アキーム・オラジュワンに憧れていた。テレビでみたコービー・ブライアントのプレーに憧れ、NBA選手を目指すことを決意。翌年渡米し、フロリダ州ゲインズビルのザ・ロック高校に留学。本格的にバスケットボールを始めた。

大学 編集

大学は名門カンザス大学ジェイホークス)に進学[11]。1年生ながらレギュラーとして起用されたエンビードは、28試合の出場で平均11.2得点、8.1リバウンド、1.4アシスト、2.6ブロックショットを記録。NCAAトーナメントでも活躍したエンビードは、ネイスミス賞の候補にも挙げられ、Big-12の最優秀守備選手賞やオールディフェンスチームなどに選出されるなど、大学No.1ビッグマンとして注目される存在となり、1年間大学でプレーした後、2014年4月に2014年のNBAドラフトアーリーエントリーを表明した[12]

NBA 編集

2014-15シーズン 編集

 
2014年、フィラデルフィア・76ersでのエンビード

ドラフト開催前の6月、メディカルチェックで右足を疲労骨折していたことが判明[13]。直ちに手術を行ったが、全治6ヶ月の診断を受けた。ドラフト当日も、会場のバークレイズ・センターには来場せず自宅待機。しかし全体3位指名権を持っていたフィラデルフィア・76ersは、当初予定していたダンテ・エクザムの指名を回避し、敢えてエンビードを指名[13]。結局ルーキーシーズンとなるはずだった2014-15シーズンは、シーズン全試合を欠場[14]

2015-16シーズン 編集

2015-16シーズンにNBAデビューを目指すことになったものの、リハビリが思うようにいかず、2015年8月に右足を再手術を余儀無くされ、同シーズンも全休となった[15]

2016-17シーズン 編集

2年間の厳しいリハビリを経たエンビードは、2016-17シーズン開幕前のトレーニングキャンプに漸く全体練習に参加。実戦出場の許可も得られるまでに回復[16]。10月4日のボストン・セルティックスとのプレシーズンマッチで、2年超しのNBAデビューを果たした[17][18]。初のレギュラーシーズンとなった2016-17シーズン開幕戦のオクラホマシティ・サンダー戦では、22分の出場ながらチーム最多の20得点を記録し、鮮烈な公式戦デビューを飾り[19]、11月11日のインディアナ・ペイサーズ戦では、26分の出場ながら25得点を記録し、開幕7連敗を喫していた76ersに、シーズン初勝利をもたらした[20]。以降76ersの新エースとして君臨していたが、2017年2月に今度は左膝を負傷。結局3月初めに残りシーズン終了が決定した[21]。31試合に出場し、1試合平均は20.2得点、7.8リバウンド、2.5ブロックの成績を残し、シーズン終了時にはNBAオールルーキー・ファーストチームに選出された[22]

2017-18シーズン 編集

 
ダンクをするエンビード(2018年)

2017年10月9日、76ersと5年1億4800万ドルで契約を延長した[23]。2018年2月18日にロサンゼルスステイプルズ・センターで行われるNBAオールスターゲームに先発出場することが発表された[24]。2018年3月15日に行われたニューヨーク・ニックス戦で29得点10リバウンドを記録、試合は76ersが118-110で勝利した[25]。3月16日、24歳の誕生日に行われたブルックリン・ネッツ戦で24得点、キャリア・ハイとなる19リバウンドを記録、試合は76ersが120-116で勝利した[26]。3月19日に行われたシャーロット・ホーネッツ戦で25得点、19リバウンドを記録、試合は76ersが108-94で勝利した[27]。3月29日に行われたニューヨーク・ニックス戦で左眼窩骨折を負い途中退場した[28]。4月19日のプレーオフ1回戦の第3戦目で怪我から復帰、プレーオフデビューともなったマイアミ・ヒート戦で23得点を記録、試合は128-108で勝利した[29]。第5戦で19得点、12リバウンドを記録、試合は104-91で勝利し76ersは4勝1敗で2012年以来の1回戦突破を決めた[30]。2回戦、対ボストン・セルティックスの初戦で31得点、13リバウンドを記録したが、試合は117-101で敗れた[31]

2018-19シーズン 編集

オールスターゲームに選出され、チームヤニスの一員としてプレー。左膝の故障でシーズン後半の多くを欠場したものの、プレーオフには出場(レギュラーシーズン3位)。 イースタンカンファレンス1回戦はブルックリン・ネッツを4-1で破り、セミファイナルでトロント・ラプターズと対戦。第7戦までもつれ込むが、カワイ・レナードの劇的なブザービーターの前に破れた[32]

