ジョン・ローレンス (ニューヨーク市長)

アメリカ合衆国の政治家

ジョン·ローレンス(John Lawrence、1618年 – 1699年)は、イギリス植民地時代のアメリカの政治家。

John Lawrence
7代、19代ニューヨーク市長 
任期
1673年 – 1675年
前任者マティアス・ニコル
後任者ウィリアム・デラバル英語版
任期
1691年 – 1691年
前任者ピーター・デラノイ
後任者アブラハム・デ・ペイスター英語版
個人情報
生誕1618年
イングランドハートフォードシャーセント・オールバンズ
死没1699年(80 - 81歳)
配偶者スザンナ・ローレンス

人生編集

1635年にプリマスに到着し、後にイプスウィッチ、さらにロングアイランドへ移住した。1644年、オランダ植民地総督ウィレム・キーフト英語版の認可の元、ヘムステッドの特許権者の一人であった。1645年に、キーフトはフラッシング英語版の特許をローレンスとその他16名に与え、イギリス植民地総督リチャード・ニコルズも1666年に認可した。

1658年、ニューアムステルダムに移住した。1663年、知事ピーター・ストイフェサントによってハートフォードConnecticut General Assemblyニューイングランドニューネーデルラント間の境界を決定する交渉をするCommissionerに任命された。

1665年にニューヨークができた時、最初の市会議員の一人となった。1672年から1691年と1691年にニューヨーク市長を務めた。1692年から死ぬまでニューヨーク州最高裁判所の判事を務めた。

スザンナと結婚し、6人の子供がいた。息子ジョン·ローレンスはトーマス・ウィレット市長の未亡人サラ・ウィレットと結婚した。娘スザンナは最初ゲイブリエル・ミンヴィエール英語版市長、次に市会議員のウィリアム・スミスと結婚した。娘メアリーはウィリアム・ホイッティングヘイムと結婚した。メアリーの娘メアリー・ホイッティングヘイム(1728年生)はガードン・ソルトンストール英語版知事と結婚した。

外部リンク編集