ジョン・カーター・ヴィンセント

アメリカ合衆国の外交官

ジョン・カーター・ヴィンセント(John Carter Vincent, 1900年8月19日 - 1972年12月3日)は、アメリカ合衆国外交官

生涯編集

カンザス州セネカにて誕生。1923年マーサー大学を卒業。1923年に国務省外交局に入省。長沙漢口汕頭北京奉天南京大連での勤務を経て、1942年重慶大使館で参事官に就任。1944年1月から1945年9月まで国務省極東局中国部長[1]。1945年9月から1947年7月まで国務省極東局長[1][2]。1947年から1951年まで駐スイス公使[3]。1951年から1953年まで駐モロッコ特使および総領事[3]

出典編集

  1. ^ a b United States. Dept. of State (1950). Register of the Department of State. April 1, 1950. Office of Public Affairs, U. S. Department of State. p. 519. http://www.archive.org/download/registercontaini1950unit/registercontaini1950unit.pdf 
  2. ^ The U.S. Cuts Its Losses”. Bevin Alexander. 2011年7月1日閲覧。
  3. ^ a b John Carter Vincent(1900-1972)”. Office of the Historian, Bureau of Public Affairs, United States Department of State. 2011年7月1日閲覧。

関連項目編集

公職
先代:
ジョセフ・ウィリアム・バランタイン
アメリカ合衆国国務省極東局長
1945年9月19日 - 1947年7月23日
次代:
ウィリアム・ウォルトン・バターワース
外交職
先代:
リーランド・ハリソン
在スイスアメリカ合衆国大使
1947年10月21日 - 1951年6月9日
次代:
リチャード・カニンガム・パターソン