2019-20シーズン 編集

2019年10月31日のミネソタ・ティンバーウルブズ戦でのカール=アンソニー・タウンズとの口論により、2試合の無給出場停止処分を受けた[33]。11月25日のトロント・ラプターズ戦では13リバウンドを記録したが、キャリア初の無得点に終わった[34] 。その4日後のアトランタ・ホークス戦で、当時キャリアハイの49得点と14リバウンドを記録し、129-112で勝利に貢献した[35]。COVID-19パンデミックによる4ヶ月の中断を明けた8月1日のインディアナ・ペイサーズ戦で、41得点と21リバウンドを記録したが試合は敗れた[36]

プレーオフでは、1試合あたり30得点の成績を残したにもかかわらず、1回戦で敗退となった。

2020-21シーズン 編集

51試合に出場し、平均31.1分、28.5得点、10.6リバウンドのほか1.0スティールと1.4ブロックを記録。ニコラ・ヨキッチステフィン・カリーと並んでシーズンMVPファイナリストにノミネートされた(ヨキッチが受賞)。

2021-22シーズン 編集

2022年1月19日のオーランド・マジック戦で、27分の出場で50得点を記録し、クレイ・トンプソンに次ぐ快記録を達成した[37]。レギュラーシーズンは自身最多となる68試合に出場。平均33.8分、30.6得点を記録し、自身初のシーズン得点王を獲得。前シーズンに続いてニコラ・ヨキッチヤニス・アデトクンボとともにシーズンMVPファイナリストにノミネートされたが、またしてもヨキッチに及ばず受賞を逃す。

2022-23シーズン 編集

2022年11月14日のユタ・ジャズ戦で、36分41秒出場し、キャリアハイの59得点に、11リバウンド、8アシスト、7ブロックのパフォーマンスを記録。(1973-74シーズンにブロックショットが公式スタッツになって以降、1試合で50得点10リバウンド5アシスト5ブロック以上の記録はこの日のエンビードが初。)計66試合に出場、平均34.6分、33.1得点を記録し、2年連続となるシーズン得点王を獲得。このシーズン、ジェームズ・ハーデンも自身2度目となるアシスト王を獲得しており、同チーム所属プレイヤーによる得点王とアシスト王の同時獲得は、1981-82年シーズンのジョージ・ガービンジョニー・ムーア以来であった[38]

 
フィラデルフィアのイタリアン・マーケットにあるモントローズのそばに貼られたジョー・ボルチョーのMVPポスター(2023年4月)。

2023年5月、自身初となるシーズンMVPを受賞[39]。シクサーズの選手がMVPを受賞するのはウィルト・チェンバレンジュリアス・アーヴィングアレン・アイバーソンモーゼス・マローンに次いで史上5人目の快挙となった。また、オールNBAファーストチームにも選出された。

2023-24シーズン 編集

2024年1月22日のサンアントニオ・スパーズ戦にて、キャリアハイの70得点18リバウンドを記録し、1967年当時シクサーズに在籍していたウィルト・チェンバレンが保持していた1試合の球団最多記録を更新した[40]。この記録でエンビードはチェンバレンとデビッド・ロビンソンに続く3人目の70得点以上を記録したセンターの選手となった[41]

プレースタイル 編集

高い身体能力とスキルを兼ね備えるビッグマン[42]。オフェンスではローポストでのパワープレーのみならず、ユーロステップ等の軽快なステップワークで相手ディフェンダーを翻弄し得点を積み重ねる。シュート範囲も広く、2017-18シーズンでは60本以上の3Pシュートを沈めている[43]。身体能力を活かした守備も評価が高く、チームのインサイドディフェンスの要となっている。リック・カーライルHCは、「彼はゲームプランを難しくさせる男なんだ。ヤニス・アデトクンボはびっくりするほどあり得ない選手。ニコラ・ヨキッチもそうだ。でも、この男は彼らよりさらに難しくさせている。今の彼は歩くNBAのチートコード(強すぎる男)なんだ」と評している[44]

個人成績 編集

略称説明
  GP 出場試合数   GS  先発出場試合数  MPG  平均出場時間
 FG%  フィールドゴール成功率  3P%  スリーポイント成功率  FT%  フリースロー成功率
 RPG  平均リバウンド  APG  平均アシスト  SPG  平均スティール
 BPG  平均ブロック  PPG  平均得点  太字  キャリアハイ
  リーグリーダー

