ジョン・シャックルトン

ジョン・シャックルトン英語: John Shackleton1767年3月14日/16日没)は、グレートブリテン王国の画家。1749年から1767年まで主席宮廷画家を務めた。

生涯編集

出自、両親についてはオックスフォード英国人名事典でも不明だとしている[1]。1730年より国王ジョージ2世、王妃キャロライン・オブ・アーンズバックなど王家の肖像画で知られるようになり[2]、1749年3月7日に主席宮廷画家に任命された[1]

1755年に王立芸術院の設立を提案した人物の1人だった[2]。また、1758年3月8日には技芸・産業・通商振興協会(現王立技芸協会)の会員に選出された[1]。その後、1763年から1766年まで美術家自由協会英語版で美術展を開いた[1]

1767年3月14日または16日にロンドンで死去した[1]

家族編集

1742年10月25日、メアリー・アン・レグニア(Mary Ann Regnier)と結婚した[1]

評価編集

英国人名事典はシャックルトンによる肖像画を「ぎこちなく、つまらない」(stiff and uninteresting)と評した一方、本人に似ていないわけではないとした[2]

ギャラリー編集

上記のほかにも1755年[5]と1758年頃[6]のジョージ2世の肖像画が現存する。

出典編集

  1. ^ a b c d e f Herring, Sarah (3 January 2008). "Shackleton, John". Oxford Dictionary of National Biography (英語) (online ed.). Oxford University Press. doi:10.1093/ref:odnb/25186 (要購読、またはイギリス公立図書館への会員加入。)
  2. ^ a b c Cust, Lionel Henry (1897). "Shackleton, John" . In Lee, Sidney (ed.). Dictionary of National Biography (英語). 51. London: Smith, Elder & Co. p. 337.
  3. ^ "Henry Pelham". National Portrait Gallery (英語). 2019年8月2日閲覧
  4. ^ "George II (1683-1760)". Royal Collection Trust (英語). 2019年8月2日閲覧
  5. ^ "George II, 1683 - 1760. Reigned 1727 - 1760". National Galleries Scotland (英語). 2019年8月2日閲覧
  6. ^ "George II, 1683 - 1760. Reigned 1727 - 1760". National Galleries Scotland (英語). 2019年8月2日閲覧
宮廷職
先代:
ウィリアム・ケント
主席宮廷画家
1749年 – 1767年
次代:
アラン・ラムゼイ