メインメニューを開く

ジョン・バグネル・ベリーJohn Bagnell Bury、1861年10月16日-1927年6月1日)はアイルランド人の歴史家古典学者中世ローマ史学者英語版文献学者ジョン・バグネル・ビュアリーともカナ転写される。彼は1889年版の"Later Roman Empire"の序文において明確に「ビザンツ学者(Byzantinist)」というラベルに反対した。彼はダブリン大学のトリニティ・カレッジErasmus Smith's Professor of Modern Historyの地位にあった。

ジョン・バグネル・ベリー
JBagnellBury.png
ジョン・バグネル・ベリー(John Bagnell Bury)
生誕 1861年10月16日
アイルランドモナハン州
死没 1927年6月1日
イタリアローマ

目次

生涯編集

ベリーはモナハン州クロンティブレット英語版で生まれ育った。この地で彼の父はアイルランド聖公会の教区牧師(Rector)を務めていた。ベリーはまず彼の両親から教育を受け、その後ロンドンデリーFoyle College、そしてダブリントリニティ・カレッジに進み、そこで1870年に古典学の奨学生に選出英語版され、1882年にトリニティ・カレッジを卒業した。そして1885年に24歳でフェローとなった。1893年、彼はトリニティ・カレッジで近代史の教授 (最高学位)英語版の地位を得て、その後9年間在職した。同じ1893年、彼はトリニティで歴史学者となると同時にギリシア語の欽定講座担当教授(Regius Professor)に任命された[1]。1902年、彼はケンブリッジ大学で近代史の欽定講座担当教授となった。

ケンブリッジで、ベリーはスティーヴン・ランシマン卿の中世史研究指導担当者となった。ランシマンは後に自身が「ベリー氏の最初で最後の学生だった」とコメントしている。非社交的であったベリーは当初、ランシマンをそっけなく追い払おうとした。その後、ランシマンがロシア語が読めることをベリーに明らかにすると、ベリーは彼にブルガリア語の記事の山を編集用に渡した。こうして彼らの関係が始まった。ベリーは真に信頼できるパトリキウス(聖パトリック)の伝記(1905年)の最初の著者であった。

ベリーは彼がローマで65歳の生涯を閉じるまでケンブリッジに在籍し続けた。彼はローマのプロテスタント墓地英語版に埋葬された。彼はグラスゴー大学から1901年6月に名誉法学博士(Doctor of Laws)を授与された[2]

彼の兄弟ロバート・グレッグ・ベリー英語版もアイルランドの牧師、古典学者、文献学者であり、プラトンセクストス・エンペイリコスの著作を英語に翻訳した。

著作編集

古代ギリシアから19世紀のローマ教皇にまで及ぶベリーの著作活動は学術的であると同時に一般にもアクセスしやすいものである。歴史哲学に関する彼の二つの著作はヴィクトリア時代の進歩と合理主義の理想を解明した。これらは彼のより具象的な歴史記述を補強するものであった。彼はまたエドワード・ギボン以降の英語圏の歴史家たちによってほとんど無視されていたビザンツ帝国の歴史研究(彼はそれをローマ史であるとみなし、はっきりとそう呼んでいた)の再興を主導した。彼は1911年にブリタニカ百科事典第11版に寄稿し、また彼自身が項目として立項された。1919年、フランク・アドコック英語版および、S. A. コックとともに、The Cambridge Ancient History英語版を編纂した。

「科学としての歴史」編集

ジョン・バグネル・ベリーのキャリアは、彼の思考プロセスの進化と、彼が歴史の規則(the discipline of history)を「科学(science)」とみなしていたことを示している[3]。1902年、ケンブリッジで近代史の欽定講座担当教授(Regius Professor)としての就任講演において、彼は歴史を「文学(literature)」の1ジャンルではなく「科学(science)」であると宣言した。彼は以下のように述べている。

私は皆さんに歴史が文学の1ジャンルではないことを理解していただこうと思います。歴史的事実は、地質学や天文学的事実のように文芸のための材料を提供可能です。明瞭な理由から、それらは自然科学よりも遥かに容易に芸術表現に導入されています。ですが、人間社会のストーリーに文学のドレスを着せるのはもはや歴史家としてのつとめではありません。天文学者のつとめが芸術的な星々の物語を提供するものではないという以上にそうなのです[4][5]

