ジョバンニ・ラバッジGiovanni Lavaggi1958年2月18日 - )は、イタリア出身の元レーシングドライバー1995年1996年F1世界選手権に参戦した。

ジョバンニ・ラバッジ
基本情報
国籍 イタリアの旗 イタリア
出身地 同・シチリア州アウグスタ
生年月日 (1958-02-18) 1958年2月18日(66歳)
F1での経歴
活動時期 1995 - 1996
所属チーム '95 パシフィック
'96 ミナルディ
出走回数 10 (7 starts)
タイトル 0
優勝回数 0
表彰台(3位以内)回数 0
通算獲得ポイント 0
ポールポジション 0
ファステストラップ 0
初戦 1995年ドイツGP
初勝利 -
最終勝利 -
最終戦 1996年日本GP
テンプレートを表示

経歴

編集

キャリア初期はオートバイモトクロスレースに出場していた。

インターセリーでは名の知れた名ドライバーであり、1993年にチャンピオンに輝くなど1990年代を主に活躍。1995年にはデイトナ24時間レースで初優勝を挙げている。

フォーミュラカーでは、1991年の国際F3000選手権に参戦。1992年フォーミュラ1マーチとテストドライバー契約。1995年には運営資金が枯渇していたパシフィック・ロータスに40万ドルのスポンサー資金を持ち込み、チーム運営者の一人でもあるベルトラン・ガショーのシートを買う形で第8戦イギリスGPからのスポット参戦契約をした[1]。しかしFIAはラバッジのF1マシンでの走行実績が乏しいとしてスーパーライセンスの発給を拒否。定められた走行距離のテスト走行を経て、第9戦ドイツGPでライセンスが発給されてデビューした。しかし第11戦ベルギーGPを除く3戦で予選最下位と結果を残せず、第12戦イタリアGPを最後にシートを失った。

1996年、シーズン後半にミナルディにスポンサーを持ち込み、ジャンカルロ・フィジケラのシートを買う形で再度F1に参戦。2度の完走を果たすも出走した6戦全戦で予選最下位、うち3戦で予選落ちを喫した。同年のフィジケラが非力なミナルディで高い評価を得ていたイタリア期待の新人だったことから、イタリアメディアでは「チームの財政問題から38歳のラバッジと交代することになったが、才能という点でこの男はフィジケラの敵ではないだろう。」と報じられた[2]

2007年からは自らのチームを立ち上げ、ル・マン・シリーズに参戦した。

レース戦績

編集

ル・マン24時間レース

編集
チーム コ・ドライバー 使用車両 クラス 周回 総合順位 クラス順位
1989年   ポルシェ・クレマー・レーシング   高橋国光
  ブルーノ・ジャコメリ
ポルシェ・962C C1 303 DNF DNF
1990年   チーム デイビー   マックス・コーエン・オリヴァー
  ティム・リー・デイヴィー
C1 306 19位 19位
1992年   ポルシェ・クレマー・レーシング   マヌエル・ロイター
  ジョン・ニールセン
ポルシェ・962 CK6 C3 334 7位 2位
1993年   ユルゲン・ラシック
  ウェイン・テイラー
C2 328 12位 7位
2000年   レプソル レーシング・エンジニアリング   トーマス・サルダーニャ
  ヘレス・ディデェ・ビジャミル
ポルシェ・911 GT3 GT 78 DNF DNF

国際F3000選手権

編集
エントラント シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 順位 ポイント
1991年 クリプトン・エンジニアリング レイナード 91D コスワース DFV VLL
DNQ
PAU
DNQ
JER
DNQ
MUG
DNQ
PER
Ret
NC 0
ロニ・モータースポーツ ラルト RT23 コスワース DFV HOC
DNQ
BRH
DNQ
SPA
DNQ
BUG
DNQ
NOG
12

PPGインディカー・シリーズ

編集
チーム シャーシ エンジン 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 順位 ポイント Ref
1994年 ユーロモータースポーツ ローラ・T93/00 イルモア SRF PHX LBH INDY MIL DET
DNQ
POR 38位 0 [3]
Leader Cards Racers CLE
30
TOR MCH MDO NHA VAN ROA
15
NAZ LS
DNQ
Sources:MMagResults[4]

(key)

チーム シャーシー 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 WDC ポイント
1995年 パシフィック PR02 BRA ARG SMR ESP MON CAN FRA GBR GER
Ret
HUN
Ret
BEL
Ret
ITA
Ret
POR EUR PAC JPN AUS NC 0
1996年 ミナルディ M195B AUS BRA ARG EUR SMR MON ESP CAN FRA GBR GER
DNQ
HUN
10
BEL
DNQ
ITA
Ret
POR
15
JPN
DNQ
NC 0

脚注

編集
  1. ^ PACIFIC 資金面も厳しい戦いの連続 F1グランプリ特集 46頁 ソニーマガジンズ 1995年9月16日発行
  2. ^ ミナルディ、フィジケラに代ってラバッジを起用 オートスポーツ No.709 34頁 1996年9月1日発行
  3. ^ Giovanni Lavaggi – 1994 CART Results”. Racing-Reference. NASCAR Digital Media, LLC. 2023年8月15日閲覧。
  4. ^ Giovanni Lavaggi”. Champ Car Stats. 2023年6月11日閲覧。