メインメニューを開く

ジョルジュ・ウィルソンGeorges Wilson, 1921年10月16日[2] - 2010年2月3日 )はフランス俳優

ジョルジュ・ウィルソン
Georges Wilson
生年月日 (1921-10-16) 1921年10月16日
没年月日 (2010-02-03) 2010年2月3日(88歳没)
出生地 フランスの旗 フランスシャンピニー=シュル=マルヌ
死没地 フランスの旗 フランスランブイエ
民族 アイルランド系フランス人[1]
職業 俳優
ジャンル 映画・テレビ
活動期間 1946年 - 2008年
著名な家族 ランベール・ウィルソン(息子)

目次

来歴編集

1921年10月16日[2]10月7日とする資料もある[3][4])にシャンピニー=シュル=マルヌで生まれる。父親はアイルランド系のミュージシャン[1]。ウィルソンという姓は、彼のアイルランド人の祖母の姓である[要出典]。大学入学資格を取ってから、ピエール・ルノワールについて演劇を学ぶ。その後、国立民衆劇場に属し、『女の学校』や『アンチゴーヌフランス語版英語版』などの舞台に出演。1952年に映画デビューし、1959年ごろから本格的に映画俳優として活躍した。代表作に1961年の『かくも長き不在』などがある。

息子のランベール・ウィルソンも俳優となり、1989年にはランベールが主演した映画『La Vouivre』の監督を務める。

2010年2月3日、88歳で死去した。

主な出演作品編集

参考文献編集

外部リンク編集