ジョン・キング (第3代キングストン男爵)

第3代キングストン男爵ジョン・キング英語: John King, 3rd Baron Kingston、1664年頃 – 1728年2月15日)は、アイルランド貴族

生涯編集

初代キングストン男爵ジョン・キング英語版とキャサリン・フェントン(Catherine Fenton、1669年没、ウィリアム・フェントンの娘)の息子として、1664年頃にボイル修道院英語版で生まれた[1]。1678年6月1日、ダブリン大学トリニティ・カレッジに入学した[1]

最初はプロテスタントだったが、すぐにカトリックに改宗し、ジェームズ2世のもとで枢密顧問官を務めた[1]。ジェームズ2世がフランスに逃亡したときもそれに従い、無法者(outlaw)と宣言されたが、1694年9月3日に恩赦され、1695年4月7日に恩赦が正式に確認された[1]。フランス滞在中の1693年12月、兄ロバート英語版が死去したため、キングストン男爵の爵位を継承した[1]

1697年5月11日にアイルランド貴族院議員に就任、1698年1月31日にイングランドへの帰国許可を取得した[1]。1715年12月12日にジョージ1世への忠誠を宣誓し、同月末までアイルランド貴族院議員を引き続き務めた[1]

1728年2月15日にロンドンで死去、17日にテンプル教会で埋葬された[1]。息子ジェームズが爵位を継承した[1]

家族編集

1683年、マーガレット・オカハン(Margaret O'Cahan、1662年頃 – 1721年4月29日、フローレンス・オカハンの娘)と結婚[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f g h i j Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire (英語). 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 297–298.
アイルランドの爵位
先代:
ロバート・キング英語版
キングストン男爵
1693年 – 1728年
次代:
ジェームズ・キング