ジョン・ウォロップ (初代ポーツマス伯爵)

初代ポーツマス伯爵ジョン・ウォロップ英語: John Wallop, 1st Earl of Portsmouth1690年4月15日1762年11月22日)は、グレートブリテン王国の政治家、貴族。

生涯編集

ジョン・ウォロップ(John Wallop)とアリシア・ボーレイス(Alicia Borlaseウィリアム・ボーレイス英語版の娘)の三男として、1690年4月15日に生まれた[1]。1707年10月30日に兄ブルエット(Bluett)から家領を継承した後、1708年にイートン・カレッジで、1708年から1709年までジュネーヴ大学で教育を受けた後、1710年にグランドツアーに出てイタリアとドイツを旅した[2]。また、1708年に志願兵としてにアウデナールデの戦いに参戦した[3]

1715年イギリス総選挙ホイッグ党の候補としてハンプシャー選挙区英語版から出馬、当選を果たした[2]アンドーヴァー選挙区英語版でも当選したが、ハンプシャー選挙区の代表として議員を務めることを選択した[4])。アンドーヴァー近くに領地を所有したため、アンドーヴァー選挙区で1議席を掌握したという[4]

1717年のホイッグ党分裂で第3代サンダーランド伯爵チャールズ・スペンサーに味方したため、見返りとして同年4月に下級大蔵卿(Lord of Treasury)の1人に任命された[2]。しかし、議会では便宜的国教徒禁止法教会分裂阻止法英語版の廃止法案(1719年)で野党側として投票した[2]。1720年にロバート・ウォルポールが政権を握ると同年6月に下級大蔵卿を解任されたが[2]、その補償として1720年6月11日にグレートブリテン貴族であるサウサンプトン州におけるリミントン子爵ファーリー・ウォロップのウォロップ男爵に叙された[1]。1732年から1734年まで北トレント巡回裁判官英語版を務めた[1]

ハンプシャー選挙区における与党側の選挙活動を管理した第3代ボルトン公爵チャールズ・ポーレットが1733年に野党に転じると、リミントン子爵はその後任としてハンプシャー統監ハンプシャー海軍次官英語版に就任、1734年にはワイト島総督英語版とワイト島海軍次官にも就任した[2]

1742年にウォルポール内閣が倒れると全ての役職から解任されたが[2]、その補償として1743年4月11日にグレートブリテン貴族であるサウサンプトン州におけるポーツマス伯爵に叙された[1]。1746年、ワイト島総督とワイト島海軍次官に再び任命された[1]

1755年10月1日、オックスフォード大学よりD.C.L.英語版の学位を授与された[1]

1762年11月22日に死去、ファーリー・ウォロップ英語版で埋葬された[1]。長男ジョンに先立たれたため、孫ジョンが爵位を継承した[1]

家族編集

1716年5月20日[2]、ブリジット・ベネット(Bridget Bennet、1696年9月3日洗礼 – 1738年10月12日、初代タンカーヴィル伯爵チャールズ・ベネットの娘)と結婚[1]、6男4女をもうけた[2]

1741年6月4日、エリザベス・グリフィン(Elizabeth Griffin、1691年11月30日洗礼 – 1762年8月13日[3]第2代グリフィン男爵ジェームズ・グリフィンの娘)と再婚した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Cokayne, George Edward, ed. (1895). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (N to R) (英語). 6 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 280.
  2. ^ a b c d e f g h i Watson, Paula (1970). "WALLOP, John (1690-1762), of Hurstbourne Park, nr. Whitchurch and Farleigh Wallop, Hants.". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年12月21日閲覧
  3. ^ a b "Portsmouth, Earl of (GB, 1743)". Cracroft's Peerage (英語). 31 December 2017. 2019年12月21日閲覧
  4. ^ a b Watson, Paula (1970). "Andover". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年12月21日閲覧

関連図書編集

外部リンク編集

グレートブリテン議会英語版
先代:
ギルバート・シアール
ウィリアム・ギドット英語版
庶民院議員(アンドーヴァー選挙区英語版選出)
1715年
同職:ウィリアム・ギドット英語版
次代:
ジェームズ・ブルーデネル英語版
ウィリアム・ギドット英語版
先代:
トマス・ルイス英語版
サー・アンソニー・ステュアート
庶民院議員(ハンプシャー選挙区英語版選出)
1715年 – 1720年
同職:ジョージ・ピット英語版
次代:
ジョージ・ピット英語版
ナッソー・ポーレット卿英語版
司法職
先代:
ハーバラ伯爵
巡回裁判官英語版
北トレント

1732年 – 1734年
次代:
アンカスター=ケスティーヴァン公爵
名誉職
先代:
ボルトン公爵
ハンプシャー統監
1733年 – 1742年
次代:
ボルトン公爵
ハンプシャー海軍次官英語版
1733年 – 1742年
ワイト島海軍次官
1734年 – 1742年
先代:
モンタギュー公爵
ワイト島総督英語版
1734年 – 1742年
先代:
ボルトン公爵
ワイト島総督
1746年 – 1762年
次代:
ホームズ男爵英語版
ワイト島海軍次官
1746年 – 1762年
グレートブリテンの爵位
爵位創設 ポーツマス伯爵
1743年 – 1762年
次代:
ジョン・ウォロップ
リミントン子爵
1720年 – 1762年