ジョギング(Jogging)とは、ゆっくりした速さで走る身体活動の一種。

海辺でジョギングする2人の女性。

ジョギングの定義編集

穏やかな速度で走るのがジョギングである[1]。ある定義では「時速6マイル(約9.7㎞)の速度で走ること」とされている。また、「ランニング」は、地面に接触していない瞬間が必要である、と定義しているが、ジョギングはそうではない[2]

走ると歩くの違い編集

「走る」と「歩く」の違いは、両足が地面から同時に離れることがあるかないかにより分けられる。走る動作の場合、両足が同時に地面から離れるので、短いジャンプを連続的に繰り返していることになり、着地時にかかとヒザには体重の3倍[3]から5倍の衝撃力がかかる。過体重の人間や関節が弱っている人間による走行は脚に障害を抱える危険性をはらんでいる。走ることで心拍数が急激に増加すると、循環器系統に過度の負担がかかる。

ジョギングと死編集

ジム・フィックス(Jim Fixx)は、ジョギングが流行する契機を作った人物として知られる。彼は1967年、35歳の時にジョギングを開始し、死ぬまでこれを習慣にしていた。1977年に『The Complete Book of Running』(邦題:『奇蹟のランニング』)を出版し、この著書は100万部を超える売り上げを記録した。彼は著書の中でも、対談番組に出演した際にも、運動することで寿命を大幅に延ばせる、として運動の利点を強調し、褒めそやしていた[4]

しかし、そのフィックス自身がジョギングに励んでいる最中に心臓発作を起こして倒れ、そのまま死亡した[5]。ヴァーモント州の主任検死官、エレノア・マックィレン(Eleanor McQuillen)による検死結果によれば、アテローム性動脈硬化症が原因で、冠状動脈の1つが95%、2つが80%、3つが70%閉塞していた[4][6]。3本ある動脈はいずれも全て損傷し、閉塞していた[7]。この剖検で、フィックスは「心臓に繋がる2本の動脈に影響を及ぼす重篤な心臓病を患っていた」ことも判明した[8]。東イリノイ大学の教授で運動生理学とマラソン生理学の専門家、ジェイク・エメット(Jake Emmett)はジム・フィックスの死について、「彼の死は、走る行為は冠状動脈性心疾患(Coronary Artery Disease)を防げないだけでなく、突然死を招く可能性が出てくることを世界中に確信させた」と書いている[6]

ジム・フィックスの息子、ジョン・フィックスによれば、「父は健康維持のため、過去15年間で、週に80マイル(約129㎞)の距離を走っていた」という[8]

ワシントン・ポスト(The Washington Post)は、ジム・フィックスの死を受けて、「控えめに言っても、義務的に走ったところで、心疾患の猛威から身を守る効果は無いということだ」「6年前、とある医師が、マラソンの権威として『激しい運動をすれば、冠状動脈性心臓病を防げることは疑いようが無い』と高らかに断言したが、フィックスを襲った不運な出来事を受けて、これは何の価値も無いたわごとであることを認識した」と書いた[9]

ジョギングの最中およびジョギングを終えた直後に冠状動脈性心臓病(Coronary Heart Disease)で死亡する例は決して珍しいものではない[10][11][12]。精良な運動能力が運動中の死亡事故から身体を保護することを示す証拠は無い[13]

走っている最中に死亡した40歳以上の人間の死因の多くは冠状動脈性心臓病である。10年間で22 - 176km、週に平均で53kmの距離を走っていた40 - 53歳(平均年齢46歳)の5人の白人ランナーが走行中に突然死し、その剖検によれば、ランナーとして走るようになる前に心臓病を患っていた者は1人もいなかった[14]

体育館にてトレッドミルを使って走っていた57歳の男性が、その最中に突然死亡した。彼の死因は「虚血性心疾患」(Ischemic Heart Disease)であった。研究者らは「身体活動を不定期に行う人は、そうでない人に比べて突然死の危険が高い」「極端な身体活動は、たとえ以前にその症状が無かったとしても、心臓に致命的な結果をもたらす可能性がある」と報告している[15]

