メインメニューを開く

ジョン・マトゥザック

アメリカのフットボール選手、俳優

ジョン・マトゥザックJohn Matuszak, 1950年10月25日 - 1989年6月17日)は、アメリカ合衆国俳優アメリカンフットボール選手である。

ジョン・マトゥザック
John Matuszak
本名 John Daniel Matuszak
別名義 Tooz
生年月日 (1950-10-25) 1950年10月25日
没年月日 (1989-06-17) 1989年6月17日(38歳没)
出生地 ウィスコンシン州ミルウォーキー
死没地 カリフォルニア州バーバンク
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
ジャンル アメリカンフットボール選手
俳優
活動期間 1979年 - 1989年

目次

来歴編集

1950年ウィスコンシン州ミルウォーキーに生まれる。その後、一家でオーク・クリークという土地に移り住むが、細い体系で会ったことから幼少時代はクラスメイトから冷やかされることもあった[1]。そのことから体を鍛えるようになり、学生時代には砲丸投でウィスコンシン州の選手権試合を勝ち抜いた経験もある[1]

フットボール編集

大柄の体格を活かし、アメリカンフットボールの世界に飛び込み、ミズーリ大学コロンビア校の所属選手として活躍。しばらくしてフロリダ州のタンパ大学へ移籍し、同大学チームのスター選手として名を轟かせた。1973年テネシー州ナッシュビルに本拠地を置くテネシー・タイタンズにドラフトされNFLでプロデビューを飾る。同時に同州のヒューストンが拠点のワールド・フットボール・リーグにも参加するも、好成績は収められず、カンザスシティ・チーフスに移籍後は1975年まで同チームでプレーを続けた。1976年ワシントン・レッドスキンズと契約しているが、少ししてオークランド・レイダーズへ移籍。1982年まで所属し、キャリアを終える1982年まで同チーム選手として活躍している[2]

俳優業編集

1979年に映画『ノース・ダラス40』で俳優デビュー。1981年にはビートルズリンゴ・スター主演のコメディ映画おかしなおかしな石器人』へ出演し、1980年代からコンスタントに俳優業を継続させている。特にその名が知られているのは1985年リチャード・ドナーが監督した少年たちによるアドベンチャー映画グーニーズ』への出演で、マトゥザックは泥棒一家の末弟スロースを好演した。同役では撮影前に5時間の特殊メイクを施し、マトゥザックの素顔は見られないが、大柄な体格を活かした役柄となっている。それ以降も映画やテレビドラマなど、様々な作品へ出演し、俳優としての地位も確立した。

死去編集

1989年カリフォルニア州バーバンクにて、鎮痛剤の過剰摂取による心不全で死去[1]。検死の際には血中からコカインも検出された[3]。38歳だった。

出演作品編集

映画編集

  • ノース・ダラス40 North Dallas Forty (1979)
  • おかしなおかしな石器人 Caveman (1981)
  • スペース・パイレーツ The Ice Pirates (1984)
  • グーニーズ The Goonies (1985)
  • Command 5 (1985)
  • ワン・クレイジー・サマー One Crazy Summer (1986)
  • Charlie Barnett's Terms of Enrollment (1986) ※ビデオ作品
  • The Dirty Dozen: The Fatal Mission (1988) ※テレビ映画
  • One Man Force (1989)
  • ゴーストライター Ghost Writer (1989)
  • The Princess and the Dwarf (1989)
  • ダウン・ザ・ドレイン Down the Drain (1990)

テレビドラマ編集

脚注編集

  1. ^ a b c John Matuszak Biography”. 2017年12月17日閲覧。
  2. ^ THE LIFE AND TIMES OF THE TOOZ”. 2017年12月17日閲覧。
  3. ^ Here Is The Butt Of Sloth From "The Goonies"”. 2017年12月17日閲覧。

外部リンク編集