ジョン・テリー

イングランドのサッカー選手

ジョン・ジョージ・テリー(John George Terry, 1980年12月7日 - )は、イングランドロンドン出身の元同国代表サッカー選手、現サッカー指導者。現役時代のポジションはディフェンダー(センターバック)。

ジョン・テリー Football pictogram.svg
Chelsea 1 lLiverpool 0 (2-1 agg) Capital One Cup semi final 2nd leg On our way to Wembley! (15768304584).jpg
名前
本名 ジョン・ジョージ・テリー
John George Terry
愛称 JT[1]
ラテン文字 John TERRY
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1980-12-07) 1980年12月7日(39歳)
出身地 ロンドン バーキング・アンド・ダゲナム区
身長 187cm[2]
体重 90kg[2]
選手情報
ポジション DF (CB)
利き足 右足
ユース
1991-1995 イングランドの旗 ウェストハム・ユナイテッド
1995-1998 イングランドの旗 チェルシー
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1998-2017 イングランドの旗 チェルシー 492 (41)
2000 イングランドの旗 ノッティンガム・フォレスト (loan) 6 (0)
2017-2018 イングランドの旗 アストン・ヴィラ 32 (1)
通算 530 (42)
代表歴2
2003-2012 イングランドの旗 イングランド 78 (6)
監督歴
2018- イングランドの旗 アストン・ヴィラ(アシスタント)
1. 国内リーグ戦に限る。
2. 2012年9月7日現在。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

FIFPro年間最優秀選手賞の守備部門に創設された2005年度から4年連続で名を列ね、UEFAチャンピオンズリーグの最優秀DF賞を2005年[3]2008年に2度獲得、PFA年間最優秀選手賞2005年に獲得[4]などの実績がある。

クラブ経歴編集

チェルシーFC編集

 
チェルシーでプレイするテリー

少年時代からチェルシーFCのアカデミー(下部組織)に所属した。トップチームに昇格したての頃は同じポジションにマルセル・デサイーフランク・ルブーフがいたため出場機会はほとんどなかったが、ノッティンガム・フォレストFCへのレンタル移籍を経て2000-01シーズン、当時の監督だったクラウディオ・ラニエリに重用され出場機会が増加。2003-04シーズンには衰えが隠せなくなったマルセル・デサイーに代わりディフェンスラインを統率した。

2004年にジョゼ・モウリーニョが監督に就任するとチームのキャプテンに指名される。モウリーニョがフランク・ランパードらイングランド人と共に主将テリーに託した「率先してチームを引っ張ってほしい」という言葉通りに抜群のキャプテンシーを発揮。守っては、そのモウリーニョと共にやって来た新加入のディフェンダー・リカルド・カルヴァーリョと共にリーグ最少失点の堅陣を築いた。守備だけにはとどまらず攻撃の場面では得意のヘディングでゴールを量産した。中でもUEFAチャンピオンズリーグの決勝トーナメント一回戦FCバルセロナ戦でのヘディングゴールはチームを救う一撃となった。なお、このシーズンで自身初となるUEFAチャンピオンズリーグ最優秀ディフェンダーに選出されている。

2006年10月14日のレディング戦では、GKペトル・チェフが試合開始早々に相手MFスティーヴン・ハントの膝が頭に直撃し負傷退場となった上に、代わりに出場した控えGKのカルロ・クディチーニも後半ロスタイムに相手DFと接触し負傷退場となってしまった。交代枠を使い切っていたため、テリーがわずかな時間ながら代役GKとしてゴールマウスを守ることになり、自らのポジションであったセンターバックはFWのドログバが入ることになった。

2006年末から2007年の2月にかけて、腰の手術のためにチームを離脱。モウリーニョ監督はその間パウロ・フェレイラマイケル・エッシェンをセンターバックに起用していたが、リヴァプールとのアウェー戦では0-2で完敗するなど守備の安定感を欠き、テリーの偉大さを証明する結果となった。2月3日に行われたチャールトン・アスレティックとのアウェー戦で終了間際に交代でピッチに登場し、約一ヶ月ぶりの復帰を果たす。翌週のミドルズブラ戦ではスターティングメンバーに復帰し、以前と変わらぬ安定したプレーを見せた。

