ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ

ブラジルのサッカー選手
この名前は、ポルトガル語圏の人名慣習に従っています。第一姓(母方の)はガマ第二姓(父方の)はデ・オリベイラです。

ベベット(Bebeto)ことジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ(José Roberto Gama de Oliveira、1964年2月16日 - )は、ブラジルの元同国代表サッカー選手、サッカー指導者。ポジションはフォワード。1989年度南米年間最優秀選手賞受賞者で、1992-93シーズンのリーガ得点王である。またゆりかごダンスの生みの親でもある[2]

べベット Football pictogram.svg
Bebeto cropped.jpg
名前
本名 ジョゼ・ロベルト・ガマ・デ・オリベイラ
José Roberto Gama de Oliveira
ラテン文字 BEBETO
基本情報
国籍 ブラジルの旗 ブラジル
生年月日 (1964-02-16) 1964年2月16日(56歳)
出身地 サルヴァドール
身長 173cm
体重 68kg
選手情報
ポジション FW (CF)
利き足 右足
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1980-1982 ブラジルの旗 ヴィトーリア
1983-1989 ブラジルの旗 フラメンゴ 80 (34)
1989-1992 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 53 (28)
1992-1995 スペインの旗 デポルティーボ・ラ・コルーニャ 131 (86)
1996 ブラジルの旗 フラメンゴ 15 (7)
1996-1997 スペインの旗 セビージャ 5 (0)
1997 ブラジルの旗 ヴィトーリア 8 (8)
1997 ブラジルの旗 クルゼイロ 0 (0)
1998-1999 ブラジルの旗 ボタフォゴ 17 (9)
1999 メキシコの旗 トロス・ネサ 8 (2)
2000 日本の旗 鹿島アントラーズ 8 (1)
2000 ブラジルの旗 ヴィトーリア 3 (0)
2001-2002 ブラジルの旗 ヴァスコ・ダ・ガマ 8 (2)
2002 サウジアラビアの旗 アル・イテハド 5 (1)
代表歴
1985-1998[1] ブラジルの旗 ブラジル 75 (39)
監督歴
2009-2010 ブラジルの旗 アメリカ-RJ
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ来歴編集

ブラジルのCRフラメンゴではジーコの後継者と言われ6シーズンを過ごした[3]。当初は活躍できるのか疑問視され、サポーターからブーイングを受けることすらあったが、次第に彼らの心を摑んだ[4]。その後はCRヴァスコ・ダ・ガマで活躍した。

1992-93シーズン、FCバルセロナバイエルンミュンヘンからのオファーを蹴り、1部に昇格したばかりのデポルティーボ・ラ・コルーニャに移籍[3]、1992-93シーズン、開幕戦セルタ戦でゴールを決めるデビューを果たすと、9月13日セビージャ戦、9月10日オサスナ戦まで3試合連続ゴール、10月16日FCバルセロナ戦で決勝ゴール、12月6日から1月27日のラージョ・バジェカーノ戦まで7試合連続ゴールを決め、この間の1月3日RCDエスパニョール戦ではリーガ移籍後初のハットトリックを決めるなど、29ゴールを決めリーガの得点王になった[3]

1993-94シーズン、2月23日アルバセテ・バロンピエ戦でハットトリックを決めるなど、16ゴールを決め、最終節まで首位を走り、勝利すれば優勝というところまで行くが、ラ・コルーニャはバレンシアに対戦、試合中にPKを得たが、PKキッカーを務めていたドナトが既に交代、ベベトがPKを蹴ることを拒否、ジュキッチがこれを外した結果、引き分けに終わり[5]FCバルセロナが勝利したことで逆転優勝を許した。

1994-95シーズン、4月9日のCDテネリフェ戦でハットトリックを決めるなどリーグ戦では16ゴールを決めた。またコパ・デルレイの優勝に貢献した。

1995-96シーズン、10月1日のアルバセテ・バロンピエ戦では一人で5ゴールを決め、12月21日のレアルマドリード戦ではハットトリックを決めるなど、リーグ戦で25ゴールを決めた。在籍中の4シーズンで131試合86ゴールを決める活躍をした。その後フラメンゴに復帰、1996-97シーズンにはセビージャに移籍したが5試合ノーゴールに終わり短期で退団した。

1997年には短期のレンタル移籍でクルゼイロECに加入し、トヨタカップの獲得を目指し、ボルシア・ドルトムントとの試合に先発出場したが0-2と敗れた[6]

1999年ワールドサッカー誌の20世紀の偉大なサッカー選手100人で100位に選出された。

2000年にはジーコからの誘いを受け、サンダーランドからのオファーを断り[6]Jリーグ鹿島アントラーズに入団。大きく注目を集め、本人も入団会見で得点王宣言をするなど活躍が期待されたが、4月1日の横浜F・マリノス戦でJリーグ初ゴールを決めたが[7]、全く水が合わず8試合出場しその1ゴールを挙げたのみで退団した[8]

引退後の2010年、ブラジルのリオデジャネイロ州会議員選挙に立候補し、当選を果たした、その後2度連続して当選した[6]。2012年2月、2014年ブラジルW杯大会組織委員会理事に就任。

代表歴編集

1989年度の南米選手権で6ゴールを決め得点王となり優勝に大きく貢献[3]南米年間最優秀選手賞を受賞、1990年 FIFAワールドカップに出場したが、プレータイムは僅か7分に終わった[9]

