ジョージ・イングラム (第8代アーバイン子爵)

第8代アーバイン子爵ジョージ・イングラム英語: George Ingram, 8th Viscount of Irvine1694年11月19日洗礼 – 1763年4月14日)は、イギリスの聖職者、貴族。

生涯編集

第3代アーバイン子爵アーサー・イングラム英語版とイサベラ・メイチェル(Isabella Machell、1670年10月25日 – 1764年7月21日、ジョン・メイチェル英語版の娘)の息子として生まれ、1694年11月19日にウィットカーク英語版で洗礼を受けた[1]。1711年6月7日にオックスフォード大学オリオル・カレッジに入学、1714年にB.A.の学位を修得した後、1716年にフェローになり、1717年にM.A.の学位を修得した[2]

1719年にクラッドウェル英語版の教区牧師になり、1724年に庶民院礼拝堂勤務牧師(Chaplain to the House of Commons)とウェストミンスター寺院参事会英語版会員(1763年に死去するまで在任)に任命された[1]

1761年4月4日に兄ヘンリーが死去すると、アーバイン子爵の爵位を継承した[1]

1763年4月14日に生涯未婚のままウェストミンスターで死去、弟チャールズ英語版の息子チャールズが爵位を継承した[1]

テンプル・ニューサム英語版が第8代アーバイン子爵の肖像画を保有している[3]

出典編集

  1. ^ a b c d Cokayne, George Edward; Doubleday, Herbert Arthur; Howard de Walden, Thomas, eds. (1929). The Complete Peerage, or a history of the House of lords and all its members from the earliest times, volume VII: Husee to Lincolnshire. 7 (2nd ed.). London: The St. Catherine Press. pp. 72–75.
  2. ^ Foster, Joseph, ed. (1891). Ibbetson-Izod. Alumni Oxonienses 1500-1714 (英語). Oxford: University of Oxford. pp. 785–792.
  3. ^ "George Ingram (1694–1763), 8th Viscount Irwin and Canon of Windsor". Art UK (英語). 2019年10月26日閲覧
スコットランドの爵位
先代:
ヘンリー・イングラム
アーバイン子爵
1761年 – 1763年
次代:
チャールズ・イングラム