2007-08シーズンのチェルシーは、プレミアリーグにおいて首位のマンチェスター・ユナイテッドと同勝ち点の84ポイントで最終節を迎えた。優勝のために少なくとも引き分け以上が必要な最終節ボルトン戦だったが、テリーは開始10分でチームメイトのペトル・チェフと接触し左ひじを脱臼。無念の負傷退場となった[5]。結局、他会場のマンチェスター・ユナイテッドが勝利し、チェルシーは引き分けたため2位でプレミアリーグを終えた。自身の脱臼は軽傷だったため、10日後の因縁のマンチェスター・ユナイテッドとのUEFAチャンピオンズリーグの決勝にはスタメンで出場。この試合では両チーム譲らずPK戦に突入した。マンチェスター・ユナイテッドで三番目のキッカーを務めたクリスティアーノ・ロナウドのキックをペトル・チェフが止め、決めれば優勝という状況で5番目のキッカーであったテリーに順番が回ってくる。しかし降りしきる雨によってぬかるんだピッチに足をとられたテリーは、ボールをポストに当ててしまい失敗。その後チェルシーで7番目のキッカーを務めたニコラ・アネルカのキックをエトヴィン・ファン・デル・サールが止め、結局マンチェスター・ユナイテッドに敗れた。テリーは涙を流し悲嘆にくれ、その後チームのホームページ内で謝罪をした。しかし「彼が居なければ我々は決勝に勝ち進むことは出来なかっただろう」とランパードが語るように擁護の声も多かった。 それを裏付けるように、このシーズンで自身二度目となるUEFAチャンピオンズリーグ最優秀ディフェンダーに選出された。

2011-12シーズンのチャンピオンズリーグでは、準決勝でのバルセロナ戦で退場処分を受け、ファイナル出場はならなかったものの、チームは因縁のPK戦でバイエルン・ミュンヘンに勝利し、ついに悲願のチャンピオンズリーグ制覇を果たした。

2014-15シーズン、10月18日クリスタル・パレス戦では、チェルシーのキャプテンとして500試合出場を達成した。リーグカップファイナルでは、マンオブザマッチに選ばれる活躍で、優勝に貢献した。

2016-17年シーズン、コンテ監督就任後、開幕戦から数試合はセンターバックのレギュラーを務めたが、怪我により離脱、レギュラーポジションを失い、4月17日今シーズン限りでチェルシーからの退団を発表した。ワットホード戦では、先発出場を果たしゴールを決めた[6]。 シーズン最終節ホームゲームのサンダーランド戦では、先発出場し背番号と同じ前半26分までプレー、スタンディングオベーションでケーヒルと交代し、チェルシーでのプレーを終えた[7]

アストン・ヴィラFC編集

2017年7月3日、イングランド2部のアストン・ヴィラFCにフリーで加入した。背番号はチェルシー時代と同じ26番。移籍の際、イングランドの1部リーグからもオファーがあったが、テリーは「(1部リーグで)チェルシーと対戦することは精神的に乗り越えられない。」と新天地に2部リーグのチームを選んだ理由を説明した。[8]

2018年夏に契約満了し、退団した。

現役引退編集

2018年10月7日、自身のSNSで現役引退を表明した[9]

代表経歴編集

 
2010年、イングランド代表でのテリー

代表初出場は、2003年6月セルビア・モンテネグロとの親善試合。

EURO2004にも代表入りし、出場停止中だったリオ・ファーディナンドに代わり3試合に出場した。

2006 FIFAワールドカップではソル・キャンベルに代わりレギュラーに定着、リオ・ファーディナンドとともにイングランドの堅守を支えた。

この後、デビッド・ベッカムに代わってイングランド代表のキャプテンを務めていたが、2010年2月、不倫疑惑が浮上し、ファビオ・カペッロは、テリーを主将から解任した。

2010 FIFAワールドカップのグループリーグ第3節におけるスロベニア戦において、後半67分に、相手FWのミリヴォイェ・ノヴァコヴィッチのシュートをスライディングでブロックした直後、なおもゴールに迫るズラトコ・デディッチのシュートに対し、頭部からダイブしてのブロックを試みる。結果的に自身のブロックは失敗したもののチームの失点を免れ、この勇敢なプレーは高い評価を受けた。

2011年3月にカペッロにより再び主将に任命された[10]

2012年2月3日、前年10月23日の対クイーンズ・パーク・レンジャーズFC戦でアントン・ファーディナンドに対して人種差別的な発言をしたという疑惑により、FAによって主将をはく奪された。これに対してカペッロが不満を示し、代表監督を辞任するという事態に発展した。その後、2012年7月に行われた人種差別発言容疑の裁判では無罪となった。

2012年9月23日、代表引退を表明した[11]

指導歴編集

現役引退から4日後の2018年10月11日、アストン・ヴィラFCのアシスタントコーチに就任[12]ディーン・スミス英語版監督の下クラブをリーグ5位に導くと、昇格プレーオフでチェルシー時代の盟友であるフランク・ランパード率いるダービー・カウンティFCを破りプレミアリーグ昇格を達成する。シーズン終了後にはクラブとの契約を1年間延長した[13]

