ジョン・ベレンデン (第3代ベレンデン卿)

第3代ベレンデン卿ジョン・ベレンデン英語: John Bellenden, 3rd Lord Bellenden1685年1741年3月16日)は、スコットランド貴族

生涯編集

第2代ベレンデン卿ジョン・ベレンデン英語版とメアリー・ムーア(Mary Moore、1726年3月17日没、初代ドロヘダ伯爵ヘンリー・ムーア英語版の娘)の息子として、1685年に生まれた[1]。1707年3月に父が死去すると、ベレンデン卿の爵位を継承、1709年7月16日に父の相続人であると(法的に)宣言された[1]

1722年9月3日、メアリー・パーネル(Mary Parnell、1702年6月26日洗礼 – 1792年11月23日、ジョン・パーネルの娘)と結婚[1]、2男6女をもうけた[2]

  • ジェーン(1724年6月26日 – 1763年5月27日) - 1741年1月8日、エフレイム・ミラー(Ephraim Miller)と結婚
  • カー(1725年 – 1753年) - 第4代ベレンデン卿、子供あり
  • キャロライン(1728年3月29日 – 1802年4月1日) - 1760年3月18日、ジョン・ゴーラー(John Gawler、1803年12月24日没)と結婚、子供あり
  • メアリー(1729年8月1日 – 1805年5月15日) - ジョン・イート(John Eatt)と結婚
  • ダイアナ(1731年12月17日 – 1799年2月) - 1758年11月6日、ジョン・バルティール(John Bulteel)と結婚、子供あり
  • ロバート(1734年 – 1797年) - 第6代ベレンデン卿
  • アリス(1796年10月19日没)
  • ヘンリエッタ

スコットランド大蔵省式部官(Usher of the Exchequer)の世襲権を所有していた[1]

1741年3月16日にウェストミル英語版で死去、同地で埋葬された[1]。長男カーが爵位を継承した[1]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary, eds. (1912). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Bass to Canning) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 99.
  2. ^ "Bellenden of Broughton, Lord (S, 1661 - 1805)". Cracroft's Peerage (英語). 13 June 2004. 2019年8月31日閲覧
スコットランドの爵位
先代
ジョン・ベレンデン英語版
ベレンデン卿
1707年 – 1741年
次代
カー・ベレンデン