ジョヴァンニ・バッティスタ・モルガーニ

イタリアの解剖学者・病理学者

ジョヴァンニ・バッティスタ・モルガーニ(Giovanni Battista Morgagni、1682年2月25日 - 1771年12月6日)は、イタリア解剖学者病理学者パドヴァ大学教授。近代病理学の父[1]

モルガーニ

人物編集

フォルリに生まれ、ボローニャ大学医学を学んだ[2]。その後パドヴァ大学の教授となる。主著『解剖によって明らかにされた疾病の位置および原因』De sedibus et causis morborum per anatomen indagatis (1761) により「病理学の父」と呼ばれた[1]

脚注編集

  1. ^ a b モルガーニ』 - コトバンク
  2. ^ Kyushu University, Medical Library Collections”. www.lib.kyushu-u.ac.jp. 2022年3月29日閲覧。