ジョン・バーンズ (サッカー選手)

イングランドのサッカー選手

ジョン・チャールズ・ブライアン・バーンズ(John Charles Bryan Barnes MBE, 1963年11月7日 - )は、ジャマイカキングストン生まれの元イングランド代表サッカー選手[2]、サッカー指導者。現役時代のポジションはミッドフィールダー。現在はTVコメンテーター、サッカー評論家。

ジョン・バーンズ Football pictogram.svg
John Barnes in Kristiansund, Norway.jpg
名前
本名 ジョン・チャールズ・ブライアン・バーンズ
John Charles Bryan Barnes
ラテン文字 John Barnes
基本情報
国籍 イングランドの旗 イングランド
生年月日 (1963-11-07) 1963年11月7日(59歳)
出身地 キングストン
身長 182cm
選手情報
ポジション MF
クラブ1
クラブ 出場 (得点)
1981-1987 イングランドの旗 ワトフォード 233 (65)
1987-1997 イングランドの旗 リヴァプール 314 (84)
1997-1999 イングランドの旗 ニューカッスル 27 (6)
1999 イングランドの旗 チャールトン 12 (0)
代表歴
1982-1983 イングランドの旗 イングランド U-21 3 (0)
1983-1995 イングランドの旗 イングランド[1] 79 (11)
監督歴
1999-2000 スコットランドの旗 セルティック
2008-2009 ジャマイカの旗 ジャマイカ代表
2009 イングランドの旗 トレンメア
1. 国内リーグ戦に限る。
■テンプレート■ノート ■解説■サッカー選手pj

クラブ経歴編集

ワトフォード編集

1981-82シーズン、17歳の時にワトフォードFCでデビューを飾り、クラブの1部リーグ昇格に貢献。1982-83シーズン、昇格初年度ながら10ゴールを決めるなど活躍、チームはリーグ2位なった。在籍中は毎年二桁ゴールを挙げるなど、公式戦通算296試合で85ゴールを挙げた。

リヴァプール編集

1987-88シーズン、リヴァプールFCへ移籍。ホームデビュー戦オックスフォード・ユナイテッドでFKから移籍後初ゴール[3]、同シーズンはリーグ戦で15ゴールを挙げるなど、すぐに活躍を見せ、FWA年間最優秀選手賞を受賞した。

1988-89シーズン、FAカップ決勝のエヴァートン戦ではラッシュの決勝ゴールをアシストして[4]優勝に貢献した。1989-90シーズン、第30節のマンチェスターUtd戦では決勝ゴールを含む2ゴール[5]、第38節のコベントリー戦でハットトリックを決めるなど[5]、22ゴールを決めてリーグ優勝に貢献、2度目のFWA年間最優秀選手賞を受賞[6]PFA年間最優秀選手賞にも度選ばれた。1990-91シーズンはリーグ戦で16ゴールを挙げ、リーグ優勝に貢献した。

1991-92シーズン、FAカップ3回戦のクルー・アレクサンドラFCでハットトリックを決めた[5]。1994-95シーズン、EFLカップ決勝ではマクマナマンのゴールをアシストして[7]優勝に貢献した。プレミアリーグへとリーグの名称変更後も長年レギュラーを務めたが、1997-98シーズン開幕」直後にチームを離れた。リヴァプールでは背番号10番を背負い、通算407試合107ゴールの成績を残し[6]、10年間で2度のリーグ優勝、コミュニティーシールド3度、FAカップ2度、そしてリーグカップを手にした[6]

その後編集

1997-98シーズン途中、リヴァプールFCで監督を務めたケニー・ダルグリッシュが指揮を執るニューカッスル・ユナイテッドFCへと移り[6]、1997-98シーズンはプレミアリーグで26試合6ゴールの成績を残したが[8]、1998-99シーズンにルート・フリットが監督に就任すると構想外になり[2]、1試合に出場したのみで[8]、シーズン中にチャールトン・アスレティックFCに移籍[8]、しかしリーグ18位となりクラブは降格してしまい、その年、バーンズは現役を引退した。

代表経歴編集

バーンズはジャマイカ生まれではあったが、ジャマイカ代表には興味を示さなかった。当時の代表資格要件では英国パスポート保有者は英国内の代表チームいずれかを選択可能だったため、スコットランド代表に誘われたこともあったが、最終的にU-21イングランド代表を経て、イングランド代表を選んだ[2]

1983年5月28日北アイルランド戦で代表デビューを飾る[2]、1984年6月10日ブラジル戦で代表初ゴール[9]1986 FIFAワールドカップでは準々決勝までの4試合では出場機会が与えられなかったが、その準々決勝のアルゼンチン戦では僅か16分のプレーながら、サイド突破からゲーリー・リネカーのゴールをアシストした[9]

UEFA欧州選手権1988ではグループリーグの全3試合、1990 FIFAワールドカップでは4試合に出場した[9]。1995年9月6日コロンビア戦が代表での最終戦となった[2]

引退後編集

引退後は指導者としての道を歩んでおり、ダルグリッシュが監督に就任したセルティックFCではコーチを務め(出場はしていないが、選手登録された。)[2]ジャマイカ代表などの監督を務めた。

また、2005年にはイングランドサッカー殿堂にも選ばれている。

出典編集

  1. ^ “John Charles Bryan Barnes - International Appearances” (英語). The Rec.Sport.Soccer Statistics Foundation. http://www.rsssf.com/miscellaneous/jbarnes-intlg.html 
  2. ^ a b c d e f “John Barnes”. englandfootballonline. (29 August 2019). http://www.englandfootballonline.com/TeamPlyrsBios/PlayersB/BioBarnesJCB.html 10 April 2020閲覧。 
  3. ^ “John Barnes profile2”. liverpoolfc.com. (29 August 2019). https://www.liverpoolfc.com/history/past-players/john-barnes 10 April 2020閲覧。 
  4. ^ FA Cup Final 1989 Match sheet”. transfermarket.com. 2020年11月25日閲覧。
  5. ^ a b c John Barnes Liverpool all goals”. transfermarket.com. 2020年11月25日閲覧。
  6. ^ a b c d “John Barnes profile1”. Liverpool FC. (29 August 2019). https://www.liverpoolfc.com/history/heroes/john-barnes 10 April 2020閲覧。 
  7. ^ EFL Cup Final 1995 Match sheet”. transfermarket.com. 2020年11月25日閲覧。
  8. ^ a b c “John Barnes”. premierleague.com. (29 August 2019). https://www.premierleague.com/players/269/John-Barnes/overview 10 April 2020閲覧。 
  9. ^ a b c John Barnes Nationalteam”. transfermarket.com. 2020年11月25日閲覧。