ジョナサン・グレイザー

ジョナサン・グレイザー:Jonathan Glazer, 1965年3月26日 - )は、イギリス映像作家。主に映画CMミュージック・ビデオを手がける[1]

ジョナサン・グレイザー
Jonathan Glazer
Jonathan Glazer
2023年
生年月日 (1965-03-26) 1965年3月26日(59歳)
出生地 イングランドの旗 イングランド ロンドン
国籍 イギリスの旗 イギリス
職業 映画監督CMディレクターミュージック・ビデオ・ディレクター
ジャンル 映画CMミュージック・ビデオ
主な作品
アンダー・ザ・スキン 種の捕食
関心領域
 
受賞
アカデミー賞
国際長編映画賞
2023年関心領域
カンヌ国際映画祭
グランプリ
2023年『関心領域』
国際映画批評家連盟賞
2023年『関心領域』
全米映画批評家協会賞
監督賞
2023年『関心領域』
ロサンゼルス映画批評家協会賞
監督賞
2023年『関心領域』
英国アカデミー賞
英国作品賞
2023年『関心領域』
非英語作品賞
2023年『関心領域』
その他の賞
テンプレートを表示

来歴 編集

1965年3月26日ロンドンで生まれる[2]ノッティンガム・トレント大学を卒業後[2]、多くのCMミュージック・ビデオの演出を手がける[1]

1996年、ジャミロクワイの楽曲ヴァーチャル・インサニティの監督を務める。このビデオは大きな話題となりジャミロクワイの代表作品となった。翌年1997年9月に行われたMVT授賞式では10部門にノミネートされてそのうち4冠を達成した。詳細は「ヴァーチャル・インサニティ」参照。ジャミロクワイがこの楽曲の次にリリースした「コズミック・ガール」の監督としても当初は候補に挙がっていたが、様々な理由からグレイザーではなく別の人物が監督になった。

2000年、長編『セクシー・ビースト』で映画監督としてデビュー[1]。本作に出演したベン・キングズレーアカデミー助演男優賞にノミネートされる等の評価を得た。2004年にはニコール・キッドマンを主演として起用した『記憶の棘』が[3]第61回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門に出品された[4]

2013年スカーレット・ヨハンソンが主演を務めた9年ぶりの長編監督作となるSF映画アンダー・ザ・スキン 種の捕食』が[5]第70回ヴェネツィア国際映画祭のコンペティション部門で上映され[6]、その際には賛否両論を巻き起こしたが[7]、翌年に公開されると英ガーディアン紙が選ぶ2014年映画ベスト10の第1位を獲得[8]。また、フランスの「カイエ・デュ・シネマ」誌が選ぶ2014年の映画トップ10では第3位にランクインし[9]、2019年に発表された同誌が選ぶ2010年代トップ10でも第9位[10]となった。

2023年、10年の製作期間を要した『関心領域』がカンヌ国際映画祭にてグランプリFIPRESCI賞を受賞[11]第96回アカデミー賞では、作品賞を含む5部門にノミネートされ、自身も監督賞脚色賞の候補となり、作品は国際長編映画賞を受賞した。

作品 編集

映画 編集

ミュージックビデオ 編集

脚注 編集

  1. ^ a b c Jonathan Glazer”. Academy Films. 2014年10月4日閲覧。
  2. ^ a b Glazer, Jonathan (1965-)”. BFI Screenonline. 2014年10月4日閲覧。
  3. ^ Birth (2004)”. IMDb. 2014年10月4日閲覧。
  4. ^ Venice Film Festival (2004)”. IMDb. 2014年10月4日閲覧。
  5. ^ Under the Skin (2013)”. IMDb. 2014年10月4日閲覧。
  6. ^ Venezia 70”. Biennale. 2014年10月4日閲覧。
  7. ^ 映画「アンダー・ザ・スキン 種の捕食」公式サイト”. Official. 2014年10月4日閲覧。
  8. ^ 英ガーディアン紙が選ぶ2014年の映画ベスト10”. 映画.com (2014年12月31日). 2015年1月5日閲覧。
  9. ^ “仏カイエ・デュ・シネマ誌が選ぶ2014年の映画ベスト10 5位に「風立ちぬ」”. 映画.com. (2014年12月7日). https://eiga.com/news/20141207/14/ 2014年12月8日閲覧。 
  10. ^ Top Ten 2010s, December 2019 n°761 ”. Official. 2019年10月4日閲覧。
  11. ^ (英語) FESTIVAL DE CANNES Awards 2023, https://www.festival-cannes.com/en/awards/ 2023年5月29日閲覧。 

外部リンク 編集