ジョン・ブライ (第4代ダーンリー伯爵)

第4代ダーンリー伯爵ジョン・ブライ英語: John Bligh, 4th Earl of Darnley FRS1767年6月30日1831年3月17日)は、イギリスの貴族。1781年までクリフトン卿儀礼称号を使用した。

第4代ダーンリー伯爵

生涯編集

第3代ダーンリー伯爵ジョン・ブライとメアリー・ストイットの息子として1767年6月30日に生まれ、1781年7月31日に父が死去するとダーンリー伯爵の爵位を継承した[1]。1784年11月16日にオックスフォード大学クライスト・チャーチに入学、1793年7月3日にDCL英語版の学位を修得した[2]コバム・ホール英語版という邸宅に住んだという。

第4代ダーンリー伯爵はアマチュアのクリケット選手であり、1789年から1796年までファーストクラス・クリケット英語版の試合で通算27回参加した。弟エドワード英語版とともにケント・カウンティのクリケット・チーム英語版を応援した[3]。2人は「アイルランド初のファーストクラス・クリケット選手」と呼ばれたという[4]

1810年3月22日、王立協会フェローに選出された[5]

1829年、第6代レノックス公爵および第3代リッチモンド公爵チャールズ・ステュアート英語版の妹キャサリンの血をひいていたことを根拠に、国王ジョージ4世に対しレノックス公爵の爵位への請求を提出した[1]。第6代レノックス公爵が1672年に死去したとき、爵位は国王チャールズ2世が継承したが、チャールズ2世の父チャールズ1世の男系男子の血筋は1807年のヨーク枢機卿公ヘンリーの死去で絶えていた[1]。請求は貴族院に回されたが、貴族院が決定を下すことはなかった[1]

1831年3月17日に死去、長男が夭折したため次男エドワードが爵位を継承した[1]

ジョン・リチャードソンは現カナダノースウエスト準州ダーンリー湾英語版を第4代ダーンリー伯爵にちなんで命名した[6]

家族編集

1791年8月26日、エリザベス・ブラウンロー(1831年12月22日没、ウィリアム・ブラウンロー英語版の娘)と結婚、4男3女を儲けた[1]

  • キャサリン(1792年6月18日 – 1812年1月10日)
  • ジョン(1793年5月22日 – 6月3日)
  • エドワード(1795年 – 1835年)
  • メアリー(1796年5月31日 – 1823年6月18日) - 1822年6月1日、チャールズ・ブラウンロー英語版(後の初代ラーガン男爵)と結婚、子供あり
  • ウィリアム(1797年5月17日 – 1807年10月18日)
  • ジョン・ダンカン英語版(1798年 – 1872年) - 外交官、スウェーデン駐在大使、ハノーファー王国駐在大使
  • エリザベス(1872年11月13日没) - 1833年7月19日、いとこにあたるジョン・ブラウンローと結婚、子供あり

脚注編集

  1. ^ a b c d e f Burke's Peerage, Baronetage and Knightage (英語) (99th ed.). London: Burke's Peerage Limited. 1949. p. 544.
  2. ^ Foster, Joseph (1888–1892). "Bligh, John, Earl of Darnley" . Alumni Oxonienses: the Members of the University of Oxford, 1715–1886 (英語). Oxford: Parker and Co. ウィキソースより。
  3. ^ Arthur Haygarth, Scores & Biographies, Volume 1 (1744–1826), Lillywhite, 1862
  4. ^ "The first Irish first-class cricketers", CricketEurope Ireland, 30 August 2016. Retrieved 31 August 2016.
  5. ^ "Bligh; John (1767 - 1831); 4th Earl of Darnley". Record (英語). The Royal Society. 2019年6月14日閲覧
  6. ^ Gazetteer of the Northwest Territories Archived 27 September 2013 at the Wayback Machine.

外部リンク編集

アイルランドの爵位
先代
ジョン・ブライ
ダーンリー伯爵
1781年 – 1831年
次代
エドワード・ブライ