ジョン・フィッツウィリアム (第2代フィッツウィリアム伯爵)

第2代フィッツウィリアム伯爵ジョン・フィッツウィリアム英語: John Fitzwilliam, 2nd Earl Fitzwilliam1681年[1]/1685年[2]1728年8月28日)は、アイルランド王国の貴族、グレートブリテン王国の政治家。1710年から1728年までグレートブリテン庶民院議員を務めた。1716年から1719年までミルトン子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

初代フィッツウィリアム伯爵ウィリアム・フィッツウィリアム英語版とアン・クレーモア(Anne Cremor)の三男(長男と次男は早世)として生まれた[3]

成年直後の1701年11月イングランド総選挙英語版ですでに出馬が噂されたが、実際に立候補するのは1710年の総選挙のことであり、彼はピーターバラ選挙区英語版で当選を果たした[1]。以降はだいたいホイッグ党の一員として行動した[1]。1719年12月28日に父が死去すると、アイルランド貴族フィッツウィリアム伯爵の爵位を継承した[3](その後も引き続き庶民院議員を務めた)。その後、1720年から1728年までピーターバラ首席治安判事を務めた[2]。以降も引き続き与党の一員として行動、1727年3月には外交についての弁論で政府を支持した[2]

1728年8月28日に熱病で死去[2]、息子ウィリアムが爵位を継承した[3]

家族編集

1718年9月17日、アン・ストリンガー(Anne Stringer、1726年没、ジョン・ストリンガーの娘)と結婚、1男3女を儲けた[3]

脚注編集

  1. ^ a b c Hanham, Andrew A. (2002). "FITZWILLIAM, Hon. John (c.1681-1728), of Milton, Northants". In Hayton, David; Cruickshanks, Eveline; Handley, Stuart (eds.). The House of Commons 1690-1715 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月24日閲覧
  2. ^ a b c d Sedgwick, Romney R. (1970). "FITZWILLIAM, John, Visct. Milton (c.1685-1728), of Milton, nr. Peterborough". In Sedgwick, Romney (ed.). The House of Commons 1715-1754 (英語). The History of Parliament Trust. 2019年6月24日閲覧
  3. ^ a b c d Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 770.
  4. ^ Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1926). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Eardley of Spalding to Goojerat) (英語). 5 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 749.
グレートブリテン議会英語版
先代:
シドニー・ウォートリー=モンタギュー
サー・ギルバート・ドルベン準男爵英語版
庶民院議員(ピーターバラ選挙区英語版選出)
1710年 – 1728年
同職:チャールズ・パーカー 1710年 – 1722年
シドニー・ウォートリー=モンタギュー 1722年 – 1727年
サー・エドワード・オブライエン準男爵 1727年
シドニー・ウォートリー=モンタギュー 1727年 – 1728年
ジョセフ・バンクス英語版 1728年
次代:
チャールズ・ガウンター・ニコル英語版
ジョセフ・バンクス英語版
アイルランドの爵位
先代:
ウィリアム・フィッツウィリアム英語版
フィッツウィリアム伯爵
1719年 – 1728年
次代:
ウィリアム・フィッツウィリアム