NBA 編集

レギュラーシーズン 編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2016–17 PHI 31 31 25.4 .466 .367 .783 7.8 2.1 .9 2.5 20.2
2017–18 63 63 30.3 .483 .308 .769 11.0 3.2 .6 1.8 22.9
2018–19 64 64 33.7 .484 .300 .804 13.6 3.7 .7 1.9 27.5
2019–20 51 51 29.5 .477 .331 .807 11.6 3.0 .9 1.3 23.0
2020–21 51 51 31.1 .513 .377 .859 10.6 2.8 1.0 1.4 28.5
2021–22 68 68 33.8 .499 .371 .814 11.7 4.2 1.1 1.5 30.6
2022–23 66 66 34.6 .548 .330 .857 10.2 4.2 1.0 1.7 33.1
通算 394 394 31.8 .501 .337 .819 11.2 3.4 .9 1.7 27.2
オールスター 5 5 26.1 .623 .440 .750 9.4 1.2 .6 .8 23.8
  • 2021年のオールスターゲームは選出されたものの新型コロナウイルス安全性プロトコルの問題で不出場

プレーオフ 編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2018 PHI 8 8 34.8 .435 .276 .705 12.6 3.0 .9 1.9 21.4
2019 11 11 30.4 .428 .308 .822 10.5 3.4 .7 2.3 20.2
2020 4 4 36.2 .459 .250 .814 12.3 1.3 1.5 1.3 30.0
2021 11 11 32.5 .513 .390 .835 10.5 3.4 1.0 1.5 28.1
2022 10 10 38.5 .484 .212 .820 10.7 2.1 .4 .8 23.6
2023 9 9 37.3 .431 .179 .905 9.8 2.7 .7 2.8 23.7
通算 53 53 34.6 .461 .280 .823 10.9 2.8 .8 1.8 24.0

カレッジ 編集

シーズン チーム GP GS MPG FG% 3P% FT% RPG APG SPG BPG PPG
2013-14 カンザス 28 20 23.1 .626 .200 .685 8.1 1.4 .9 2.6 11.2

人物 編集

  • ローマカトリックを信仰している[45]
  • 2017年1月13日のシャーロット・ホーネッツ戦の試合前、エンビードはWWEプロレスラーのトリプルH風の入場演出を行い、トリプルHからTwitterで絶賛のツイートを贈られた[46][47]
  • レアル・マドリードのファンである。[48]
  • ケガに滅法弱く、最初の2年全休から始まったキャリアを通して70試合に出場したシーズンがない。2年連続平均30点以上を記録して得点王になっているものの欠場が多いため、圧倒的な個人成績の割に通算得点も多くはなく、プロ9年目の2022-23シーズンでようやくキャリア10000得点を突破した。

