メインメニューを開く

サー・ジョゼフ・プレストウィッチ: Sir Joseph Prestwich1812年3月12日 - 1896年6月23日)はイギリス地質学者実業家である。第三紀地質エキスパートで、ブーシェ・ド・ペルテ(英: Boucher de Perthesサン・アシュール(英: St Acheul遺跡石器の発見を確認したことでも知られる。

ジョゼフ・プレストウィッチ
Joseph Prestwich.jpg
生誕 1812年3月12日
イギリスの旗 イギリスロンドン
死没 1896年6月23日 (満84歳没)
イギリスの旗 イギリスケント州、ショアハム
研究分野 地質学
研究機関 オックスフォード大学
出身校 ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン
主な受賞歴 ウォラストン・メダル(1849年)
プロジェクト:人物伝

目次

生涯編集

ロンドンの Pensbury に生まれた。パリ大学レディングで学んだ後、ユニヴァーシティ・カレッジ・ロンドン化学自然哲学を学んだ。1830年から家業のワインの仕事を始め、仕事でイギリス各地やフランスベルギーを旅した。これらの旅行で地質の観察を行い、地質学に興味をもち1833年にロンドン地質学会の会員となった。1831年から1832年の間の観察に基づいて1836年に発表した、「コールブルックデール(英: Coalbrookdaleの地質」の研究で、地質学者としての高い評判を得た。

1846年からロンドン盆地(英: London Basinの第三紀地層の研究を行い、イギリス全土、フランス、ベルギーの第三紀地層との関連を研究した。1858年に、ブーシェ・ド・ペルテが、石器を発見したと発表したサン・アシュールのソンム川洞窟を訪れることをヒュー・ファルコナーから依頼され、ジョン・エバンス英語版とともにペルテの発見を確認した。その報告は1859年から1860年になされ、科学的方法による考古学の始まりとされる。

1860年代は王立石炭委員会首都上水道委員会の委員に任じられた。1874年にオックスフォード大学の地質学の教授となった。1849年にロンドン地質学会からウォラストン・メダルを受賞した[1]。1853年に王立協会の会員に選出され、1865年に王立協会ロイヤル・メダルを受賞した[2]。1896年にはヴィクトリア女王によりナイトに叙された[3]

関連項目編集

出典編集

[ヘルプ]
  1. ^ Wollaston Medal” (英語). The Geological Society. 2011年6月5日時点のオリジナルよりアーカイブ。2012年5月2日閲覧。
  2. ^ Prestwich; Sir; Joseph (1812 - 1896)” (英語). Past Fellows. The Royal Society. 2012年5月2日閲覧。
  3. ^ The London Gazette: no. 26701. p. 359. 1896年1月21日。2012年5月2日閲覧。

外部リンク編集

  ウィキメディア・コモンズには、ジョゼフ・プレストウィッチに関するカテゴリがあります。