メインメニューを開く
ジョン・バーコウ

ジョン・サイモン・バーコウ(John Simon Bercow, 1963年1月19日 - )は、イギリス政治家庶民院議長。

人物編集

2009年に議長に選出される前は保守党の庶民院議員を務めていたが、テリーザ・メイ首相欧州連合離脱協定案の議会審議において、すでに2度否決されている協定案について新たな採決を行うことを認めないと述べるなど、協力的でないとして保守党からの反発を招いている[1][2][3][4]

2017年には、ドナルド・トランプ米大統領が英国を公式訪問する際の議会演説を阻止している[1][3]

2018年にメイ内閣の閣僚アンドレア・レッドソムを「バカな女」と呼んだとして批判されたが、バーコウはこの疑惑を否定し、労働党の支持を受けて続投している[1]

妻はサリー・バーコウであるが、その過激な行動で何度か話題になっている[5]

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b c 【FT】英下院議長、英EU離脱の大きな障害に(写真=ロイター)” (日本語). 日本経済新聞 電子版 (2019年3月22日). 2019年3月23日閲覧。
  2. ^ “ブレグジット協定「同じ」なら3度目の採決は不可 英下院議長が異例決定”. BBC. (2019年3月19日). https://www.bbc.com/japanese/47620589 2019年3月23日閲覧。 
  3. ^ a b 「オーダー!」英下院議長の人気がドイツで急上昇”. 英国ニュースダイジェスト. ニュースダイジェスト. 2019年3月23日閲覧。
  4. ^ “英政府、下院議長に爵位与えない方針か ブレグジットめぐる采配に反発”. BBC. (2019年1月18日). https://www.bbc.com/japanese/46914615 2019年3月23日閲覧。 
  5. ^ ジョン・バーコウ下院議長の奥様はお下品”. 英国ニュースダイジェスト. ニュースダイジェスト. 2019年3月23日閲覧。