ジョチ・チャウルカン

モンゴル帝国の人物、トランギト・ジャライル氏族長

ジョチ・チャウルカンモンゴル語: J̌öči ča'urqan,中国語: 朔魯罕,? - ?)とは13世紀初頭のトランギト・ジャライル氏族長で、チンギス・カンに仕えてモンゴル帝国千人隊長となった人物。

元史』などの漢文史料では朔魯罕(shuòlŭhǎn)、『集史』などのペルシア語史料ではجوچی جاورقای(jūchī jāūrqāī)と記される。

概要編集

『集史』「ジャライル部族志」によると、かつて強大であったジャライル・ウルスはある時モンゴル・ウルスと戦争になってメネン・トドンら主立った者を殺したが、唯一生き残ったメネン・トドンの息子カイドゥ(チンギス・カンの先祖)がモンゴル・ウルスを再興し、更にジャライル・ウルスを征服してモンゴルの隷属民にしたという[1]。『集史』「チンギス・カン紀」によると、ジョチ・チャウルカンらの先祖はこの時カイドゥの捕虜となり、キヤト・ボルジギン氏の隷属民となった家系であったという[2]

『元史』によると、チャウルカンの父はコゴチャ(Qoγoča>豁火察/huōhuŏchá)といい、チンギス・カンに仕えて戦では精兵を率い常に先鋒を務めていたという[3]。コゴチャの息子がジョチ・チャウルカン、ジョチ・ダルマラ兄弟であった[4]

チャウルカンも父のコゴチャと同様にチンギス・カンに仕えたが、ある時讒言にあってチンギス・カンに見えることができなくなってしまった。そこでチャウルカンはチンギス・カンが外出するのを見計らって直訴して「私は本当は無罪なのです。もし私に罪があるというのならすぐに殺して下さい。地下で先帝たちに従いましょう。そうでなければ、私をお許し下さい」と述べ、チンギス・カンは笑ってチャウルカンを許し再び登用したという。1206年にモンゴル帝国が建国されるとチャウルカンはチンギス・カンより千人隊長に任じられ、『モンゴル秘史』の功臣表では45位に列せられた[5]

1211年、モンゴル帝国による金朝遠征が始まると、緒戦の野孤嶺の戦いでチャウルカンは流れ矢に当たりながらも奮戦し、金朝軍を破った。戦後、自陣に帰ったチャウルカンは矢を抜いたが出血のため昏倒してしまった。チンギス・カンは自ら薬をもってチャウルカンを見舞ったが、遂にチャウルカンが再び立つことはなかった。チンギス・カンは自らの片腕とも言うべきチャウルカンが亡くなったことを嘆き、その家族に馬400匹及び錦綺を与えた[6]

チャウルカンの死後、息子のテムデイがチャウルカンの地位を継いだ。テムデイはオゴデイ・カーンにより華北方面のタンマチ司令官に任ぜられ、これ以後テムデイの家系は代々この軍団の司令官を務めるようになった[7]

トランギト・ジャライル部編集

  • コゴチャ(Qoγoča >豁火察/huōhuŏchá)

脚注編集

  1. ^ 志茂2013,513-514頁
  2. ^ 志茂2013,525頁
  3. ^ 『元史』巻131列伝18奥魯赤伝「曾祖豁火察、驍果善騎射、太祖出征、毎提精兵為前駆」
  4. ^ 志茂2013,517頁
  5. ^ 村上1972,375頁
  6. ^ 『元史』巻131列伝18奥魯赤伝「祖朔魯罕、有胆力、嘗被讒不許入見、一日俟駕出、趨前曰『臣無罪。若果有罪、速殺臣、臣将従先帝於地下。不然赦臣、願得自效』。帝笑而復用之。辛未、与金人戦於野孤嶺、中流矢、戦愈力、克之。既還、抜矢、血出昏眩。帝親撫視、傅以薬、竟不起。帝悲悼曰『朔魯罕朕之一臂、今亡矣』。賜其家馬四百匹、錦綺万段」
  7. ^ 松田1987年、41頁

参考文献編集

  • 志茂碩敏『モンゴル帝国史研究 正篇』東京大学出版会、2013年
  • 松田孝一「河南淮北蒙古軍都万戸府考」『東洋学報』68号、1987年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 2巻』平凡社、1972年
  • 村上正二訳注『モンゴル秘史 3巻』平凡社、1976年