ジョン・プロビー (初代カリスフォート男爵)

初代カリスフォート男爵ジョン・プロビー英語: John Proby, 1st Baron Carysfort, KB, PC(I)1720年11月25日 - 1772年10月18日)は、イギリスの政治家でアイルランドの貴族。

経歴編集

1720年11月25日庶民院議員ジョン・プロビー英語版とその妻ジェーン(初代ゴア男爵ジョン・ルーソン=ゴア英語版の娘)の息子として生まれる[1][2]

ケンブリッジ大学ジーザス・カレッジ英語版で学び、 バチェラー・オブ・アーツマスター・オブ・アーツ英語版の学位を取得した[3][2]インナー・テンプルでも学ぶ[3]

1747年から1754年にかけてスタンフォード選挙区英語版から選出されてホイッグ党所属のグレートブリテン王国議会庶民院議員を務める。ついで1754年から1768年にかけてはハンティンドンシャー選挙区英語版から選出される[3][2]

1752年1月23日アイルランド貴族爵位カリスフォート男爵英語版に叙せられた[1][2]。アイルランド貴族爵位であるため、グレートブリテン王国貴族院に列することはなかった。

1752年から1754年にかけてイングランド・首位グランドロッジ英語版のグランドマスターを務める[1][2]

1752年4月から7月までと1763年から1765年まで海軍省政務次官(Lord of the Admiralty)を務める[3][2]。1758年にはアイルランド枢密顧問官英語版に列する[1][2]

1772年10月18日にフランスリール客死した[2]

栄典編集

爵位編集

  • 1752年1月23日、ウィックロー県におけるカリスフォートの初代カリスフォート男爵 (Baron Carysfort, of Carysfort in the County of Wicklow)[1]

勲章編集

家族編集

1750年に第2代アレン子爵英語版ジョシュア・アレンの娘エリザベスと結婚。彼女との間に以下の2子を儲ける[2][1]

  • 第1子(長男)ジョン・ジョシュア・プロビー (1751-1828) - 第2代カリスフォード男爵位を継承
  • 第2子(長女)エリザベス・プロビー (1752-?) - トマス・ジェイムズ・ストアーと結婚。

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d e f Heraldic Media Limited. “Carysfort, Baron (I, 1752 - 1909)” (英語). Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2015年10月1日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g h i j Lundy, Darryl. “John Proby, 1st Baron Carysfort” (英語). thepeerage.com. 2015年10月1日閲覧。
  3. ^ a b c d "Proby, John (PRBY737J)". A Cambridge Alumni Database (英語). University of Cambridge.
グレートブリテン議会英語版
先代:
ウィリアム・ノエル英語版
ジョン・プロビー英語版
スタンフォード選挙区英語版
選出庶民院議員

1747年–1754年
同一選挙区同時当選者
バーリー卿 1747
ロバート・バーバー (1747年–1754年)
次代:
ロバート・バーバー
ジョン・ハーヴィー=サースビー
先代:
コールソン・フェローズ
エドワード・ワートリー・モンタギュー英語版
ハンティンドンシャー選挙区英語版
選出庶民院議員

1754年–1768年
同一選挙区同時当選者
コールソン・フェローズ 1754–1761
マンデヴィル子爵 1761年–1762年
チャールズ・モンタギュー英語版 1762–1765
ロバート・バーナード 1765–1768
次代:
ヒンチングブルック子爵英語版
初代ルドロー伯爵英語版
フリーメイソン
先代:
第5代バイロン男爵
イングランド・首位グランドロッジ
グランドマスター
英語版

1752年–1753年
次代:
カーナーヴォン侯爵
アイルランドの爵位
先代:
新設
初代カリスフォート男爵英語版
1752年–1772年
次代:
ジョン・プロビー