ジョージ・ケネディ

ジョージ・ケネディGeorge Kennedy, 1925年2月18日 - 2016年2月28日)は、アメリカ合衆国俳優。映画およびテレビに100作以上出演した。『暴力脱獄』(1967年)でポール・ニューマン演じるルークの仲間のドラグライン役を演じ、アカデミー助演男優賞を受賞し、ゴールデングローブ賞助演男優賞にノミネートされた。『大空港』(1970年)のジョー・パトローニ役で2度目のゴールデングローブ賞ノミネートとなった。

George Kennedy
ジョージ・ケネディ
ジョージ・ケネディ
1975年撮影
生年月日 (1925-02-18) 1925年2月18日
没年月日 (2016-02-28) 2016年2月28日(91歳没)
出生地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ニューヨーク
死没地 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国ボイシ[1]
国籍 アメリカ合衆国の旗 アメリカ合衆国
身長 193cm[1]
主な作品
暴力脱獄
エアポートシリーズ
人間の証明
裸の銃を持つ男』シリーズ
 
受賞
アカデミー賞
助演男優賞
1967年暴力脱獄
その他の賞
テンプレートを表示

暴力脱獄』、『シャレード』、『血だらけの惨劇』、『McHale's Navy』、『シェナンドー河』、『エルダー兄弟』、『飛べ!フェニックス』、『特攻大作戦』、『絞殺魔』、『新・荒野の七人 馬上の決闘』、『サンダーボルト』、『悪党谷の二人英語版』、『エアポート'75』、『大地震』、『アイガー・サンクション』などのヒット作で重要な役を演じた。

エアポートシリーズの映画作品全4作に出演した唯一の俳優であり、ジョー・パトローニ役を演じ続けた。またコメディ映画『裸の銃を持つ男』シリーズでエド・ホッケン警部役、連続テレビドラマ『ダラス』で邪悪な石油王カーター・マッケイ役を演じた。

略歴編集

ニューヨーク生まれ。父ジョージ・ハリス・ケネディは[2]、ニューヨーク・プロクター劇場のオーケストラ指揮者[3]であったが、ジョージが4歳の時に亡くなった[4]。母ヘレンはバレエ・ダンサー[2][5]。2歳の頃から舞台に出演し、後にラジオで活躍。第二次世界大戦中に従軍し、16年間、所属していた[6]。最終階級は大尉[3]

除隊後、エンターテイメント業界に戻り、テレビ・シリーズのテクニカル・アドバイザーとなるが、テレビや映画に出演するようになる。1967年の『暴力脱獄』でアカデミー助演男優賞を受賞。当初は悪役として有名[3]であったが、1970年代に制作された多くのパニック映画救世主的な役割で登場した。特に、『エアポートシリーズ』全作品に出演して有名である(職業は異なるが、役名は全て同じジョー・パトローニ)。

人間の証明』、『復活の日』など日本映画にも出演している。

吹き替えは、若山弦蔵小林清志大宮悌二 富田耕生 が担当している。

2016年2月28日、91歳で死去[7]

キャリア編集

 
1971年、連続テレビドラマ『十字架刑事英語版』の宣材写真

テクニカル・アドバイザーを務めていたテレビのシットコム『The Phil Silvers Show』に出演し、その憲兵役が最初の役付きとなり[8]、のちに「いい勉強になった」と語った[9]

1961年、『ケンタッキー少年魂英語版』で映画デビューした。カーク・ダグラス主演の西部劇『脱獄 (1962年の映画)英語版』(1962年)での残虐な看守役、ケーリー・グラント主演のサスペンス映画『シャレード』(1963年)での冷酷な犯罪者役、そしてジョン・クロフォード主演のスリラー映画『血だらけの惨劇』などハリウッド映画に出演した。

1965年、ケネディは多忙な1年を過ごした。グレゴリー・ペック主演のミステリー映画『蜃気楼』、ジェームズ・ステュアート主演の飛行機事故の群集劇『飛べ!フェニックス』、ジョン・ウェイン主演の戦争映画『危険な道』、ウェインとディーン・マーティンが主演した西部劇『エルダー兄弟』に出演した。

1966年、ABCの連続テレビドラマ西部劇『The Legend of Jesse James』のエピソード「Return to Lawrence」にブロジェット役で出演した。

1967年、『暴力脱獄』(1967年)に出演し、当初ポール・ニューマン演じる新入りの囚人ルークと敵対するがのちに崇拝するようになる囚人仲間のドラグラインを演じ、アカデミー助演男優賞を受賞した。

