メインメニューを開く
ジョン・D・ロバーツ

ジョン・D・ロバーツ(John D. Roberts, 1918年6月8日 - 2016年10月29日[1])は、アメリカ合衆国化学者物理化学分光学有機化学などの研究を通じ化学反応速度の理解に貢献した。

ロサンゼルス出身。カリフォルニア大学ロサンゼルス校から、1941年に学士号、1944年に博士号を受けた。その後カリフォルニア工科大学で、1963年から1968年に化学部門長、1980年から1983年に学部長など、いくつかの職に就いた。彼がマサチューセッツ工科大学から移籍してきた時、カリフォルニア工科大学で最初の女性の大学院生を連れてきた。

目次

受賞など編集

著作編集

  • John.D.Roberts (1959). Nuclear Magnetic Resonance : applications to organic chemistry. McGraw-Hill Book Company. ISBN 9781258811662. http://resolver.caltech.edu/CaltechBOOK:1959.001. 

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ John D. Roberts Dies at 98; He Revolutionized the Field of Organic Chemistry” (英語). The New York Times (2016年11月6日). 2017年3月4日閲覧。

参考文献編集

  • Roberts, John D. ABCs of FT-NMR. University Science Books, Sausalito, California, 2000.
  • JDR. Engineering & Science 1980, 44(2), p. 10.

外部リンク編集