ジョルジョ・スコラーリ

ジョルジョ・スコラーリイタリア語: Giorgio Scolari1952年 - )は、現代クレモナを代表するヴァイオリン製作者、またヴァイオリン製作におけるすぐれた指導者でもあり、多数の後進を輩出している。

ジョルジョ・スコラーリ
Photo G scolari.jpg
Giorgio Scolari
基本情報
出生名 Giorgio Scolari (イタリア語)
ジョルジョ・スコラーリ (日本語)
生誕 1952年
出身地 イタリアの旗 イタリアクレモナ、カザルブッターノ(Casalbuttano)
職業 ヴァイオリン製作家

人物編集

1952年1月5日、クレモナのカザルブッターノ(it:Casalbuttano)に生まれる。

クレモナのヴァイオリン製作学校(I.P.I.A.L.L.)に通い、ピエトロ・ズガラボット及びジョ・バッタ・モラッシーに習い、1970年に卒業。

1970年から1976年にかけてジョ・バッタ・モラッシーの工房で働き、その後トレッキ通りに自身の最初の工房を開設。現在ではヴィルジリオ通り1(Via Virgilio,1)に弟のダニエレ・スコラーリと共同で新しい工房をかまえる。 1974年からヴァイオリン製作学校で教鞭を執り、40年以上にわたり世界各地に数多くの生徒を送りだしている。そして、ヴァイオリン製作学校における最高責任者でもある。

また、クレモナで数々の要職に就いている。

Cordinatore dei corsi professionalizzanti del progetto"Intesa Stato/Regione"

Cordinatore degli stages presso le botteghe di liuteria di Cremona

Presidente del Gruppo Liutai di Confartigianato della Provincia di Cremona

Presidente del Consorzio Liutai "Antonio Stradivari"di Cremona

彼の作品は、過去の偉大なクレモナの巨匠達からインスピレーションを受けている。アマティストラディヴァリグァルネリ等のモデル、とりわけ個人的なモデルなど。最大の音響効果を得るために、木材の選択、木取りおよび彫刻に関しての具体的な評価、表板と裏板の厚みに特に注意を払われて作られており、ニスは、天然樹脂で構成され、黄色の下地の上に、明るくやわらかで透明なオレンジ~赤で、木目の美しさが強調されている。

主にヴァイオリン・ヴィオラ・チェロを製作し、要望があれば、コントラバスヴィオラ・ダ・ガンバ 、ギターリュートなどの弦楽器も製作する。彼はまた、レオナルド・ダ・ヴィンチが発明した、馬の頭蓋骨の形のリラ・ダ・ブラッチョの復元を行った。

賞歴編集

1971年第4回クレモナ・ビエンナーレ ゴールドメダル

1974年第2回バニャカバッロ製作コンクール ゴールドメダル

1976年第1回クレモナ・トリエンナーレ ANLAIゴールドメダル

参考文献編集

  • LIUTERIA CREMONESE CONTEMPORANEA featuring47makers