ジョージ・イェルヴァートン (第2代サセックス伯爵)

第2代サセックス伯爵ジョージ・オーガスタス・イェルヴァートン英語: George Augustus Yelverton, 2nd Earl of Sussex1727年7月27日1758年1月8日)は、グレートブリテン王国の貴族。1727年から1731年までロングヴィル子爵儀礼称号を使用した。

生涯編集

初代サセックス伯爵タルボット・イェルヴァートンとルーシー・ペラム(Lucy Pelham、1695年頃 – 1730年5月25日、ヘンリー・ペラム英語版の娘)の長男として、1727年7月27日に生まれた[1]。1731年10月27日に父が死去すると、サセックス伯爵の爵位を継承した[1]

アーヘンの和約によりケープ・ブレトン島がイギリスからフランスに返還されるとき、サセックス伯爵がその保証としての人質の1人に選ばれたため、1748年10月から1749年8月までパリに滞在した[1]。1749年には王太子フレデリック・ルイス寝室侍従英語版に任命され、1751年に王太孫ジョージの寝室侍従に任命された[1]

1758年1月8日に生涯未婚のまま死去、イーストン・モーディット英語版で埋葬された[1]。弟ヘンリーが爵位を継承した[1][2]

出典編集

  1. ^ a b c d e f Cokayne, George Edward, ed. (1896). Complete peerage of England, Scotland, Ireland, Great Britain and the United Kingdom, extant, extinct or drmant (S to T) (英語). 7 (1st ed.). London: George Bell & Sons. p. 339.
  2. ^ "Sussex, Earl of (GB, 1717 - 1799)". Cracroft's Peerage (英語). 27 March 2011. 2019年8月31日閲覧
グレートブリテンの爵位
先代:
タルボット・イェルヴァートン
サセックス伯爵
1731年 – 1758年
次代:
ヘンリー・イェルヴァートン