ジョナサン・デミ

アメリカの映画監督

ジョナサン・デミJonathan Demme、本名:Robert Jonathan Demme、1944年2月22日 - 2017年4月26日[2])は、アメリカ合衆国映画監督映画プロデューサー脚本家

ジョナサン・デミ
Jonathan Demme
ジョナサン・デミ Jonathan Demme
本名 Robert Jonathan Demme
生年月日 (1944-02-22) 1944年2月22日
没年月日 (2017-04-26) 2017年4月26日(73歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ニューヨーク州ロングアイランド
死没地 ニューヨーク州[1]
職業 映画監督
著名な家族 テッド・デミ(甥)
主な作品
メルビンとハワード
羊たちの沈黙
フィラデルフィア
レイチェルの結婚
 
受賞
アカデミー賞
監督賞
1991年羊たちの沈黙
ヴェネツィア国際映画祭
国際映画批評家連盟賞
2007年草原の男
ベルリン国際映画祭
銀熊賞(監督賞)
1991年『羊たちの沈黙』
全米映画批評家協会賞
ドキュメンタリー映画賞
1984年ストップ・メイキング・センス
ニューヨーク映画批評家協会賞
監督賞
1980年メルビンとハワード
1991年『羊たちの沈黙』
ブルーリボン賞
外国語作品賞
1991年『羊たちの沈黙』
その他の賞
テンプレートを表示

来歴編集

ニューヨーク州ボールドウィン出身。映画監督のテッド・デミは甥にあたる。フロリダ大学で獣医学を学ぶが、自分の能力に限界を感じ、中退する。大学在学中に学内新聞の映画評を執筆した経験を生かそうと、地方新聞の職を得るが、父親の紹介で映画会社の宣伝マンとなり、数年間働く。その仕事を通じてロジャー・コーマンと出会い、1971年から1976年までコーマンの下で働く。

初期はプロデュースや共同執筆をし、ロジャー・コーマン監督作品の『レッド・バロン』に参加し、インディーズ映画の監督となる。コーマンの設立した低予算インディペンデント製作会社ニューワールド・ピクチャーズで1974年『女刑務所/白昼の暴動』で映画監督デビューし、1976年の『怒りの山河』まで3本の映画をここで撮った。

続く1980年公開の『メルビンとハワード』でニューヨーク映画批評家協会賞監督賞を受賞。1984年公開の『ストップ・メイキング・センス』で全米映画批評家協会賞ドキュメンタリー映画賞を受賞。

1991年公開の『羊たちの沈黙』でベルリン国際映画祭監督賞アカデミー監督賞をダブル受賞。作品賞監督賞脚本賞主演男優賞主演女優賞の5部門を制覇した3本の映画の一本、及びホラー映画としては2022年現在に至るまで唯一のアカデミー作品賞受賞作となる。その2年後には『フィラデルフィア』を発表し、こちらも高い評価を得た。

ドキュメンタリー映画も10本以上撮っており、2007年のジミー・カーター元大統領を取り上げた『Man from Plains』ではヴェネツィア国際映画祭バイオグラフィルム賞を受賞した。

『羊たちの沈黙』のインパクトが強すぎたせいで、低迷期には一発屋と揶揄されることもあったが、2008年公開の『レイチェルの結婚』はヴェネツィア国際映画祭に出品され高い評価を受けた。

2017年4月26日、食道がん心臓病の合併症により死去。73歳没[2][3]

主な監督作品編集

脚注編集

  1. ^ Eric Kohn; Zack Sharf (2017年4月26日). “Jonathan Demme, Oscar-Winning Director of ‘Silence of the Lambs,’ Dies At 73” (English). IndieWire. 2017年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月27日閲覧。
  2. ^ a b 「羊たちの沈黙」監督ジョナサン・デミが73歳で死去”. 映画ナタリー. ナターシャ (2017年4月27日). 2017年4月26日時点のオリジナル[リンク切れ]よりアーカイブ。2017年4月27日閲覧。
  3. ^ ジョナサン・デミ監督死去 「羊たちの沈黙」」『J-CASTニュースlivedoor ニュース、2021年4月27日。2021年9月18日閲覧。オリジナルの2020年2月6日時点におけるアーカイブ。

関連項目編集

外部リンク編集