脚注 編集

注釈 編集

  1. ^ シクサーズの測定ではエンビードの身長は218cm (7 ft 2 in) と記録しており、エンビード自身は「サンダルを履いて」218cmであるとも述べた[1]
  1. ^ Levy, Dan (2016年11月3日). “How tall is Joel Embiid: A Billy Penn Investigation” (英語). Billypenn.com. 2021年1月5日閲覧。
  2. ^ Joel-Embiid”. draftexpress.com (2013年). 2022年1月29日閲覧。
  3. ^ Why Joel Embiid picked Under Armour deal”. ESPN.com (2018年10月8日). 2022年1月29日閲覧。
  4. ^ 76ers Media Guide 2017–18, page 98 (roster)”. National Basketball Association. 2018年9月24日閲覧。
  5. ^ 2016–17 NBA Pronunciation Guide (Start of Season)”. National Basketball Association. 2018年9月24日閲覧。
  6. ^ Aldridge, David (2016年11月21日). “A process toward success: Joel Embiid era begins (at last) in Philly”. National Basketball Association. http://www.nba.com/article/2016/11/21/morning-tip-joel-embiid-growth-player-philadelphia-76ers 2016年12月1日閲覧. "He is actually introduced in the starting lineup as 'Joel, The Process, Embiid.'" 
  7. ^ Rappaport, Max (2016年10月27日). “If Joel Embiid Is The Process, His Debut Proved We Should Trust Him”. Complex. http://www.complex.com/sports/2016/10/joel-embiid-trust-the-process 2016年12月1日閲覧。 
  8. ^ Jenkins, Lee (2016年10月26日). “Joel Embiid: 'I'm The Process'”. Sports Illustrated. https://www.si.com/nba/2016/10/26/joel-embiid-philadelphia-76ers-the-process 2016年12月1日閲覧。 
  9. ^ What does Trust the Process mean?”. Sports Illustrated. 2019年2月1日閲覧。
  10. ^ Started From Yaoundé, Now He’s Here
  11. ^ Kansas lands recruit Joel Embiid
  12. ^ joel-embiid-declares-draft-kansas Kansas' Joel Embiid declares for 2014 NBA draft
  13. ^ a b No. 1 question: How far will Joel Embiid fall?
  14. ^ 76ers Unsure If Joel Embiid Will Play At All This Season
  15. ^ Road to Recovery Again, Joel Embiid Undergoes Second Surgery
  16. ^ Joel Embiid will start his first career preseason game after two years inactive
  17. ^ Joel Embiid made his NBA debut after missing two years of action
  18. ^ 76ersのジョエル・エンビードがNBAデビュー NBA JAPAN
  19. ^ Joel Embiid makes his NBA debut, scores 20 points in 22 minutes
  20. ^ Joel Embiid Scores 25 Points in 26 Minutes, Leads the Sixers to the Overtime Victory
  21. ^ Joel Embiid will miss remainder of season
  22. ^ Rohrbach, Ben (2017年6月26日). “Draymond Green, Joel Embiid headline NBA's All-Defensive, All-Rookie team announcements”. Yahoo!. 2017年6月27日閲覧。
  23. ^ Sixers, Joel Embiid agreed to a five-year $148 mln contract extension
  24. ^ NBAオールスター2018投票結果:レブロン・ジェームズが全体1位の票数を獲得”. NBA.com (2018年1月19日). 2018年1月25日閲覧。
  25. ^ 76ers' Joel Embiid: Leads team with 29 points Thursday” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月15日). 2018年3月17日閲覧。
  26. ^ Embiid leads 76ers past Nets” (英語). ESPN.com. ESPN (2018年3月16日). 2018年3月18日閲覧。
  27. ^ 76ers' Joel Embiid: Records 25 points, 19 boards in Monday's win” (英語). cbssports.com. CBS Sports (2018年3月19日). 2018年3月20日閲覧。
  28. ^ Joel Embiid Medical Update” (英語). NBA.com (2018年3月29日). 2018年3月31日閲覧。
  29. ^ Embiid scores 23, 76ers top Heat 128-108 for 2-1 series lead” (英語). ESPN.com (2018年4月19日). 2018年4月21日閲覧。
  30. ^ Believe it! 76ers roll with Meek Mill past Heat in Game 5” (英語). ESPN.com (2018年4月24日). 2018年4月25日閲覧。
  31. ^ Rozier (29 pts), Tatum (28) help Celtics beat 76ers 117-101” (英語). ESPN.com (2018年4月30日). 2018年5月2日閲覧。
  32. ^ Leonard hits bouncer at buzzer, Raptors beat 76ers in Game 7”. ESPN (2019年5月12日). 2019年5月13日閲覧。
  33. ^ 76ers' Joel Embiid and Timberwolves' Towns each suspended two games”. NBA (2019年10月31日). 2021年10月11日閲覧。
  34. ^ Joel Embiid held scoreless for 1st time in career as Raptors beat 76ers 101-96”. ESPN (2019年11月25日). 2019年12月24日閲覧。
  35. ^ Embiid scores career-high 49, 76ers beat Hawks 129-112”. ESPN (2020年2月24日). 2020年2月25日閲覧。
  36. ^ 76ers vs. Pacers takeaways: T.J. Warren explodes for 53 points, sinks 76ers in restart opener for both teams”. Template:Cite webの呼び出しエラー:引数 accessdate は必須です。
  37. ^ 【NBA】76ersのエンビードわずか27分間で50得点マークし歴代2位の記録、12リバウンドも獲得”. 中日スポーツ (2022年1月20日). 2022年1月21日閲覧。
  38. ^ Ignudo, Tom (2023年4月9日). “Sixers' Joel Embiid, James Harden make history in first full season together”. cbsnews.com. 2023年4月11日閲覧。
  39. ^ 76ers center Joel Embiid wins 2022-23 Kia NBA Most Valuable Player award” (英語). NBA.com (2023年5月2日). 2023年5月2日閲覧。
  40. ^ 坂東, 実藍 (2024年1月23日). “ジョエル・エンビードが自己最多の70得点 76ersの球団新記録樹立”. The Sporting News. 2024年1月23日閲覧。
  41. ^ Pagaduan, Jedd (2024年1月22日). “76ers' Joel Embiid enters Michael Jordan territory after historic 70-point game vs. Spurs”. ClutchPoints. 2024年1月22日閲覧。
  42. ^ Five ways Joel Embiid has taken his game to a whole new level” (英語). FOX Sports. 2024年1月25日閲覧。
  43. ^ Joel Embiid stats | Basketball-Reference.com
  44. ^ 「ヤニスやニコラよりゲームプランを難しくさせる」絶好調のエンビードを敵将が絶賛「今の彼は歩くチートコード」<DUNKSHOOT>”. THE DIGEST. 2023年7月16日閲覧。
  45. ^ ログイン • Instagram”. www.instagram.com. 2023年7月16日閲覧。
  46. ^ Joel Embiid with the Triple H entrance
  47. ^ Triple H approves Joel Embiid's imitation: Not bad for a first attempt
  48. ^ レアル、CLで衝撃惨敗…NBAスターの「つぶやき」も話題に”. Qoly. 2023年5月3日閲覧。

外部リンク 編集