ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン (: The Jon Spencer Blues Explosion) は、1991年に結成された、アメリカ合衆国ニューヨーク州出身のロックバンド。バンド名が長いため「JSBX」や日本では「ジョンスペ」という略称で呼ばれることも多い。

ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン
The Jon Spencer Blues Explosion
The Jon Spencer Blues Explosion, BFF2009.jpg
ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン(2009年)
基本情報
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク
ジャンル オルタナティヴ・ロックガレージ・ロックブルース・ロックパンク・ロック
活動期間 1991年 - 2015年
レーベル アメリカ合衆国の旗 Boombox / Mom+Pop
アメリカ合衆国の旗 マタドール・レコード
イギリスの旗 ミュート・レコード
日本の旗 ソニー・ミュージック
日本の旗 トイズファクトリー
日本の旗 ビクターエンタテインメント
公式サイト jonspencerbluesexplosion.com
メンバー ジョン・スペンサー
ジュダ・バウワー
ラッセル・シミンズ

概要編集

ツインギターとドラムによる3人編成。低音域をブーストしたギターとリードギターを中心として構成されるそのスタイルは、後に多くのベースレス・バンドに影響を与えた。

来歴編集

1992年にアルバム『クリプト・スタイル』で日本デビュー。1994年のアルバム『オレンジ』で日本でもブレイクを果たし、1995年に初来日。1996年、アルバム『ナウ・アイ・ガット・ウォーリー』をリリース、1998年の『アクメ』で人気を確立した。2000年の第一回サマーソニックではヘッドライナーも務めた。

2004年『ダメージ』のリリースからバンド名を「ブルース・エクスプロージョン (Blues Explosion)」に改名したが、2012年の『ミート・アンド・ボーン』のリリースで再びジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンに戻している。

2015年、「Don’t Wanna Live Like the Dead」が、日本の映画『グラスホッパー』に挿入歌として書き下ろされる。この楽曲は劇中のアーティストの楽曲として提供された[1]

2017年、「Bellbottoms」が映画『ベイビー・ドライバー』に採用される。しかし、メンバーの体調不良により3人での活動はできなくなっていた。

2019年、ジョン・スペンサーはソロ・アルバムのプロモーションの一環としてインタビューに答え、上記の近況を語り、バンドは実質活動停止状態であること、今後の活動も見込めないと答えている[2]

メンバー編集

 
Zim-Gar EJ-2-T (1960年代) ジョン・スペンサーが演奏(2009年)
1965年2月5日ニューハンプシャー州生まれ、大学教授の父を持つ厳格な家庭に育つ。ブラウン大学中退。大学在学中にプッシー・ガロアなどいくつかのバンドを経て、ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンを結成する。妻はボス・ホッグのボーカル、クリスティーナ・マルティネス (Cristina Martinez)。妹のマフィン・スペンサー (Muffin Spencer) は、Brassyに在籍。
ジョンが使用しているギター「Zim-Gar EJ-2-T」は、日本の楽器メーカー、フジゲンが1960年代に製作した輸出モデルである。元々は妻のクリスティーナが、自身で使用するために質屋で購入したもので、独特の音色をジョンが気に入り、使い続けている。「Zimgar」(アルバム『ミート・アンド・ボーン』に収録)という曲は、妻が買ってくれたギターへの愛を謳っている[3]
  • ジュダ・バウワー (Judah Bauer) - ギター
1970年6月19日、ウィスコンシン州生まれ。一部楽曲ではメイン・ボーカルをとることもある、1996年より兄弟のドノヴァンとのユニット、20 Milesでも活躍し、キャット・パワー のバンドにも参加。フェンダー・テレキャスターを主に使用しているが、時にはフェンダー・ストラトキャスター等、他のギターを使うこともある。
  • ラッセル・シミンズ (Russell Simins) - ドラム
1964年9月28日、ニューヨーク州生まれ、ハネムーン・キラーズを経てジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョンのドラマーに。“人間ビートボックス”と呼ばれるラッセルはさまざまなアーティストと活動を行い、日本ではYUKIの楽曲の編曲(アルバム『PRISMIC』収録の「忘れる唄」)や、GRAPEVINEのリミックスなどに参加している。なかでもチボ・マットと、デザイナー/映画監督のマイク・ミルズと結成したバター08で数多くのファンを獲得。2000年にはソロ・アルバムを発表している。
食通で博多中洲の屋台で食べるラーメンを愛している[4]

サイド・プロジェクト編集

ディスコグラフィ編集

スタジオ・アルバム編集

ライブ・アルバム編集

EP、その他アルバム編集

  • Mo' Width (1994年)
  • 『エクスペリメンタル・リミキシーズ』 - Experimental Remixes (1995年)
  • Sideways Soul: Dub Narcotic Sound System Meets The Jon Spencer Blues Explosion In A Dancehall Style (1999年)
  • 『アクメ・プラス』 - Acme Plus (1999年)
  • Xtra Acme USA (1999年)
  • 『ウラ・アクメ』 - Ura-Acme (1999年)
  • 『エクストラ・アクメ』 - Extra-Acme (1999年)
  • 『ファング・プラスティーク』 - Fang Plastique (2002年)
  • 『スナック・クラッカー』 - Snack Cracker (2005年)
  • 『ジュークボックス・エクスプロージョン』 - Jukebox Explosion Rockin' Mid-90s Punkers (2007年)
  • Dirty Shirt Rock 'n' Roll: The First Ten Years (2010年)
  • ザ・ジョン・スペンサー・ブルース・エクスプロージョン VS ギターウルフ』 - Guitar Wolf Vs The Jon Spencer Blues Explosion (2013年) ※日本限定EP。特典DVDには下北沢シェルターでのライブ映像が収められている。

日本公演編集

脚注編集

[脚注の使い方]

外部リンク編集