ジョゼフ・フィンダー

ジョゼフ・フィンダーJoseph Finder1958年 - )は、アメリカ合衆国スリラー作家。主な作品に『侵入社員』『解雇通告』『最高処刑責任者』など。『バーニング・ツリー』は2002年アシュレイ・ジャッドモーガン・フリーマン主演で「ハイ・クライムズ」のタイトルで、また『侵入社員』は2013年に「パワー・ゲーム」のタイトルでリアム・ヘムズワース主演で映画化された。

ジョゼフ・フィンダー
Joseph Finder
JoeFinder2.jpg
誕生 1958年(62 - 63歳)
アメリカ合衆国の旗 イリノイ州シカゴ
職業 小説家
言語 英語
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
最終学歴 イェール大学ハーバード大学
活動期間 1990年 -
ジャンル サスペンス、サイコスリラー
主な受賞歴 国際スリラー作家協会賞(2007年)
サイン
公式サイト www.josephfinder.com
Portal.svg ウィキポータル 文学
テンプレートを表示

日本語訳書ではジョセフ・ファインダージョセフ・フィンダーなど表記の揺れが見られる。

経歴編集

1958年イリノイ州シカゴに生まれる。幼少期のほとんどをアフガニスタンフィリピンで過ごし、その後アメリカへ戻り、ワシントン州ベリンハムニューヨーク州オールバニで暮らした[1]イェール大学ロシアを研究し学位を取得したほか、ファイ・ベータ・カッパ・クラブの会員だった[1]ハーバード大学のロシア研究センターで修士号を取得し、同校の学部で教鞭を取った[1]

1983年アーマンド・ハマーとソ連の諜報活動について書いた『クレムリン・コネクション―ソ連が愛した米財界人たち―』を上梓。1991年に、KGBとソ連の最高指導者ミハイル・ゴルバチョフが敵対していたと空想した処女作『モスコウ・クラブ』を上梓、1994年に上梓した第2作『至高権力』はソ連の「モグラ」がCIA幹部であるとした作品である。

『侵入社員』(2004年)と『解雇通告』(2005年)は『ニューヨーク・タイムズ』でハードカバー・ペーパーバックの双方の部門でベストセラーとなった。2006年に上梓した『最高処刑責任者』で国際スリラー作家協会賞長編賞を受賞。翌2007年に上梓した"Power Play"ガムシュー賞にノミネートされた。フィンダーの初となるシリーズものニック・ヘラーシリーズの第1作"Vanished"2010年に国際スリラー作家協会賞長編賞にノミネート、第2作"Buried Secrets" は『ストランド・マガジン』批評家賞を受賞した(ジョージ・P・ペレケーノス"The Cut" と同時受賞)[2]

国際スリラー作家協会の創設メンバーの1人であり、また国際ペンクラブニューイングランド支部のファイナンシャル・アドバイザーを務めている。また、元諜報員のための非営利組織Association of Former Intelligence Officers のメンバーでもある[1]。『ニューヨーク・タイムズ』や『ワシントン・ポスト』にスパイや国際問題に関する記事を書くこともある[1]

公式サイトによると、現在はマサチューセッツ州ボストンに妻ミシェルと娘エマと暮らしている[1]

作品リスト編集

邦題 原題  
刊行年
 
刊行年月
 
訳者
 
出版社
備考
クレムリン・コネクション
―ソ連が愛した米財界人たち
Red Carpet: The Connection Between the
Kremlin and America's Most Powerful Businessmen
1983年 1980年5月 石塚雅彦 日本経済新聞社 邦訳はジョフ・フィンダー表記
モスコウ・クラブ The Moscow Club 1991年 1993年7月 高野裕美子 講談社文庫 邦訳はジョフ・ファインダー表記
至高権力 Extraordinary Powers 1994年 1995年5月 高野裕美子 講談社文庫 邦訳はジョゼフ・ファインダー表記
ゼロ・アワー The Zero Hour 1996年 1998年10月 石田善彦 新潮文庫
バーニング・ツリー High Crimes 1998年 2000年10月 石田善彦 新潮文庫 邦訳はジョフ・フィンダー表記
侵入社員 Paranoia 2004年 2005年12月 石田善彦 新潮文庫 邦訳はジョフ・フィンダー表記
解雇通告 Company Man 2005年 2008年2月 平賀秀明 新潮文庫 イギリスではNo Hiding Place
最高処刑責任者 Killer Instinct 2006年 2008年11月 平賀秀明 新潮文庫
Power Play 2007年
Vanished 2009 ニック・ヘラー シリーズ 1
Buried Secrets 2011年 ニック・ヘラー シリーズ 2
Suspicion 2014年

出典編集

  1. ^ a b c d e f Bio”. Joseph Finder (official site). 2013年8月15日閲覧。
  2. ^ What's New”. ストランド・マガジン (2011年). 2013年8月15日閲覧。

外部リンク編集