ケープタウン大学の教授で運動生理学スポーツ医学の専門家、ティム・ノークス(Tim Noakes)は、運動中の突然死について、「50歳以上の人は、あらゆる種類の運動を開始する前に、心血管の診断を受ける必要がある。50歳未満の人でも、突然死した人物の家族歴について面談を行い、心血管疾患の症状とその臨床徴候についての診断を受ける必要がある」「肥大型心筋症を患っている場合、運動中に死亡する危険が高くなる」「アスリートたちは運動中の心臓病の発症を予防できるとは限らない」と書いている[16]

度が過ぎる運動はミトコンドリア(Mitochondria)の機能障害を惹き起こし、耐糖能(Glucose Tolerance, 上昇した血糖値を下げる、血糖値を正常に保つ能力)も低下させてしまう[17]

出典編集

  1. ^ jogging”. Oxford Dictionaries. Oxford University Press. 2014年1月22日閲覧。
  2. ^ Mike Antoniades. “Are you running properly?”. BBC Sport HEALTH AND FITNESS. 2006年1月4日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  3. ^ 石橋秀幸・著者『レベルアップする!野球 化学・技術・練習』2013年、189頁
  4. ^ a b Francis Chin (2006年9月). “When fit people get heart attacks”. 2022年11月12日閲覧。
  5. ^ Gross, Jane (1984年7月22日). “James F. Fixx Dies Jogging; Author on Running was 52”. The New York Times. 2015年8月13日閲覧。
  6. ^ a b Jake Emmett, Ph.D.. “The Physiology of Marathon Running, Just What Does Running a Marathon Do to Your Body?”. 2007年2月11日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  7. ^ Lawrence K. Altman, M.d. (1984年7月24日). “THE DOCTOR'S WORLD; JAMES FIXX: THE ENIGMA OF HEART DISEASE”. The New York Times. 2009年5月26日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  8. ^ a b Richard Pearson (1984年7月22日). “Jogging Advocate Jim Fixx, 52, Dies”. The Washington Post. 2017年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  9. ^ The Jim Fixx Neurosis: Running Yourself to Death”. The Washington Post (1984年7月29日). 2017年8月28日時点のオリジナルよりアーカイブ。2022年11月12日閲覧。
  10. ^ Sudden cardiac death during first-time jogging PMID 28373621 doi:10.2152/jmi.64.184
  11. ^ Nontraumatic death in joggers. A series of 30 patients at autopsy PMID 6211977 doi:10.1016/0002-9343(82)90845-2
  12. ^ Sudden death of a young man during a sponsored jogging event PMID 6931330
  13. ^ Death During Jogging or Running A Study of 18 CasesPaul D. Thompson, MD; Michael P. Stern, MD; Paul Williams, MS; et alKirk Duncan, MD; William L. Haskell, PhD; Peter D. Wood, DSc. JAMA. 1979;242(12):1265-1267. doi:10.1001/jama.1979.03300120019016
  14. ^ Sudden death while running in conditioned runners aged 40 years or overBruce F. Waller MD, William C. Roberts MD doi:10.1016/0002-9149(80)90491-9
  15. ^ Sudden cardiac death: the dark side of exercise! doi: 10.15761/CDM.1000110
  16. ^ SUDDEN DEATH AND EXERCISETimothy D. Noakes, Physiology, University of Cape Town Medical School. Observatory 7925, South Africa. Reference: Noakes, T.D. Sudden death and exercise. In: Encyclopedia of Sports Medicine and Science, T.D. Fahey (Editor). Internet Society for Sport Science: https://www.sportsci.org/jour/9804/tdn.html 8 Nov 1998. Reviewer: George D. Swanson, Physical Education and Exercise Science, California State University, Chico, CA, USA.
  17. ^ Excessive exercise training causes mitochondrial functional impairment and decreases glucose tolerance in healthy volunteersMikael Flockhart, Lina C.Nilsson, Senna Tais, Björn Ekblom, William Apró, Filip J. Larsen