ベリーの講演は歴史は文学の1分野ではないという主張を守り続けた。このことは歴史的事実を巡る議論における歴史学者たちの物語り(narrative)の必要性についての疑問を投げかけた。そして「物語り(narrative)は必要か?」という本質的な疑問を誘起している。しかしベリーは彼の「科学」をレオポルト・フォン・ランケの科学思想および、彼が叫びその思想を有名にしたドイツ語のフレーズ「発生した通りに歴史を伝える」または、「Ich will nur sagen wie es eigentlich gewesen ist.(私はただ実際にどのようにことが起きたかのみを言いたい。)」と比較することで説明した。ベリーの講演中の最終的な見解は彼が以前に発言した「...彼女(歴史)はそれ自体単純な科学なのであり、それ以下でもそれ以上でもない。」と主張する揺るぎ無いフレーズで繰り返されている[訳語疑問点][6]

無知に訴える論証と立証責任編集

彼の著書 "History of Freedom of Thought"において彼は以下のように述べる。

一部の人々は我々がそれが間違っていることを証明できない限り、神学的教義を拒否することは正当化されないという。しかし、立証責任は否定するものに課せられているのではない...。もしもシリウスの周囲を周回するとある惑星の人種は騾馬であり、彼らは英語を喋り、優生学を論じるのに時を費やしていると言われたならば、あなたがそれを反証することは不可能である。だが、その主張の中に信じるべき何物が存在しているだろうか?十分な頻度でその主張が繰り返されれば、その強力な暗示によってそれを受け入れる準備ができている人もいるのだろう[7]

著作編集

The Odes of Pindar

  • The Nemean Odes of Pindar (1890)[8]
  • The Isthmian Odes of Pindar (1892)[9]

Rome

  • A History of the Later Roman Empire from Arcadius to Irene (2 vols.) (1889) [10][11]
  • A History of the Roman Empire From its Foundation to the Death of Marcus Aurelius (1893)[12][13]
  • A History of the Eastern Roman Empire from the Fall of Irene to the Accession of Basil I (A. D. 802-867) (1912)[14]
  • A History of the Later Roman Empire from the Death of Theodosius I to the Death of Justinian (1923)[15]
  • The Invasion of Europe by the Barbarians (1928)[16][17]
  • The Life of St. Patrick and His Place in History (1905)[18]
  • History of the Papacy in the 19th Century (1864–1878) (1930)

Greece

  • A History of Greece to the Death of Alexander the Great (1900)[19]
  • The Ancient Greek Historians (Harvard Lectures) (1909)[20]
    • 和訳:ジョン・バグネル・ベリー『古代ギリシアの歴史家たち』高山一十訳、修文館、1966年4月。ISBN 978-4-87964-025-3
  • The Hellenistic Age: Aspects of Hellenistic Civilization (1923), with E.A. Barber, Edwyn Bevan, and W.W. Tarn[21]

Philosophical

  • A History of Freedom of Thought (1913)[22]
  • The Idea of Progress: An Inquiry into Its Origin and Growth (1920)[23]