1967年から1968年、『特攻大作戦』、『バンドレロ』、『絞殺魔』などの映画に出演した。1970年、アカデミー受賞パニック映画『大空港』に出演し、メイン・キャラクターの1人である航空会社の修理担当ジョー・パトローニ役を演じた。以降エアポートシリーズの『エアポート'75』、『エアポート'77/バミューダからの脱出』、『エアポート'80』でも同役を演じ、全作に出演した唯一の俳優となった。

エアポートシリーズはジム・エイブラハムズデヴィッド・ザッカージェリー・ザッカーの風刺映画『フライングハイ』に着想を与えた。失敗ばかりする通信指令係にケネディを配役したいと考えたが、最終的にこの役はロイド・ブリッジスが配役された。2010年、ジェリー・ザッカーはこの配役について「ケネディは『エアポート』という「金のなる木」を倒すことができなかった」と語った[10]

サンダーボルト』および『アイガー・サンクション』の2作でクリント・イーストウッドと共に主演し、災害映画『大地震』およびアガサ・クリスティ作のミステリー映画『ナイル殺人事件』ではアンサンブル・キャストと共に出演した。

 
1976年、『ロス警察25時英語版』でのバンパー・モーガン役

1971年から1972年のNBCのドラマ『十字架刑事英語版』、1975年から1976年の24エピソードによるCBSのドラマ『ロス警察25時英語版』に主演した。

1977年、佐藤純彌監督の『人間の証明』、1980年、深作欣二監督の『復活の日』など日本映画にも出演していた。どちらの作品も角川春樹のプロデュースにより、国際的な出演者および撮影地を特徴としていた。ケネディは非常に熱心に取り組んでいたが、当時日本では『人間の証明』のみ公開され、『復活の日』は興行収入的に成功せずアメリカでは打ち切りとなった[11]

1984年、興行収入的に失敗作となった『ボレロ/愛欲の日々』でボー・デレクの相手役を演じた。1980年代、『爆走戦士ストライカー英語版』、『デルタ・フォース』、『クリープショー2/怨霊英語版』に出演した。1988年、『裸の銃を持つ男』でレスリー・ニールセン演じるコミカルな刑事フランク・ドレビン役の上司である警部エド・ホッケン役を演じ、続編2作にも出演した。

1990年、申相玉監督の韓国映画『政治犯・金賢姫/真由美』に出演した。1978年に申は北朝鮮の最高指導者である金正日により、妻であり女優の崔銀姫と共に拉致されたことで知られている。『真由美』は申が韓国映画界に復帰を図った作品であり、第63回アカデミー賞国際長編映画賞に出品されたがノミネートには至らなかった。韓国以外では広く公開されなかっただけでなく、韓国国内でも興行収入的に失敗した[12]

テレビにおいては1988年から1991年、CBSのプライムタイム連続テレビドラマ『ダラス』(1978年–1991年)でカーター・マッケイ役を演じた。1990年代半ばから終盤にかけて、ラジオやテレビでタブレット「Breathasure」のコマーシャルに出演していた[13][14]。この頃、テレビ映画Dallas: J.R. Returns』、『Dallas: War of the Ewings』で再びマッケイ役を演じた。1970年代後期、ゲーム番組Match Game』にゲスト出演した。

1998年、映画『スモール・ソルジャーズ』にブリック・バズーカ役で声の出演を行なった。その後いくつかのインディペンデント映画に出演し、2003年、ソープオペラ『ザ・ヤング・アンド・ザ・レストレス』でテレビに復帰し、伝説的登場人物ヴィクター・ニューマンの実の父アルバート・ミラー役を演じた。2005年、映画『アメリカ、家族のいる風景』において不運な西部劇監督役でカメオ出演した。

2014年、『ザ・ギャンブラー/熱い賭け』のエド役が最後の映画出演となった。マーク・ウォールバーグ演じるジム・ベネットの、死期が近い祖父役であった。冒頭で、死の床にあるエドが悲しみに暮れるジムに家長を遺す役で、2分弱の出演であった。