その他編集

  • 本人曰く、練習を欠席することはまずなく、練習もまじめにやっていたからキャプテンを任されたことがあると語っている[14]
  • チェルシーの下部組織に入団する前はウェストハムの下部組織に所属していた。それ以前にはセンラブFCという少年チームに所属しており、中盤でプレイしていた。その時のチームメイトにはボビー・ザモラレドリー・キングポール・コンチェスキージェイロイド・サミュエル、1つ下の年代にジャーメイン・デフォーら、のちにプレミアリーグでプレイするメンバーが多数所属していた。
  • 敵味方関係なく臆しない一面があり、新人の頃に、不甲斐無いプレーをしたジャンフランコ・ゾラに怒鳴ったことがある。
  • プレイステーション2でしばしば遊ぶという。その熱中ぶりはチームメイトを家に招き、自身がイメージキャラクターにもなった、コナミウイニングイレブンのパーティーを開くほど(しかもトロフィーまで作っている)。因みにこのパーティではチームメイトだったグレン・ジョンソンジョー・コールがそれぞれ優勝した。
  • 現在の妻とは学生時代から10年以上の交際を経て、2007年6月に結婚。双子の男女子がいる。
  • 前述の2006年末の腰の手術で椎間板の一部を除去、クラブ側からは約1ヶ月の離脱という発表があったが、手術翌日には軽いランニングをこなしてしまった。
  • 2006-07シーズンカーリングカップ決勝アーセナルFC戦は直前の負傷で出場が危ぶまれていたが無事に出場。しかし、コーナーキックからの混戦でボールを頭で押し込もうとして、ボールをクリアしようとしたアブー・ディアビの蹴りをまともに顔面で受け、気絶してしまった。[15]応急処置の後に病院に運ばれたが、その後無事に優勝セレモニーに参加している。
  • 実兄であるポール・テリー英語版も元プロサッカー選手。
  • 前述のチャンピオンズリーグ決勝戦でのPK失敗を皮肉られたこのようなものまで現れた。
  • 気迫に満ちたプレーが特徴であり、同僚のフランク・ランパードをして「男の中の男("a man's man")」と称された[16]

タイトル編集

クラブ編集

チェルシーFC

個人編集

脚注編集

  1. ^ チェルシーが欧州CL決勝へ向け唱える「合言葉」”. 日本経済新聞 (2012年4月27日). 2020年8月1日閲覧。
  2. ^ a b Chelsea FC profile” (英語). chelseafc.com (2008年7月16日). 2010年1月4日閲覧。
  3. ^ Best Defender 2005” (英語). uefa.com (2005年7月1日). 2010年1月4日閲覧。
  4. ^ Terry claims player of year award” (英語). BBC Sport (2005年4月24日). 2010年1月4日閲覧。
  5. ^ 「ジョン・テリーのブルーズ日記 SPIRIT of The "BLUES" vol.33」 『WORLD SOCCER DIGEST』No.269、日本スポーツ企画出版社、2008年6月19日発行、雑誌29893-6/19、66-67頁。
  6. ^ “Chelsea celebrated their Premier League title triumph with a hard-earned victory over Watford in an ill-tempered but thrilling encounter at Stamford Bridge”. BBC. (15 may 2017). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39176057 21 May 2017閲覧。 
  7. ^ “Terry says goodbye”. BBC. (21 may 2017). http://www.bbc.co.uk/sport/football/39912027 21 May 2017閲覧。 
  8. ^ http://web.gekisaka.jp/news/detail/?220292-220292-fl
  9. ^ 「THANK YOU ⚽️」”. Instagram. 2018年10月7日閲覧。
  10. ^ 主将復帰のテリー、代表の勝利に集中Goal.com 2011年3月22日
  11. ^ テリーがイングランド代表引退” (日本語). Goal.com (2012年9月24日). 2012年9月24日閲覧。
  12. ^ アストン・ヴィラ、テリー氏がコーチ就任…新指揮官はスミス氏に決定”. サッカーキング (2018年10月11日). 2020年7月31日閲覧。
  13. ^ プレミア昇格のアストン・ヴィラ、コーチのテリー氏と契約延長”. サッカーキング (2019年6月20日). 2020年7月1日閲覧。
  14. ^ 河上清、澤田優子『サッカースターの少年時代 プロになった16人の成長物語』株式会社学研マーケティング、2013年、224ページ、ISBN 978-4-05-800104-2
  15. ^ [1]
  16. ^ Fifield, Dominic (2008年5月22日). “Terry was a stand-in for key penalty miss”. The Guardian (London). http://www.guardian.co.uk/football/2008/may/22/championsleague.chelsea2 2008年5月22日閲覧。 

関連項目編集

外部リンク編集