メインメニューを開く

ジョフロワ1世・ド・ヴィルアルドゥアン

ジョフロワ1世・ド・ヴィルアルドゥアン(Geoffroi I de Villehardouin, 1170年頃/1175年頃 - 1228年)はフランスシャンパーニュ騎士第4回十字軍参加者、第2代アカイア公(在位:1208年 - 1228年)。叔父にあたる同名の歴史家ジョフロワ・ド・ヴィラルドゥアンと区別して「小ジョフロワ」と呼ばれる事もある。

第4回十字軍の一団に同行し、本隊とは別にシリアへ先行。本隊のコンスタンティノポリス攻略を聞き知りそちらに向かうも、ペロポネソス半島メソニに漂着。土着ギリシア人有力者に招かれ、ペロポニソス征服に乗り出すが、1205年、その有力者が死に、彼の息子が敵対したため、当時中央ギリシアに遠征中のモンフェッラート侯ボニファーチョ1世に救援を依頼し、彼の許から派遣されたギヨーム1世・ド・シャンリットを頭として半島征服を開始。

1208年頃、シャンリットの帰国に伴い、アカイア公国の支配権を掌握。ラテン帝国皇帝アンリ・ド・エノーに従い、その封臣として正式に第2代アカイア公となる。半島の征服を継続し、1209年から1210年にかけて、土着ギリシア人有力者レオン・スグロスの籠城するアクロコリントスコリントスアクロポリスの事)を攻略(スグロスは崖から身を投げ自害)。この時ジョフロワが建設した天守閣の塔が、現在もアクロコリントスに残る。

ジョフロワ1世の時代にペロポネソス半島の大半がアカイア公の支配下に入るが、半島南端のモネムヴァシア、マニ、タイゲトス山中に潜むスラヴ人部族メリング族の征服は後代に委ねられた。

先代:
ギヨーム1世
アカイア公
第2代:1208年 - 1228年
次代:
ジョフロワ2世