主な出演作品編集

公開年 邦題
原題
役名 備考
1961 ケンタッキー少年魂
The Little Shepherd of Kingdom Come
ネイサン・ディロン
1962 脱獄
Lonely Are The Brave
グティエレス保安官
1963 現金お断り
The Man From The Diner's Club
ジョージ
シャレード
Charade
ハーマン・スコビー
1964 血だらけの惨劇
Strait Jacket
レオ・クラウス
青いイルカの島
Island of the Blue Dolphins
Aleut Captain
小さな逃亡者
The Silent Witness
ガス・ジョーダン テレビ映画
ふるえて眠れ
Hush... Hush, Sweet Charlotte
フォアマン
1965 危険な道
In Harm's Way
グレゴリー
蜃気楼
Mirage
ウィラード
シェナンドー河
Shenandoah
フェアチャイルド
エルダー兄弟
The Sons of Katie Elder
カーリー
飛べ!フェニックス
The Flight of the Phoenix
ベラミー
1967 夕陽よ急げ
Hurry Sundown
Coombs
特攻大作戦
The Dirty Dozen
マックス・アンブラスター少佐
暴力脱獄
Cool Hand Luke
ドラグライン アカデミー助演男優賞 受賞
1968 バンドレロ
Bandolero!
ジュリー・ジョンソン保安官
絞殺魔
The Boston Strangler
フィル・ディナターレ
1969 新・荒野の七人 馬上の決闘
Guns of the Magnificent Seven
クリス
悪党谷の二人
The Good Guys and the Bad Guys
マッケイ
シカゴ・シカゴ/ボスをやっつけろ!
Gaily, Gaily
ヨハンソン
1970 …チック…チック…チック
...tick... tick... tick...
ジョン・リトル
大空港
Airport
ジョー・パトローニ
大悪党ジンギス・マギー
Dirty Dingus Magee
Herkimer 'Hoke' Birdsill
十字架刑事
Sarge
サミュエル・キャヴァナー テレビシリーズ、15エピソードに出演
1971 愚者の行進
Fools' Parade
ドク
1972 失意
A Great American Tragedy
ブラッド テレビ映画
1973 失われた地平線
Lost Horison
サム・コーネリアス
ビッグケーヒル
Cahill U.S. Marshal
フレイザー
マウンテンジャック
Deliver Us from Evil
ウォルター・マクアダムス テレビ映画
1974 大洪水・脱出パニック死の谷
A Cry in the Wilderness
サム・ハドリー テレビ映画
サンダーボルト
Thunderbolt and Lightfoot
レッド
エアポート'75
Airport 1975
ジョー・パトローニ
大地震
Earthquake
ルー・スレイド
1975 アイガー・サンクション
The Eiger Sanction
ベン・ボウマン
狼たちの影
The 'Human' Factor
ジョン
1975-1976 ロス警察25時
The Blue Knight
バンパー・モーガン テレビシリーズ、主演で26エピソードに出演
1977 エアポート'77/バミューダからの脱出
Airport'77
ジョー・パトローニ
人間の証明 ケン・シュフタン 日本映画
1978 ミーン・ドッグ・ブルース
Mean Dog Blues
Captain Omar Kinsman
ナイル殺人事件
Death on the Nile
アンドリュー・ペニントン
ブラス・ターゲット
Brass Target
ジョージ・S・パットン
1979 犯罪パズル
The Double McGuffin
Chief Talasek
エアポート'80
The Concorde ... Airport '79
ジョー・パトローニ
超高層プロフェッショナル
Steel
ビッグ・ルー・キャシディ
1980 ゴースト/血のシャワー
Death Ship
アシュランド
復活の日
Virus
コンウェイ 日本映画
1981 序曲・13日の金曜日
Just Before Dawn
ロイ・マクリーン
死霊のかぼちゃ/13回目のハロウィン
Wacko
ドクター・グレイヴス
1984 お色気SL大暴走! アメリカ横断ウルトラハイホー
Chattanooga Choo Choo
バート
ボレロ/愛欲の日々
Boler
コットン
黒い弾丸/オーエンス物語
The Jesse Owens Story
チャーリー テレビ映画
1985 エアポート'85
International Airport
ルディ
爆走戦士ストライカー
Savage Dawn
ティック・ランド
ラジオアクティブ・ドリーム
Radioactive Dreams
1986 デルタ・フォース
The Delta Force
オマリー神父
誘惑の甘い罠
Rigged
1987 プライベート・ロード
Private Road: No Trespassing
サム
クリープショー2/怨霊
Creepshow2
レイ
1988 ボーン・トゥ・レース/青春の賭け
Born to Race
ヴィンセント
カウンターフォース
Escuadrón
ヴィンス・コルビー
エイリアン・ゾンビ
Demonwarp
ビル・クラフトン
真昼の決闘'88/殺戮汚染都市
Nightmare at Noon
ハンクス保安官
アステカ・アドベンチャー/宇宙の秘宝
Top Line
ハインリッヒ
異形生命体ファング
Uninvited
マイク・ハーヴェイ ビデオ作品
裸の銃を持つ男
The Naked Gun: From the Files of Police Squad!
エド・ホッケン
1989 エズメラルダ・ベイ/勇者たちの戦場
La bahía esmeralda
ウィルソン
ミニストリー・オブ・ベンジェンス/炎の復讐
Ministry of Vengeance
ヒューズ
ブレイン・デッド/脳外科医R
Brain Dead
ヴァンス
1990 政治犯・金賢姫/真由美 バーレーンの捜査官 韓国映画
地獄の女囚コマンド
Hired to Kill
ウィラード・トーマス
1991 ハング・ファイヤー
Hangfire
Warden E. Barles
ドライビング・ミー・クレイジー
Driving Me Crazy
ジョン
裸の銃を持つ男2 1/2
The Naked Gun 2½: The Smell of Fear
エド・ホッケン
1992 涙のダンクシュート/ハンク・ギャザース物語
Final Shot: The Hank Gathers Story
デイヴ神父
復讐は俺がやる
Distant Justice
トム・ブラッドフィールド 日米合作ビデオ映画
1994 裸の銃を持つ男PART33 1/3 最後の侮辱
The Naked Gun 33 1/3: The Final Insult
エド・ホッケン
1996 ダラス/JRリターンズ
Dallas: J.R. Returns
カーター・マッケイ テレビ映画
1997 キャッツ・ドント・ダンス
Cats Don't Dance
声の出演
1998 ダラス/新たなる野望
Dallas: War of the Ewings
カーター・マッケイ テレビ映画
スモール・ソルジャーズ
Small Soldiers
声の出演
2007 トレジャー・オブ・エジプト ファラオの秘宝
Sands of Oblivion
ジョン テレビ映画
2011 アナザー・ハッピー・デイ ふぞろいな家族たち
Another Happy Day
ジョー
2014 ザ・ギャンブラー/熱い賭け
The Gambler
エド