編集編集

関連項目編集

脚注編集

  1. ^ Irish Times, 21 May 2008
  2. ^ "Glasgow University jubilee". The Times (36481). London. 14 June 1901. p. 10.
  3. ^ Goldstein, Doris (October 1977). “J.B. Bury's Philosophy of history: A Reappraisal”. The American Historical Review 82 (4): 896–919. doi:10.1086/ahr/82.4.896. JSTOR 1865117. 
  4. ^ Bury, John Bagnell (1930). “The science of history”. Selected Essays. CUP Archive. p. 9. https://books.google.com/books?id=b7Y8AAAAIAAJ 2015年4月1日閲覧. "I may remind you that history is not a branch of literature. The facts of history, like the facts of geology or astronomy, can supply material for literary art; for manifest reasons they lend themselves to artistic representation far more readily than those of the natural sciences; but to clothe the story of human society in a literary dress is no more the part of a historian as a historian, than it is the part of an astronomer as an astronomer to present in an artistic shape the story of the stars." 
  5. ^ Stern, Fritz (1972). The Varieties of History: From Voltaire to the Present. Random House. p. 214. ISBN 0-394-71962-X. 
  6. ^ Goldstein, Doris (October 1977). “J.B. Bury's Philosophy of history: A Reappraisal”. The American Historical Review 82 (4): 897 (896–919). doi:10.1086/ahr/82.4.896. JSTOR 1865117. 
  7. ^ Bury, J. B. (1913). History of Freedom of Thought. London: Williams & Norgate. p. 20. https://books.google.com/books?id=n2FUCAAAQBAJ&pg=PT11&lpg=PT11&dq=Some+people+speak+as+if+we+were+not+justified+in+rejecting+a+theological+doctrine+unless+we+can+prove+it+false.+But+the+burden+of+proof+does+not+lie+upon+the+rejector....+If+you+were+told+that+in+a+certain+planet+revolving+around+Sirius+there+is+a+race+of+donkeys+who+speak+the+English+language+and+spend+their+time+in+discussing+eugenics,+you+could+not+disprove+the+statement,+but+would+it,+on+that+account,+have+any+claim+to+be+believed?+Some+minds+would+be+prepared+to+accept+it,+if+it+were+reiterated+often+enough,+through+the+potent+force+of+suggestion&source=bl&ots=pNsWT2x2N5&sig=0CMMjhSy9l5fhBMTYCnuTS6IyZM&hl=en&sa=X&ved=0ahUKEwjm38fh8abRAhVCDsAKHUYlDJwQ6AEIKDAB#v=onepage&q=Some%20people%20speak%20as%20if%20we%20were%20not%20justified%20in%20rejecting%20a%20theological%20doctrine%20unless%20we%20can%20prove%20it%20false.%20But%20the%20burden%20of%20proof%20does%20not%20lie%20upon%20the%20rejector....%20If%20you%20were%20told%20that%20in%20a%20certain%20planet%20revolving%20around%20Sirius%20there%20is%20a%20race%20of%20donkeys%20who%20speak%20the%20English%20language%20and%20spend%20their%20time%20in%20discussing%20eugenics%2C%20you%20could%20not%20disprove%20the%20statement%2C%20but%20would%20it%2C%20on%20that%20account%2C%20have%20any%20claim%20to%20be%20believed%3F%20Some%20minds%20would%20be%20prepared%20to%20accept%20it%2C%20if%20it%20were%20reiterated%20often%20enough%2C%20through%20the%20potent%20force%20of%20suggestion&f=false. 
  8. ^ The Nemean Odes of Pindar, archive.org
  9. ^ The Isthmian Odes of Pindar, archive.org
  10. ^ A History of the Later Roman Empire from Arcadius to Irene, Volume One
  11. ^ A History of the Later Roman Empire from Arcadius to Irene, Volume Two
  12. ^ A History of the Roman Empire From its Foundation to the Death of Marcus Aurelius, archive.org
  13. ^ Richards, F. T. (25 November 1893). “Review of A History of the Roman Empire, from its Foundation to the Death of Marcus Aurelius by J. B. Bury”. The Academy 44 (1125): 459. https://babel.hathitrust.org/cgi/pt?id=uva.x030236816;view=1up;seq=475. 
  14. ^ A History of the Eastern Roman Empire from the Fall of Irene to the Accession of Basil I (A. D. 802-867), archive.org
  15. ^ A History of the Later Roman Empire from the Death of Theodosius I to the Death of Justinian, LacusCurtius
  16. ^ The Invasion of Europe by the Barbarians, archive.org
  17. ^ Thorndike, Lynn (April 1929). “Review of The Invasion of Europe by the Barbarians by J. B. Bury”. The American Historical Review 34 (3): 564–566. doi:10.2307/1836287. JSTOR 1836287. 
  18. ^ The Life of St. Patrick and His Place in History, archive.org
  19. ^ A History of Greece to the Death of Alexander the Great, archive.org
  20. ^ The Ancient Greek Historians (Harvard Lectures), archive.org
  21. ^ The Hellenistic Age: Aspects of Hellenistic Civilization, archive.org
  22. ^ A History of Freedom of Thought, gutenberg.org
  23. ^ The Idea of Progress: An Inquiry into Its Origin and Growth, gutenberg.org

外部リンク編集