ジョルジョ・ナポリターノ

ジョルジョ・ナポリターノイタリア語: Giorgio Napolitano1925年6月29日 - )は、イタリア政治家大統領(第11代)。

ジョルジョ・ナポリターノ
Giorgio Napolitano
Presidente Napolitano.jpg

任期 2006年5月15日2015年1月14日
閣僚評議会議長 シルヴィオ・ベルルスコーニ
ロマーノ・プローディ
シルヴィオ・ベルルスコーニ
マリオ・モンティ
エンリコ・レッタ
マッテオ・レンツィ

イタリアの旗 イタリア共和国
Emblem of Italy.svg 第32代内相
任期 1996年5月17日1998年10月21日
首相 ロマーノ・プローディ
内閣 第1次ロマーノ・プローディ内閣

任期 1992年6月3日1994年4月14日
大統領 オスカル・ルイージ・スカルファロ

出生 (1925-06-29) 1925年6月29日(95歳)
イタリア王国の旗 イタリア王国
カンパニア州ナポリ県ナポリ
政党 イタリア共産党 (1945-1991)
左翼民主党 (1991-1998)
左翼民主主義者 (1998-2006)
無所属 (2006-現在)
署名 Giorgio Napolitano signature.svg

内務大臣(第1次ロマーノ・プローディ内閣)、代議院議長、元老院議員(終身)、代議院議員(11期)、イタリア共産党(PSI)代議院議員団長を歴任。

概要編集

カンパニア州ナポリ県ナポリ出身。ナポリ大学法学部卒業。

舞台芸術に関心を持ち、ナポリの小劇場で俳優として舞台活動を行う。また「トマッゾ・ピニヤッチェリ」のペンネームで、ナポリ方言のソネット集を出版している。

第2次世界大戦中は、イタリア民主共和党員として、イタリアのファシスト党支配に対抗するべく、レジスタンス活動に参加していた。

1945年にイタリア共産党に入党し、ナポリの共産党青年団の指導者として活動した。1953年、ジョルジョ・アメンドラの後継者として代議院(下院)選挙に出馬、当選した。1967年に共産党の指導部委員(幹部会員)および書記局員になった[1]欧州連合の父の一人[2]となった共産党系会派・共産主義グループ所属[3]欧州議会議員アルティエロ・スピネッリとは盟友であり、何度か演説でも触れ、スピネッリの評伝も書いている[4]

2006年、大統領に就任。初の共産党出身の大統領であった。任期が切れる2013年5月をもって退任する予定であったが、2013年イタリア総選挙の結果、議会は混乱を極め、後任候補として浮上したフランコ・マリーニ元上院議員やロマノ・プローディ元首相らは、ことごとく議会の上下両院合同会議において大統領選出に必要な票数を獲得できなかった[5][6]

このため現職続投との声が上がるが、ナポリターノ本人は87歳という高齢でもあったため当初これを固辞した。しかし、議会各派指導者たちがこぞって大統領再任を要請したためついにこれを受諾し、4月20日に6回目の大統領選出投票で再選された。2期目を務めるイタリア大統領は彼が初めてである[7]

ウンベルト2世に身体的な特徴が似ており、行儀が慎重なことから、「ウンベルト王」という渾名をつけられていた。また、共産主義者であった事から「赤い王子」とも呼ばれていた。

歴史問題についても積極的に発言しており、第2次大戦中の1943年から1945年にかけて、ユーゴスラヴィアイストリアダルマツィアで行われたイタリア人住民に対する集団虐殺と「フォイベ」と呼ばれる洞穴への虐殺体遺棄、さらにイタリア人が強制追放されたことに言及した際には、クロアチア政府から抗議があった[8]。2009年ダン・デイヴィッド賞受賞。

略歴編集

 
ジョルジョ・ナポリターノ
  • 1945年 - イタリア共産党入党
  • 1953年 - 代議院議員選挙(イタリア共産党公認)当選。
  • 1981年 - 党代議院議員団議長就任。
  • 1986年 - 代議院対外政策・国際問題委員会議長就任。
  • 1989年 - 欧州議会議員当選。
  • 1992年 - 代議院議長就任。
  • 1994年 - 代議院放送分野再編特別委員会議長就任。
  • 1996年 - 内務大臣(第1次ロマーノ・プローディ内閣)就任。
  • 1999年 - 欧州憲法委員会議長就任。
  • 2005年 - 元老院議員(終身)就任。
  • 2006年 - 大統領就任。
  • 2013年 - 大統領選挙で再選。
  • 2015年 - 1月14日付で大統領を退任。

脚注編集

  1. ^ 山崎功「訳者あとがき」204頁(『イタリア共産党との対話』、岩波新書、1976年)
  2. ^ The Founding Fathers of the EU”. 欧州連合. 2014年2月16日閲覧。
  3. ^ Altiero SPINELLI”. Europa. 2016年1月1日閲覧。
  4. ^ GiorgioNapolitano,AltieroSpinelliel・Europa,ilMulino,2007
  5. ^ “伊民主党、大統領にプローディ氏擁立-妥協策を断念”. bloomberg.co.jp (ブルームバーグ). (2013年4月19日). http://www.bloomberg.co.jp/news/123-MLH60J6K50ZP01.html 2013年4月20日閲覧。 
  6. ^ “議会、第1回投票で大統領選出できず マリーニ元上院議長の得票数必要数下回る”. ロイター (ロイター). (2013年4月18日). http://jp.reuters.com/article/marketsNews/idJPJT837362320130418 2013年4月20日閲覧。 
  7. ^ “伊大統領、異例の続投…6回目投票で再選”. 読売新聞. (2013年4月20日). http://www.yomiuri.co.jp/world/news/20130420-OYT1T00847.htm 2013年4月20日閲覧。 
  8. ^ http://senese.cocolog-nifty.com/koukishin/2007/02/post_56be.html

文献編集

  • エリック・J. ホブズボームとの共著『イタリア共産党との対話』 山崎功訳、岩波書店〈岩波新書〉、1976年
    Giorgio Napolitano "Intervista Sul PCI", a cura di Eric J. Hobsbawm, Larerza 1976.

関連項目編集

外部リンク編集

公職
先代:
カルロ・アツェリオ・チャンピ
  大統領
第11代:2006 - 2015
次代:
セルジョ・マッタレッラ
先代:
ジョヴァンニ・リナルド・コロナス (en)
  内相
第32代:1996 - 1998
次代:
ローザ・ルッソ・イェルボリーノ (en)
議会
先代:
オスカル・ルイージ・スカルファロ
  代議院議長
1992 - 1994
次代:
イレーネ・ピヴェッティ (en)