メインメニューを開く

ジョナサン・L・シングルトンJonathan L. Singleton , 1991年9月18日 - )は、アメリカ合衆国カリフォルニア州ロサンゼルス郡レイクウッド出身のプロ野球選手一塁手)。左投左打。MLBヒューストン・アストロズ傘下所属。

ジョン・シングルトン
Jon Singleton
ヒューストン・アストロズ (マイナー)
Jon Singleton at Minute Maid in Houston June 2014.jpg
基本情報
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
出身地 カリフォルニア州ロサンゼルス郡レイクウッド
生年月日 (1991-09-18) 1991年9月18日(27歳)
身長
体重
6' 2" =約188 cm
235 lb =約106.6 kg
選手情報
投球・打席 左投左打
ポジション 一塁手
プロ入り 2009年 MLBドラフト8巡目(全体257位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名
初出場 2014年6月3日 ロサンゼルス・エンゼルス
経歴(括弧内はプロチーム在籍年度)

目次

経歴編集

プロ入りとフィリーズ傘下時代編集

高校卒業後はカリフォルニア州立大学ロングビーチ校への進学を予定していたが[1]2009年MLBドラフト8巡目(全体257位)でフィラデルフィア・フィリーズから指名され、20万ドルの契約金で入団した[2]

プロ2年目の2010年にA級レイクウッド・ブルークロウズ打率.290・14本塁打・77打点OPS.873を記録して評価を上げ、オフにはベースボール・アメリカの有望株ランキングにおいてフィリーズ内部で2位、全体で39位に入った[3][4]

アストロズ時代編集

2011年7月29日ハンター・ペンスとのトレードで、ジャレッド・コザートジョシュ・ゼイドドミンゴ・サンタナと共にヒューストン・アストロズへ移籍した[2]

2012年オールスター・フューチャーズゲームに出場し、4打数3安打1打点の活躍を見せた。この年はAA級コーパスクリスティ・フックスでフルシーズンプレーし、打率.284・21本塁打・79打点・OPS.893をマークした。オフにはMLB.comから一塁手のNo.1有望株に認定され[1]ベースボール・アメリカのランキングも前年度の全体34位から27位に上昇した[4]

2013年1月9日マリファナに二度目の陽性反応を示し、開幕から50試合の出場停止処分を課されることになった[2]10月2日にアストロズとメジャー契約を結び、40人枠入りを果たした[5]

2014年はAAA級オクラホマシティ・レッドホークスで開幕を迎え、6月2日にメジャーへ昇格。同日に総額1000万ドル+出来高3000万ドルの5年契約(2019年・250万ドル、2020年・500万ドル、2021年・1300万ドルの球団オプション付き)に合意した[6][7]6月3日ロサンゼルス・エンゼルス戦でメジャーデビュー。6番・一塁手として先発起用され、8回にメジャー初安打となる本塁打を記録。この日は3打数1安打2打点1四球2三振だった[8]。メジャーデビューイヤーは、95試合の出場で13本塁打を放ち、パワーヒッターの片鱗を見せた。一方、打率は.168という低率に終わり、試合数を大幅に超える134三振を量産し、課題となる点もあった。

前年には長距離砲の片鱗を見せたが、2015年は出番自体が急激に減り、AAA級フレズノ・グリズリーズ[9]でプレーが主だった。メジャーでは19試合に出場しただけで、バッティング面では打率.191・1本塁打・6打点という低レベルな打撃成績に終わった。守備では14試合でファーストの守りに就き、守備率.991・DRS - 1は、いずれも前年より改善させた。

2016年はメジャーでプレーする機会はなく、AAA級フレズノでプレー。124試合の出場で20本塁打を放ったが、打率.202・124三振と、前年まではマイナーでは.250以上あったミート面で劣化傾向を示した。ちなみに同年、マイナー通算100本塁打を達成。守備面では、ファーストの63試合で6失策・守備率.989を記録したほか、7試合で左翼手としても守りに就いた。オフの11月19日に40人枠外となった[10]

2017年はAA級コーパスクリスティでプレー。

プレースタイル編集

かつてはアストロズの次世代の主軸候補と言われていた。平均以上のパワーと、内角、外角のいずれも捌くことができるシュアなスイングが持ち味。三振率が若干高めなのが課題であるが、四球率の高さで補っている[11]。だが、2014年シーズンは95試合で13本塁打を放ち、持ち前のパワーを発揮した一方で打率.168・134三振を生産し、ミート面での圧倒的な力不足が露呈した。

フィリーズ傘下に在籍中はライアン・ハワードとのポジションの衝突を避けるため、左翼を守ることも多かったが、アストロズ移籍後はほぼ一塁専門に戻っている。一塁守備は守備範囲とグラブ捌き共に評価が高い[11]

人物編集

人間性に問題を抱えると見られており、2012年のシーズンオフに大麻検査で引っ掛かり (2度目) 、50試合の出場停止処分を受けた[12]。しかも、その処分中に練習を怠り、大幅に体重を増加させてしまった[12]

詳細情報編集

記録編集

MiLB

背番号編集

  • 28(2014年)
  • 21(2015年)

脚注編集

  1. ^ a b Prospect Watch: Top 10 first basemen phillies.com
  2. ^ a b c Jonathan Singleton, prospect of Houston Astros, suspended 50 games ESPN
  3. ^ 2011 Philadelphia Phillies Top 10 Prospects
  4. ^ a b Jonathan Singleton Minor League Statistics & History Baseball-Reference.com
  5. ^ Astros add Singleton to 40-man roster MLB.com
  6. ^ Astros, Singleton agree to long-term contract”. MLB.com Astros Press Release (2014年6月2日). 2014年7月9日閲覧。
  7. ^ Brian McTaggart (2014年6月2日). “Singleton to join Astros, agrees on extension”. MLB.com. 2014年7月9日閲覧。
  8. ^ Scores for Jun 3, 2014”. ESPN MLB (2014年6月3日). 2014年7月9日閲覧。
  9. ^ 2015年よりアストロズ傘下
  10. ^ Mark Polishuk (2016年11月19日). “Astros Outright Jon Singleton” (英語). mlbtraderumors.com. 2017年9月11日閲覧。
  11. ^ a b Houston Astros Top 15 Prospects (2012-13) FanGraphs Baseball
  12. ^ a b 友成那智、村上雅則『メジャーリーグ・完全データ選手名鑑2015』廣済堂出版、2015年、238頁。ISBN 978-4-331-51921-9

関連項目編集

外部リンク編集