1994年アメリカW杯ではロマーリオと2トップを組み、グループリーグのカメルーン戦で1ゴール[9]、決勝トーナメントのアメリカ戦[3]、準々決勝のオランダ戦で1ゴール1アシストを決めるなど、ブラジルの4回目の優勝に貢献。オランダ戦でゴールを決め、自身の子供の誕生を祝うゆりかごダンスを披露した[10]。この時のベベトによるゆりかごダンスが有名になり現在も使われている[2]

1996年にはアトランタ五輪にオーバーエイジとして参加。ポルトガルとの3位決定戦でハットトリックを決めるなど、チームトップとなる大会6得点を挙げ、銅メダル獲得に貢献。

1998年には1998 FIFAワールドカップに出場、グループリーグのスコットランド戦ではセザール・サンパイオのゴールをアシスト[9]モロッコ[9]ノルウェー戦ではゴールを決めると[9]、準々決勝のデンマーク戦では先制点を決めるなど[9]、決勝進出に貢献、決勝ではフランスに敗れて連覇は出来なかった。

家族編集

1994年のワールドカップで披露した「ゆりかごダンス」時に誕生した息子マテウス[2]、父も在籍したCRフラメンゴや、ポルトガルの名門クラブスポルティング・リスボンで活躍している。

その他編集

ロマーリオとベベトが共にプレーした試合におけるブラジル代表は無敗であった[11]

個人成績編集

クラブでの成績編集

出典[12]
国内大会個人成績
年度クラブ背番号リーグ リーグ戦 リーグ杯オープン杯 期間通算
出場得点 出場得点出場得点 出場得点
ブラジル リーグ戦 ブラジル杯オープン杯 期間通算
1982 ヴィトーリア
1983 フラメンゴ 2 0
1984 フラメンゴ 11 5
1985 フラメンゴ 22 9
1986 フラメンゴ 17 5
1987 フラメンゴ 14 6
1988 フラメンゴ 14 9
1989 ヴァスコ・ダ・ガマ 12 6
1990 ヴァスコ・ダ・ガマ 8 1
1991 ヴァスコ・ダ・ガマ 8 3
1992 ヴァスコ・ダ・ガマ 25 18
1992-93 ラ・コルーニャ 37 29
1993-94 ラ・コルーニャ 34 16
1994-95 ラ・コルーニャ 26 16
1995-96 ラ・コルーニャ 34 25
1996 フラメンゴ 15 7
1996-97 セビージャ 5 0
1997 ヴィトーリア 8 8
1997 クルゼイロ 0 0
1998 ボタフォゴ 17 9
1999 ボタフォゴ 0 0
1998-99 トロス・ネサ 8 2
2000 鹿島 8 J1 8 1 0 0 - 8 1
2000 ヴィトーリア 3 0
2001 ヴァスコ・ダ・ガマ 8 2
2002 ヴァスコ・ダ・ガマ 0 0
2002-03 アル・イテハド 5 1
通算 ブラジル 184 88
スペイン 136 86
メキシコ 8 2
日本 J1 8 1 0 0 - 8 1
サウジアラビア 5 1
総通算 341 178

代表での成績編集

出典[1]


ブラジル代表国際Aマッチ
出場得点
1985 6 0
1986 0 0
1987 0 0
1988 0 0
1989 18 10
1990 3 0
1991 5 0
1992 8 7
1993 9 7
1994 11 8
1995 2 2
1996 1 1
1997 3 1
1998 9 3
通算 75 39

代表歴編集

脚注編集

  1. ^ a b “Jose Roberto Gama de Oliveira "Bebeto" - Goals in International Matches”. The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/bebeto-intlg.html 2017年12月7日閲覧。 
  2. ^ a b c “ゆりかごダンス”の生みの親! 鹿島でもプレーした元ブラジル代表FWのゴール-FC
  3. ^ a b c d e 「速さ」で新大陸を飾った男──ベベット-加川サッカーライブラリー
  4. ^ “ジーコの抜けた穴を埋めたベベット。W杯で見せた「悪童」との友情”. sportiva.shueisha.co.jp. (2020年5月4日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/05/04/post_21/index.php 2020年5月5日閲覧。 
  5. ^ Joy of Six: the greatest league title finales-The Guardian
  6. ^ a b c “ゆりかごダンスのベベットは政治家に。秋葉原で買ったPCの思い出”. sportiva.shueisha.co.jp. (2020年5月4日). https://sportiva.shueisha.co.jp/clm/football/jleague_other/2020/05/04/pc/ 2020年5月5日閲覧。 
  7. ^ “ベベット”. data.j-league. https://data.j-league.or.jp/SFIX04/?player_id=6174 2020年4月16日閲覧。 
  8. ^ “Jリーグ歴代ガッカリ外国人選手5人 本領発揮できずに退団した各国代表級の助っ人たち”. footballchannel.jp. (2020年3月17日). https://www.footballchannel.jp/2020/03/17/post299221/3/ 2020年4月16日閲覧。 
  9. ^ a b c d e f “Bebeto national team”. www.transfermarkt. https://www.transfermarkt.co.uk/bebeto/nationalmannschaft/spieler/26541 2020年5月5日閲覧。 
  10. ^ WORLD CUP '94; For Now, Just Call It a Truce-THe New York times
  11. ^ Бебето: През 94-а България имаше потенциал за световната титла -G13NG
  12. ^ Bebeto”. National-Football-Teams.com. 2017年12月7日閲覧。