メインメニューを開く

ジョヴァンニ・ジョリッティGiovanni Giolitti, 1842年10月27日 - 1928年7月17日)はイタリアの自由主義的政治家。1892年5月-1893年11月、1903年-1905年、1906年-1909年、1911年-1914年、1920年-1921年7月の5回にわたって首相をつとめた。

ジョヴァンニ・ジョリッティ
Giovanni Giolitti
Giolitti2.jpg
生年月日 1842年10月27日
没年月日 1928年7月17日
所属政党 イタリア自由党 (Italian Liberal Party)

イタリア王国の旗 19代首相
在任期間 1892年5月15日 - 1893年12月15日
国王 ウンベルト1世

イタリア王国の旗 25代首相
在任期間 1903年11月3日 - 1905年3月12日
国王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

イタリア王国の旗 29代首相
在任期間 1906年5月29日 - 1909年12月11日
国王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

イタリア王国の旗 32代首相
在任期間 1911年3月30日 - 1914年3月21日
国王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世

イタリア王国の旗 37代首相
在任期間 1920年6月15日 - 1921年7月4日
国王 ヴィットーリオ・エマヌエーレ3世
テンプレートを表示

小党派群立の当時のイタリア政界にあって、驚くべき才能をもって極左から極右にいたる各党派の主張と妥協しつつ、また、彼一流の選挙干渉を行い、政府の役人や議員の中にいわゆる“ジョリッティ体制”を築き上げ、政界に支配的地位を占めた。第一次世界大戦には中立論を持し、ファシズム台頭期にはこれに協調的であったが、のちに反対者となる。

生涯編集

クーネオ県モンドヴィ生まれでブルジョワ階級の出身である。20世紀初頭に幾度か首相をつとめ、イタリアの工業化などに尽力した。第一次世界大戦後の1920年に再び首相になったとき、イタリアは深刻な不況下におかれ、労働運動や貧農の暴動などが激化していた。彼は労働運動の穏健派と交渉を重ね、事態を収拾させた。また、フィウーメ問題をめぐり台頭していた国内の対フィウーメ強硬派を抑えることにも成功した。総じてジョリッティは、左右の急進派を牽制して中道的な自由主義者として振る舞った。しかし、その中でベニート・ムッソリーニ(フィウーメ問題においてはよりガブリエーレ・ダンヌンツィオの方が強硬姿勢をとっていた)の力を軽視し、彼と結んで左右両勢力の弱体化を図ったことは功を奏せず、ファシズムの台頭を許したともされる。

関連項目編集