メインメニューを開く

ジョゼフ・アルバート・レイエスJoseph Albert Reyes, 1984年11月20日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウェストコビーナ出身のプロ野球選手投手)。左投左打。MLBマイアミ・マーリンズ傘下に所属。

ジョジョ・レイエス
Jo-Jo Reyes
マイアミ・マーリンズ (マイナー)
Jo-Jo Reyes on June 5, 2011 (1).jpg
ブルージェイズ時代(2011年6月5日)
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡ウェストコビーナ
生年月日 (1984-11-20) 1984年11月20日(35歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
230 lb =約104.3 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 投手
プロ入り 2003年 ドラフト2巡目(全体43位)でアトランタ・ブレーブスから指名
初出場 MLB / 2007年6月8日
KBO / 2013年3月30日
最終出場 KBO / 2014年6月18日
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

経歴編集

プロ入りとブレーブス時代編集

2003年MLBドラフト2巡目(全体43位)でアトランタ・ブレーブスから指名され、プロ入り。

2007年にメジャー初昇格。先発で11試合に登板し、2勝を挙げた。

2008年は開幕からメジャーで、25試合に登板するも3勝11敗と大きく負け越しマイナー落ち、投球回113に対し被安打が134だった。2008年6月13日ロサンゼルス・エンゼルス戦を最後に、勝ち星から見放され続けることになる。

2009年はシーズンの大半をマイナーで過ごし、メジャー6試合登板に終わった。

2010年はメジャー登板は1試合のみだった。

ブルージェイズ時代編集

2010年7月、ユネル・エスコバーと共にトレードで、トロント・ブルージェイズに移籍した。移籍後はメジャー登板は無く、傘下のAA級ニューハンプシャー・フィッシャーキャッツでプレーした。

2011年スプリングトレーニングで結果を残し、開幕ローテーション入りを果たした。4月は5試合の先発で0勝2敗・防御率5.48と振るわなかったが、既に3年間のオプションが切れ、ウェーバー公示なしではマイナーに落とせなくなっていたため、首脳陣はレイエスを辛抱強く起用し続けた。5月に入ると好投しつつも勝ち星が付かない状況が続き、5月25日ニューヨーク・ヤンキース戦でも敗戦投手になり、遂にクリス・カーティス1911年 - 1912年)、マット・キーオ1978年 - 1979年)が持つ28先発連続勝ち星なしの不名誉な記録に並んでしまった[1]。ここで勝ちが付かなければメジャー記録更新となる5月30日クリーブランド・インディアンス戦、レイエスは9回1失点で自身初の完投勝利を挙げ、2008年6月以来3年ぶりの勝利を挙げた[2]。その後、7月23日DFAとなった。

ブルージェイズ退団後編集

2011年8月2日、ウェーバーでボルチモア・オリオールズに移籍[3]。オフにDFAとなった。

2012年1月13日ピッツバーグ・パイレーツとマイナー契約を結んだ[4]が、この年はメジャーには昇格できず、11月にFAとなった。

SKワイバーンズ時代編集

2012年12月にエンゼルスと契約を結んだが、2013年1月17日、精神的な問題により退団したダグ・スレイトンの代役として韓国プロ野球・SKワイバーンズと契約し、エンゼルスとの契約は解消された。SKでは3月30日開幕投手を務め、同年は8勝を記録した。

2014年は、2勝にとどまるなど成績が悪化し、シーズン途中の6月23日にSKからウェーバー公示され退団となった。

SK退団後編集

2014年7月8日フィラデルフィア・フィリーズとマイナー契約を結んだが、8月15日に自由契約となる。

2015年メキシカンリーグカンペチェ・パイレーツと契約。6月14日に自由契約となり、16日にエンゼルスとマイナー契約を結ぶ。9月30日にメジャー昇格した。10月3日テキサス・レンジャーズ戦で4年ぶりにメジャーで登板し、8回裏から8番手として0.1回を無失点に抑えると、直後に味方が勝ち越して勝利投手となった。10月9日にDFAとなり、13日にFAとなった[5]

2016年1月22日マイアミ・マーリンズとマイナー契約を結んだ。6月28日にメジャー契約を結んで25人枠入りした。1試合に登板後、7月1日にDFAとなった[6]

投球スタイル編集

球種は平均90.6mph(約145.8km/h)の速球スライダーカーブチェンジアップ[7]

元々はゴロアウトが多い投手だったが、近年はフライアウトが増加している[7]

詳細情報編集

年度別投手成績編集





















































W
H
I
P
2007 ATL 11 10 0 0 0 2 2 0 0 .500 230 50.2 55 9 30 2 1 27 1 0 39 35 6.22 1.68
2008 23 22 0 0 0 3 11 0 0 .214 512 113.0 134 18 52 4 3 78 2 0 77 73 5.81 1.65
2009 6 5 0 0 0 0 2 0 0 .000 119 27.0 27 4 13 3 1 21 0 0 25 21 7.00 1.48
2010 1 0 0 0 0 0 0 0 0 ---- 23 3.1 10 2 3 0 0 2 0 0 9 9 24.30 3.90
2011 TOR 20 20 1 0 0 5 8 0 0 .385 504 110.0 140 14 35 0 6 64 6 0 78 66 5.40 1.59
BAL 9 5 0 0 0 2 3 0 0 .400 137 30.2 36 7 13 0 1 23 1 0 21 21 6.16 1.60
'11計 29 25 1 0 0 7 11 0 0 .389 641 140.2 176 21 48 0 7 87 7 0 99 87 5.57 1.59
2013 SK 30 30 2 1 0 8 13 0 0 .381 751 173.0 157 15 91 0 7 135 11 0 99 93 4.84 1.43
MLB通算:5年 70 62 1 0 0 12 26 0 0 .316 1525 334.2 402 54 146 9 12 215 10 0 249 225 6.05 1.64
KBO通算:1年 30 30 2 1 0 8 13 0 0 .381 751 173.0 157 15 91 0 7 135 11 0 99 93 4.84 1.43
  • 2013年度シーズン終了時

背番号編集

  • 37 (2007年 - 2011年途中)
  • 45 (2011年途中 - 同年終了)
  • 57 (2013年 - 2014年)
  • 49 (2015年)
  • 43 (2016年)

脚注編集

  1. ^ Jo-Jo Reyes equals winless start record. ESPN(英語). 2011年6月18日閲覧
  2. ^ MacLeod, Robert(2011-05-30)finally cracks the win column. Globe and Mail(英語). 2011年6月18日閲覧
  3. ^ Ghiroli, Brittany (2011年8月2日). “Orioles sign Reyes, cut Duchscherer”. MLB.com. http://m.orioles.mlb.com/news/article/22653300/ Octorber 1, 2015閲覧。 
  4. ^ http://www.piratesprospects.com/2012/01/pirates-sign-jo-jo-reyes.html Pirates Sign Jo-Jo Reyes
  5. ^ Eric Roseberry (2015年10月13日). “Angels' Jo-Jo Reyes elects free agency after clearing waivers” (英語). Call to the Pen. http://calltothepen.com/2015/10/13/angels-jo-jo-reyes-elects-free-agency-clearing-waivers/ 2015年10月15日閲覧。 
  6. ^ MLB公式プロフィール参照。2016年7月2日閲覧。
  7. ^ a b Jo-Jo Reyes » Statistics » Pitching. FanGraphs Baseball(英語). 2011年6月18日閲覧

関連項目編集

外部リンク編集