ジョージ・ギルダー

ジョージ・フランクリン・ギルダー(George Franklin Gilder、1939年11月29日 - )は、アメリカ合衆国の投資家・作家・エコノミストである[2]

ジョージ・ギルダー
George Gilder handwaving at CHM Apr 2005.jpg
Gilder in 2005
生誕 George Franklin Gilder[1]
(1939-11-29) 1939年11月29日(80歳)
アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク市
教育 フィリップス・エクセター・アカデミー
出身校 ハーバード大学
職業 著者
兵役経験
所属組織 United States of America

経歴編集

ニューヨーク市で生まれ育った。 デザイナーであるルイス・カムフォート・ティファニーの曾孫にあたる。父親は第二次世界大戦中に戦死した。ギルダーは2歳だった。

子供時代の頃は母親と過ごし継父はマサチューセッツ州で酪農の仕事をしていた[3]

フィリップス・エクセター・アカデミーを経て1962年にハーバード大学を卒業[3]

後にアメリカ海兵隊に所属した[4]

テクノユートピアの提唱者であり、ディスカバリー研究所の共同創業者である。1981年の著書「富と貧困」は国際的なベストセラーとなり、レーガン政権の初期の数ヶ月の間、サプライサイド経済学と資本主義のための実践的で道徳的な事件を進めた。

出版編集

編集

  • The Party That Lost Its Head Alfred A. Knopf; 1st edition (1966). With Bruce Chapman.
  • Sexual Suicide (1973)
  • Naked Nomads: Unmarried Men in America (1974)
  • Visible Man: A True Story of Post-Racist America (1978)
  • Wealth and Poverty (1981)
  • Men and Marriage (1986)
  • The Spirit of Enterprise (1986)
  • Microcosm: The Quantum Revolution In Economics And Technology (1989)
  • Life After Television (1990)
  • Recapturing the Spirit of Enterprise (1992)
  • The Meaning of the Microcosm (1997)
  • Telecosm: The World After Bandwidth Abundance (2000)
  • The Silicon Eye: How a Silicon Valley Company Aims to Make All Current Computers, Cameras, and Cell Phones Obsolete (2005)
  • The Silicon Eye: Microchip Swashbucklers and the Future of High-Tech Innovation (2006)
  • The Israel Test (2009)
  • Knowledge and Power: The Information Theory of Capitalism and How it is Revolutionizing our World (2013)
  • The Scandal of Money (2016)
  • Life after Google: The Fall of Big Data and the Rise of the Blockchain Economy (2018)

その他編集

  • Gilder, George (2002). “Computer Industry”. In David R. Henderson. Concise Encyclopedia of Economics (1st ed.). Library of Economics and Liberty. http://www.econlib.org/library/Enc1/ComputerIndustry.html.  OCLC 317650570, 50016270, 163149563

脚注編集

外部リンク編集

インタビュー編集