ジョン・マレー (第5代アソル公爵)

第5代アソル公爵ジョン・マレー: John Murray, 5th Duke of Atholl、1778年6月26日 - 1846年9月14日[1])は、イギリスの貴族

生涯編集

第4代アソル公爵とその妻ジェーン・カスカート(Jane Cathcart、1754年5月20日 - 1790年12月5日、第9代カスカート卿英語版の娘)との長男として生まれた[1][2]。1797年に第61歩兵連隊英語版エンサイン英語版に任官したが、翌年には精神異常者(Unsound mind)の宣告を受けた[2]。そのため、父である4代公の死後は実弟の初代グレンリヨン男爵英語版が公爵家の実務を取り仕切ったという[3]。こうした状態にもかかわらず、1830年にパースシャー治安判事英語版に任命されている[4]。また、同年には父の死去に伴ってアソル公爵位を継承した[1][2]。政治的にはホイッグ党を支持したとされるが貴族院には出席せず、いかなる投票を行った形跡もない[2]。1846年にロンドンセントジョンズウッド英語版の自邸グレヴィル・プレイス(Greville Place)で死去した[2]。生まれ故郷であるパースシャー英語版ダンケル英語版に埋葬された[2]

生涯未婚であったことから、爵位は弟グレンリヨン卿の息子ジョージが継承した[1][2]

脚注編集

註釈編集

[脚注の使い方]


出典編集

  1. ^ a b c d Heraldic Media Limited. “Atholl, Duke of (S, 1703)” (英語). www.cracroftspeerage.co.uk. Cracroft's Peerage The Complete Guide to the British Peerage & Baronetage. 2020年9月7日時点のオリジナルよりアーカイブ。2020年9月7日閲覧。
  2. ^ a b c d e f g Cokayne, George Edward; Gibbs, Vicary; Doubleday, H. Arthur, eds. (1910). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or dormant (Canonteign to Cutts) (英語). 2 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press, Ltd. p. 321.
  3. ^ Masters, Brian (1988). The Dukes. London: Frederick Muller. ISBN 0-09-173700-1 
  4. ^ "No. 18713". The London Gazette (英語). 30 July 1830. 2020年9月26日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
ジョン・マレー
アソル公爵
1830–1846
次代:
ジョージ・マレー