メインメニューを開く

ジョーイ・カーボーン

ジョーイ・カーボーン(Joey Carbone)は、アメリカ合衆国出身の音楽プロデューサー作曲家編曲家。カルボーンとも。

ジョーイ・カーボーン
出身地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国 ニューヨーク ブルックリン
ジャンル ポップロック
職業 音楽プロデューサー作曲家編曲家

映画『里見八犬伝』での音楽担当を皮切りに、矢沢永吉のツアーへ同行、その後邦楽シーンでの作曲、編曲、その他日本での音楽プロデュースを数多く担当する。

目次

来歴編集

アメリカ合衆国ニューヨーク市ブルックリン地区にてイタリア系の家系に生まれる。5歳の時にカトリック修道女からピアノを学び始め[1]、後に幼なじみで同じく音楽プロデュースで名を馳せたリッチー・ズィトーとバンド活動を行い、ベースと歌を担当。アトランティック・レコードとバンド契約したがヒットに恵まれず、カーボーンは同社で郵便仕分けのアルバイトを始め、有名ミュージシャンらの録音風景を目にしたことで音楽制作に興味を持つ[2]。キーボード奏者として多くのミュージシャンをサポートしたほか、1980-90年代に放映されたテレビのオーディション番組「スター・サーチ」の音楽スタッフとしても9年間携わる[2]

日本との関係は1982年からで、スター・サーチのパイロット版で優勝した歌手ジョン・オバニオンをズィトーとプロデュースしたことがきっかけで、第11回東京音楽祭へ出場するオバニオンと一緒に日本に赴いた[2]。その時の縁で、日本での仕事を増やしたいと考え、外国人アーチストのプロモーターとして知られていた永島達司に手配を依頼し、日本映画『里見八犬伝』(1983年)のサウンドトラック担当という仕事を得る[1]。そして矢沢永吉ドゥービー・ブラザーズの日本ツアーにキーボーディストとして同行した。1985年に手がけたホンダのスクーターのCM曲をきっかけにジャニー喜多川と知り合い、少年隊を手始めに、ジャニーズ事務所のタレントへの楽曲提供を手掛けるようになった[2]

徐々に日本での活動に重きを置くようになり、月光恵亮のプロデュースや、ジャニーズ事務所所属ユニット作品などのJ-POPに1000曲以上を提供し、ヒット曲も多い。エイベックスソニーレコードのアドバイザーのほか[2]、「東京スクールオブミュージック」など滋慶学園グループが経営する音楽系の専門学校で特別講師も務める[3]

楽曲提供編集

☆:Dennis Belfieldと共同作曲 ★:LISA HUANGと共同 ※:STEVEN LEEと共同 ○:ANTHONY MAZZAと共同 ●:Jeff Carruthersと共同

作曲編集

ひとりぼっちの夜空に(作詞:松井五郎 作曲:RYOMA KITAMURAと共同)」

「Underground Train(☆)」「MY ROAD(☆)」「GET A GRIP(作詞:田村直美)」「月下美人」「I'm Wishing(Teddy Castllvecci、月光恵亮と共同、作詞:田村直美)」「MY LOVE(Teddy Castllvecci、月光恵亮と共同)」
「Like a Typhoon(松田樹利亜と共同)」「Ambitious(月光恵亮と共同)」「白い花 赤い花(松田樹利亜と共同)」

作曲・編曲編集

編曲編集

  • 浅井ひろみ「南風に抱かれて(須貝幸生と共同、作詞:朝野深雪)」
  • atsushi yokozeki projectMORE THAN ENOUGH
  • 今井大介「Color me you(●、今井大介と共同編曲)」
  • 小野正利「それぞれの朝」
  • CCガールズ「SKY-WALKERな午後(●)」
  • 田村直美「maybe tomorrow 」「真夏の雨」「自由の橋」「あきらめられない夢に」「永遠の一秒(以上、鷹羽仁と共同)」「CARRY ON」「NAKED LOVE」「ママの恋人」「すべての未来に光りあれ」
地上に舞い降りた天使達」「SILVER SPOON」「Beatlesも戦争も知らないけれど(以上、月光恵亮、鷹羽仁と共同)」「River of tears」「やがて 訪れる春が(以上、Kim Bullard、アーサー・シェアと共同)」
  • 中西礼奈「RAINY DIAMOND(●、作詞:売野雅勇)」

プロデュース編集

  • Mylin
  • ZOOM

脚注編集

[ヘルプ]
  1. ^ a b From the New York streets to the king of Japanese popThe Japan Times, Mar 14, 2009
  2. ^ a b c d e Joey Carbone keeps the hits comingJapan Today,May. 05, 2012
  3. ^ 業界特別ゼミ・特別講義東京スクールオブミュージック&ダンス専門学校