メインメニューを開く

ジョニー・アダムス (Johnny Adams, 1932年1月5日 - 1998年9月15日)は、米国ルイジアナ州ニューオーリンズを拠点に活動したR&B歌手。本名は、ラテン・ジョニー・アダムス・ジュニア。その美しいファルセットを効かせた声から、黒いカナリヤ (The Tan Canary)の愛称で親しまれた。

ジョニー・アダムス
JohnnyAdams1997.jpg
Johnny Adams, 1997
基本情報
出生名 Laten John Adams, Jr.
生誕 1932年1月5日
出身地 米国ルイジアナ州ニューオーリンズ
死没 米国ルイジアナ州バトンルージュ
1998年9月15日
ジャンル R&Bブルース
職業 シンガー
活動期間 1959年 - 1998年
レーベル リック・レコード
SSSレコード
ヘップミー・レコード
ラウンダー・レコード

目次

来歴編集

ソウル・リヴァイヴァーズ、ベシー・グリフィン&ハー・ソウル・コンソリデーターズなどのゴスペル・グループの歌手として活躍した後、1959年、リック・レーベルから"I Won't Cry"でデビュー。リックのほか、60年代にはウォッチ、ゴーンなどの地元レーベルからもシングルをリリースしている。特にSSSレーベルの"Release Me"(1968年)はカントリー色を押し出したバラードで、彼の代表曲のひとつに数えられる。

彼の名前が広く知られるようになるのは、1984年ラウンダー・レコードからの1作目「From The Heart」をリリースしてからになる。以降は、以降亡くなるまで同レーベルに所属し、計9枚のアルバムをリリースした。1986年には、アール・キングとともに来日公演も行っている。

1997年に前立腺ガンに侵されていることが判明する。闘病生活に入るが、その後も彼のために企画されたトリビュート・コンサートなどには姿を現した。翌1998年春のニューオーリンズ・ジャズ&ヘリテッジ・フェスティバルにも出演した。同年夏には、闘病中にレコーディングを重ねたアルバム「Man Of My Word」をリリースする。同作は、病魔を忘れさせるような渾身の作であったが、アルバム・リリース約1ヵ月後の9月15日、アダムスはバトンルージュ市の病院で亡くなった。66歳だった。

ディスコグラフィー編集

オリジナル・アルバム編集

  • 1969年 「Heart & Soul」 (SSS)
  • 1976年 「Stand By Me」 (Chelsea)
  • 1978年 「After All The Good Is Gone」 (Ariola)
  • 1984年 「From The Heart」 (Rounder)
  • 1986年 「After Dark」 (Rounder)
  • 1988年 「Room With A View Of The Blues」 (Rounder)
  • 1989年 「Walking On A Tighrope: The Songs Of Percy Mayfield」 (Rounder)
  • 1991年 「The Real Me: John Adams Sings Doc Pomus」 (Rounder)
  • 1993年 「Good Morning Heartache」 (Rounder)
  • 1995年 「The Verdict」 (Rounder)
  • 1996年 「One Foot In The Blues」 (Rounder)
  • 1998年 「Man Of My Word」 (Rounder)

編集盤編集

  • 1976年 「Reconsider Me: Golden Classics Edition」 (Collectables)
  • 1991年 「I Won't Cry (early recordings) 」(Rounder)
  • 1994年 「Best Of New Orleans Rhythm & Blues Volume One」 (Mardi Gras)
  • 2001年 「Released: A Memorial Album」 (RPM)
  • 「Reconsider Me」 (Charly)
  • 「Christmas In New Orleans」 (Hep Me)
  • 「The Many Sides Of Johnny Adams」 (Hep Me)
  • 「Sweet Country Voice Of Johnny Adams」 (Hep Me)
  • 「Old Flames」 (P-Vine)

外部リンク編集