出典編集

  1. ^ a b “ジョージ・ケネディさん”. 朝日新聞. 時事通信: p. 38. (2016年3月2日) 
  2. ^ a b George Kennedy genealogy. Rootsweb.com.
  3. ^ a b c 『戦後公開アメリカ映画大百科5 脇役オンパレード』、日本ブックライブラリー、1979
  4. ^ Interview with George Kennedy Actor & Movie Star. Healthy Hearing.com. 21 March 2005.
  5. ^ George Kennedy Biography. Film Reference.com.
  6. ^ George Kennedy. Hollywood.com.
  7. ^ 「裸の銃」シリーズの署長役、ジョージ・ケネディさん死去 AFP 2016年3月1日閲覧
  8. ^ Erickson, Hal. “George Kennedy”. AllMovie. 2016年2月29日閲覧。
  9. ^ McLellan, Dennis (2016年2月29日). “George Kennedy, actor in 'Cool Hand Luke,' 'Airport,' dies at 91”. Los Angeles Times. http://www.miamiherald.com/news/nation-world/national/article63205232.html 2020年6月11日閲覧。 
  10. ^ Patterson, John (2010年8月22日). “Airplane at 30! The ride of their lives”. The Guardian (London). オリジナルの2014年3月7日時点におけるアーカイブ。. https://web.archive.org/web/20140307091836/http://www.theguardian.com/film/2010/aug/22/airplane-at-30-zucker-abrahams-interview 
  11. ^ George Kennedy Remembers Japan! The Legendary Actor Recalls Making the Disaster Movie Virus in the Far East!”. Vantage Point Interviews. 2017年9月23日閲覧。
  12. ^ Rayns, Tony. “Obituary: Shin Sang-Ok”. The Independent (London). https://www.independent.co.uk/news/obituaries/shin-sang-ok-6101982.html 2017年11月18日閲覧。 
  13. ^ Robinson-Jacob, Karen (2001年2月19日). “BreathAsure: From Bootstraps to Bankruptcy Court”. Los Angeles Times. http://articles.latimes.com/2001/feb/19/business/fi-27329 2016年3月1日閲覧。 
  14. ^ Kirka, Danica (1995年7月4日). “Founders of Breath Asure Savor Sweet Smell of Success: Marketing: Heavy advertising featuring actor George Kennedy helps L.A. County firm's sales rocket upward”. Los Angeles Times. https://www.latimes.com/archives/la-xpm-1995-07-04-fi-20100-story.html 2020年6月11日閲覧。 

外部リンク編集