ジョン・ルーソン=ゴア (初代ゴア伯爵)

初代ゴア伯爵ジョン・ルーソン=ゴア英語: John Leveson-Gower, 1st Earl Gower, PC1694年8月10日 - 1754年12月25日)は、イギリス政治家貴族

初代ゴア伯爵ジョン・ルーソン=ゴア

経歴編集

1694年8月10日、初代ゴア男爵ジョン・ルーソン=ゴア英語版とその妻キャサリン(初代ラトランド公爵ジョン・マナーズ英語版の娘)の間の長男として生まれる[1][2]

アダムス・グラマー・スクール英語版を経てオックスフォード大学クライスト・チャーチへ進学[3]

1709年8月31日の父の死により第2代ゴア男爵の爵位を継承し、成人後貴族院議員に列する。

1742年7月にはスタッフォードシャー主席治安判事英語版に就任するとともに王璽尚書に就任した[1]

1746年7月8日ゴア伯爵とトレンタム子爵に叙せられた[1]

1754年12月25日に死去した[1]

家族編集

1712年3月、初代キングストン=アポン=ハル公爵英語版エヴリン・ピアポントの娘イヴェリン(1691-1727)と結婚。彼女との間に以下の6子を儲ける[2]

出典編集

[脚注の使い方]
  1. ^ a b c d "Leveson-Gower, John (1675-1709)" . Dictionary of National Biography (英語). London: Smith, Elder & Co. 1885–1900.
  2. ^ a b Lundy, Darryl. “John Leveson-Gower, 1st Earl Gower” (英語). thepeerage.com. 2015年8月13日閲覧。
  3. ^ George Edward Cokayne, editor. The Complete Baronetage, 5 volumes (no date (c. 1900); reprint, Gloucester, U.K.: Alan Sutton Publishing, 1983), volume III, pages 39–40
公職
先代:
第2代ハーヴィー男爵
王璽尚書
1742年1743年
次代:
第3代チャムリー伯爵
先代:
第3代チャムリー伯爵
王璽尚書
1744年1754年
次代:
第3代マールバラ公爵
名誉職
先代:
第3代フェラーズ伯爵
スタッフォードシャー知事英語版
スタッフォードシャー主席治安判事英語版

1742年1754年
次代:
第2代ゴア伯爵
グレートブリテンの爵位
爵位創設 初代ゴア伯爵
1746年1754年
次代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア
イングランドの爵位
先代:
ジョン・ルーソン=ゴア英語版
第2代ゴア男爵
1709年1754年
次代:
グランヴィル・ルーソン=ゴア