メインメニューを開く

ジョン・ウィリアムズ (ギター奏者)

ジョン・クリストファー・ウィリアムズJohn Christopher Williams, 1941年4月24日 - )[1][2]は、オーストラリア出身のクラシック・ギター奏者。メルボルンで生まれ、その後ギタリストである父の出身地イギリスに移住した。小さい頃から教えられたギターをロンドンの王立音楽大学や、夏の間はイタリア・シエナの音楽アカデミア"Chigiana"でアンドレス・セゴビアに学んだ。イギリス在住。アメリカの高名な作曲家であるジョン・ウィリアムズ同姓同名の別人であり、注意を要する[3]

アンドレス・セゴビアに賞賛されてデビューし、武満徹作曲の「オーストラリアから」をロンドン・シンフォニエッタとともに演奏しCDを発売、またJazzフュージョングループ“SKY”で演奏するなど、ポップス系の音楽活動も行ってきた。商業的な意味では、現在世界的に最も成功しているクラシック・ギタリストである。中国の女性ギタリスト、スーフェイ・ヤンに自身が所有するスモールマン・ギターを貸与するなど、後進の援助にも取り組んでいる。

目次

姓の日本語表記について編集

専属契約先であるソニー・クラシカルでは、全てのCDで姓の表記を「ウィリアムス」としている。

ディスコグラフィ編集

ロドリーゴアランフェス協奏曲 他(SRCR-2608/アルバム/2000年11月1日)

ソロ編集

  • 映画『ディア・ハンター』(1978年、アメリカ)のテーマ曲「カヴァティーナ」(Cavatina)の演奏が有名。

スカイ編集

  • SKY - スカイ/プラネット・モザイク
  • スカイ2
  • スカイ3
  • スカイ4
  • スカイ5ライブ

その他編集

  • 月とカマキリ〜ギター・デュオ曲集 (SRCR1676) ジョン・ウィリアムス&ティモシー・ケイン

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ Introduction - John Williams” (英語). Askonas Holt. Askonas Holt Limited. 2019年1月2日閲覧。
  2. ^ Richard Sliwa. “John Williams, Guitar: Biography 1940s, 1950s, 1960s” (英語). Plum Cream. 2019年1月2日閲覧。
  3. ^ 両名とも、この件をしばしばネタにしている。

外部リンク編集