ジョン・ホランド (第2代エクセター公)

第2代エクセター公ジョン・ホランド(John Holland, 2nd Duke of Exeter, KG, 1395年3月29日 - 1447年8月5日)は、中世イングランドの貴族で百年戦争期の軍司令官である。

ジョン・ホランド
John Holland
第2代エクセター公
Effigy John Holland died 1447.png
在位 1439年 - 1447年

出生 (1395-03-29) 1395年3月29日
死去 (1447-08-05) 1447年8月5日(52歳没)
配偶者 アン・スタッフォード
  ベアトリス・オブ・ブラガンサ
  アン・モンタキュート
子女 ヘンリー
アン
家名 ホランド家
父親 初代エクセター公ジョン・ホランド
母親 エリザベス・オブ・ランカスター
テンプレートを表示
第2代エクセター公ジョン・ホランドの紋章

生涯編集

国王リチャード2世の異父兄である初代エクセター公ジョン・ホランドとエリザベス・オブ・ランカスターの次男として生まれた。母方の祖父は初代ランカスター公ジョン・オブ・ゴーントであり、ヘンリー4世は叔父、ヘンリー5世は従兄にあたる。

ジョンがまだ4歳の時、1400年1月に父と従兄のケント伯トマス・ホランドはヘンリー4世に対する暗殺の共謀罪で捕らえられ、処刑された(長兄リチャードも同年に既に死亡していた)。ジョンは「謀反人の子供」となったが、1413年に即位したヘンリー5世はヘンリー4世時代の国内対立を水に流す方針を定め、反対陣営の貴族たちの名誉・領地を順次回復していった。成年に達したジョンも1415年フランス遠征に従軍するチャンスを与えられ、アジャンクールの戦いで勇名をはせた。

1416年、ジョンは父の持っていたハンティンドン伯位を回復され継承し、ガーター騎士に叙任された。それ以降はイングランドの対仏遠征軍の様々な作戦に従軍したが、1421年ボージェの戦いでフランス軍の捕虜になり、解放される1425年まで虜囚として過ごした。

1435年にイングランド・アイルランドアキテーヌの全イングランド海軍の総司令官に任命された。1439年にはアキテーヌに国王の名代として赴任し、後に正式にアキテーヌの知事となった。また1439年には、消失していたエクセター公位も回復し、駐仏イングランド軍ではヨーク公リチャードに次ぐ地位を与えられた。1447年に52歳で死去、公位は息子のヘンリーに継承された。

家族編集

1427年3月6日、第5代スタッフォード伯エドムンド・スタッフォードの娘で第5代マーチ伯エドマンド・モーティマーの未亡人アンと結婚した。彼女が1432年9月に亡くなるまでに子供が2人生まれた。

1433年1月にポルトガルジョアン1世の庶子で初代ブラガンサ公アフォンソ1世の同母妹ベアトリスと再婚したが1439年に死去、第3代ソールズベリー伯ジョン・モンタキュートの娘アンと再々婚したが、どちらの結婚でも子供は生まれなかった。

イングランド王室
先代:
グロスター公ハンフリー
イングランド王位推定相続人
1447年2月23日 - 1447年8月5日
次代:
エクセター公ヘンリー・ホランド
公職
先代:
ベッドフォード公
海軍司令長官
Lord High Admiral of England

1435年 - 1447年
次代:
サフォーク伯
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ホランド
(1400年消失)
ハンティンドン伯
1416年 - 1447年
次代:
ヘンリー・ホランド
エクセター公
1439年 - 1447年