メインメニューを開く

ジョシュ・ギブソン(Joshua Gibson、1911年12月21日 - 1947年1月20日)は、アメリカニグロリーグで活躍した野球選手捕手)。ジョージア州ブエナビスタ生まれ。右投げ右打ち。「黒いベーブ・ルース」と呼ばれた、ニグロリーグの強打者。資料によれば、リーグ戦以外の試合も含め、キャリア通算で972本の本塁打を放ったと言われる。

ジョシュ・ギブソン
Josh Gibson
Josh Gibson HOF Plaque.JPG
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 ジョージア州ブエナビスタ
生年月日 1911年12月21日
没年月日 (1947-01-20) 1947年1月20日(35歳没)
身長
体重
6' 1" =約185.4 cm
210 lb =約95.3 kg
選手情報
投球・打席 右投右打
ポジション 捕手
プロ入り 1930年
初出場 1930年
最終出場 1947年
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)
Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg 殿堂表彰者Empty Star.svg Empty Star.svg Empty Star.svg
選出年 1972年
選出方法 ニグロリーグ特別委員会選出

息子のジョシュ・ギブソン・ジュニアもニグロリーグでプレーした選手だった。

目次

経歴編集

3人兄弟の長男として生まれ、小学校卒業後に父親が鉄工所の職を得たことを機会にピッツバーグへ移り住んだ。電気技師になるつもりだったが学校を中退、ブレーキの製造工場で働く傍らで、1927年頃から野球を始めた。

正確な記録はないが、プエルトリコのウィンター・リーグで1シーズン(約200試合)84本、生涯17シーズンの通算で900本以上の本塁打を放ったとされる。また通算打率も.350を遥かに超えていたようである。この通算900本以上というのは、中南米諸国での非公式の遠征試合での記録が大半で、最近の調査では、当時の新聞に載せられたスコアから、ギブソンがニグロリーグの公式戦で放った本塁打は300本程度であり、15 - 16打数に1本の割合で打っていたと推定されている。

飛距離の大きな本塁打を多く打ったことで、さまざまな逸話を残した。ピッツバーグでのある試合で、ギブソンが放った打球が球場の外に消え、その打球が翌日フィラデルフィアの球場に落ちてきた、といった逸話もある。

1934年にはヤンキー・スタジアムで飛距離580フィート(約176メートル)の場外本塁打を放ったと言われている。当時としては他の追随を許さない壮大な3階建てであり、左翼は右翼より遥かに広く、3階をクリアした人物は1923年の建造以来、1人もいなかった。ブルペンにいた者達が唖然としたと言われるぐらいすごい当たりで、これ以後でもニューヨーク・ヤンキースミッキー・マントルがわずかに屋根に当てただけである[1]。また、ワシントン・セネタース本拠地球場グリフィス・スタジアムは左翼が405フィート(約123メートル)もあるために、1946年のセネタースの選手全員の本塁打数が13本しか無かったのに、ギブソンはここで27本塁打していると伝えられている[1]

1940年と1941年にはメキシコリーグでプレーしているが、メキシコでは450打数で44本塁打を記録、長打率は.802にもなっていたという。次の1942年、ギブソンはグレイズに復帰し、再開されたニグロリーグのワールドシリーズにチームを4度導いた。

それまでほとんど酒を飲まなかった(アイスクリームが好物だったという)ギブソンの飲酒は、メキシコリーグから復帰した1942年頃から目立つようになっていたそうで、1943年には過度の飲酒や薬物の使用からくる、神経衰弱という病院からの診断も受けていた。1945年頃のギブソンは、太って体調を崩し、キャッチングのためにしゃがむことも難しくなっていたほどだったが、流れるようなバットスイングだけは健在だったという。

黒人選手がMLBでプレイすることを誰よりも望んでいたが、1947年に35歳で急死する。死因は酒の飲みすぎなどによる脳卒中で、ジャッキー・ロビンソンがメジャーリーグにデビューする3か月ほど前のことだった。ギブソンが酒びたりの生活を送ることになった背景には、自分やサチェル・ペイジらを差し置いて、ロビンソンが黒人選手初のメジャーリーガーとなったことにショックを受けたため、という説も語られた。ロビンソンがブルックリン・ドジャース組織と契約したとき、ギブソンは33歳8か月、ペイジは39歳1か月であった。

1972年ニグロリーグ特別委員会の投票により、サチェル・ペイジに続き、ニグロリーグ出身者では史上3人目の野球殿堂入りを果たした。

評価編集

MLBのナショナルリーグで3度のMVPを獲得し、アメリカ野球殿堂を果たしたロイ・キャンパネラは「攻走守どれを取っても私より上回っていた。飛ばす事ではベーブ・ルース以上、確実性でもあのテッド・ウィリアムズ以上」と言い切っている[1]。また、ディジー・ディーンを擁するセントルイス・カージナルスは遠征でニグロリーグのオールスターチームと9試合対戦して2勝しか出来なかったという話が伝わっているが、ディーンは「彼(ギブソン)がいたら、7月4日の独立記念日にはカージナルスの優勝が決まり、後はフロリダワールドシリーズまでのんびり魚釣りが出来るのに……」と嘆いたという[1]

諸記録編集

  • キャリア通算本塁打: 972本
  • ニグロリーグ17シーズンでの通算打率:.359
  • ニグロリーグ17シーズンでの通算本塁打:115本
  • メキシカンリーグ2シーズンの通算打率:.393
  • メキシカンリーグ2シーズンの通算本塁打:44本
  • キューバン・ウィンターリーグ2シーズンの通算打率:.353
  • キューバン・ウィンターリーグ2シーズンの通算本塁打:14本

ギブソンに関する著書編集

脚注編集

  1. ^ a b c d 伊東一雄『メジャー・リーグ紳士録』ベースボール・マガジン社、1997年、140-141頁。ISBN 4583034113

関連項目編集

出典・外部リンク編集