ジョセフ・ウィリアム・バランタイン

ジョセフ・ウィリアム・バランタイン(Joseph William Ballantine, 1888年 - 1973年)は、アメリカ合衆国外交官

生涯編集

1888年、英領インドアフマドナガルにて誕生[1]。1909年、国務省外交部に入省[1]。1911年から1912年まで神戸副領事[2]。1912年に横浜副総領事[2]。1912年から1914年まで台北副領事[2]。1914年に横浜副総領事[2]

1921年から1923年まで大連領事[2]。1923年から1929年まで東京領事[2]。1930年にロンドン海軍軍縮会議アメリカ代表団で事務局長[1]。1930年から1932年まで広東総領事[2]。1934年から1937年まで奉天総領事[3]。1941年にオタワ総領事[3]

1941年から1943年まで国務省極東部担当職員[3]。1943年から1944年12月まで極東部長[3][4]。1944年から1945年まで極東局長[3]。1945年から1947年まで国務長官特別補佐官[1]。第二次世界大戦後の極東国際軍事裁判では、検察側証人として開戦時の事情を証言[5]

出典編集

  1. ^ a b c d Register of the Joseph William Ballantine Papers, 1909-1970.”. Online Archive of California. 2011年7月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Ballantine, Joseph William (b. 1888)”. The Political Graveyard. 2011年7月1日閲覧。
  3. ^ a b c d e 永井和. “野村吉三郎自筆英文書簡草稿A1014の日本語訳”. 京都大学大学院文学研究科. 2011年7月1日閲覧。
  4. ^ Eldridge, Robert D. (2001). The origins of the bilateral Okinawa problem. Routledge. pp. p.51 
  5. ^ ジョセフ・バランタイン(じょせふ・ばらんたいん)”. 2011年7月1日閲覧。
公職
先代:
マクスウェル・マクゴーギー・ハミルトン
アメリカ合衆国国務省極東部長
1943年 - 1944年
次代:
スタンリー・クール・ホーンベック
先代:
ジョセフ・グルー
アメリカ合衆国国務省極東局長
1944年12月 - 1945年
次代:
ジョン・カーター・ヴィンセント