メインメニューを開く

ジョン・ハリディ(Jon Halliday 生年非公開)はロシア史研究家、ロンドン大学キングス・カレッジ・ロンドンの元上級客員研究員。

目次

概要編集

歴史家フレッド・ハリディは兄弟[1]。妻は作家のユン・チアン。西ロンドン地区のノッティング・ヒル在住。

本来ロシア史が専門であるが、映画監督のダグラス・サーク及びピエル・パオロ・パゾリーニへのインタビュー本も刊行している。他に7冊の著書・編著がある。

妻との共同研究をもとにした毛沢東の伝記『マオ 誰も知らなかった毛沢東』は世界的なベストセラーとなったが、学界からの多くの批判も受けた。

重村智計は、ハリディが朝鮮戦争について北朝鮮寄りの歴史修正主義的解釈を行っている研究者の一人であると主張している[2]

著書編集

単著編集

共著編集

林理介訳『日本の衝撃――甦える帝国主義と経済侵略』(実業之日本社, 1973年)
清水知久訳『朝鮮戦争――内戦と干渉』(岩波書店, 1990年)ISBN 4000013599
土屋京子訳『マオ――誰も知らなかった毛沢東』(講談社(上・下), 2005年)ISBN 4-06-206846-XISBN 4-06-213201-X
新版 『真説 毛沢東――誰も知らなかった実像』(講談社+α文庫(上・下), 2016年)

編著編集

  • Sirk on Sirk: Interviews with Jon Halliday, (Secker and Warburg, 1971, new ed., 1997).ISBN 0-436-09924-1
明石政紀訳『サーク・オン・サーク』(Infasパブリケーションズ, 2006年) ISBN 4900785369
  • The Artful Albanian: Memoirs of Enver Hoxha, (Chatto & Windus, 1986).ISBN 0-7011-2970-0
  • Pasolini on Pasolini: Interviews with Jon Halliday
波多野哲朗訳『パゾリーニとの対話』(晶文社,1972年)

共編著編集

  • The Psychology of Gambling, co-edited with Peter Fuller, (Lane, 1974).

脚注編集

参考文献編集